誰のせいでもない

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
誰のせいでもない
Every Thing Will Be Fine
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ビョルン・オラフ・ヨハンセン
製作 ジャン=ピエロ・リンゲル
出演者 ジェームズ・フランコ
シャルロット・ゲンズブール
マリ=ジョゼ・クローズ
レイチェル・マクアダムス
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ブノワ・デビエ
公開 ドイツの旗 2015年2月10日(ベルリン国際映画祭
ドイツの旗 2015年4月2日
上映時間 118分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
カナダの旗 カナダ
フランスの旗 フランス
 スウェーデン
 ノルウェー
言語 英語
テンプレートを表示

誰のせいでもない』(だれのせいでもない、原題: Every Thing Will Be Fine)は、2015年のドイツカナダフランススウェーデンノルウェー合作のドラマ映画である[1]。監督をヴィム・ヴェンダースが務めて、主演をジェームズ・フランコシャルロット・ゲンズブールマリ=ジョゼ・クローズレイチェル・マクアダムスが務めている[2]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

上映[編集]

2015年2月10日、第65回ベルリン国際映画祭にて上映された[3]。ドイツでは同年4月2日に一般公開された[4]

評価[編集]

Rotten Tomatoesには35件の批評家レヴューがあり、平均値は4.8点、支持率は26%だった[5]Metacriticには13件の批評家レヴューがあり、平均値は32点だった[6]

脚注[編集]

  1. ^ Davis, Edward (2015年1月19日). “Wim Wenders’ 3D Drama ‘Every Thing Will Be Fine’ & New Films By Pablo Larraín & Oliver Hirschbiegel Complete Berlin Line-Up”. IndieWire. 2016年10月17日閲覧。
  2. ^ Jagernauth, Kevin (2015年8月19日). “Watch: New Canadian Trailer For Wim Wenders’ ‘Every Thing Will Be Fine’ Starring James Franco, Rachel McAdams, More”. IndieWire. 2016年10月17日閲覧。
  3. ^ Lodge, Guy (2015年2月10日). “Berlin Film Review: ‘Every Thing Will Be Fine’”. Variety. 2016年10月17日閲覧。
  4. ^ Oelmann, Sabine (2015年3月31日). “"Everything Will Be Fine" - Vergeben, vergessen, verzeihen?”. n-tv. 2016年10月17日閲覧。
  5. ^ Every Thing Will Be Fine”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2016年10月17日閲覧。
  6. ^ Every Thing Will Be Fine”. Metacritic. CBS Interactive. 2016年10月17日閲覧。

外部リンク[編集]