アメリカ、家族のいる風景

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アメリカ、家族のいる風景
Don't Come Knocking
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 サム・シェパード
製作 カーステン・ブリューニグ
イン・アー・リー
ペーター・シュヴァルツコフ
製作総指揮 ジェレミー・トーマス
出演者 サム・シェパード
ジェシカ・ラング
ティム・ロス
サラ・ポーリー
音楽 T・ボーン・バーネット
撮影 フランツ・ラスティグ
編集 ペーター・プルツィゴッダ
オリー・ワイス
配給 日本の旗 クロックワークス
公開 ドイツの旗 2005年8月25日
日本の旗 2006年2月18日
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドイツの旗 ドイツ
言語 英語
製作費 $11,000,000
興行収入 $4,663,501[1]
テンプレートを表示

アメリカ、家族のいる風景』(: Don't Come Knocking)は、2005年に製作された、アメリカドイツ合作の映画作品。日本での公開は2006年2月。

概要[編集]

ヴィム・ヴェンダース監督が『パリ、テキサス』以来20年ぶりにサム・シェパードとコンビを組んだ人生ドラマ。主人公ハワード・スペンスを演じるのは脚本も担当したサム・シェパード。共演にサム・シェパードの私生活のパートナーでもあるジェシカ・ラング、その他にサラ・ポーリーティム・ロスエヴァ・マリー・セイントなど。

ストーリー[編集]

西部劇スターからすっかり落ちぶれてしまったハワード・スペンス。今の自分に嫌気が刺し撮影現場から逃げ、30年ぶりに母のもとを訪れると、かつてハワードが自分の子を身籠らせた女性から連絡があったと聞かされる。驚きの事実を知らされたハワードはまだ知らない我が子に会うため若い頃に過ごしたモンタナ州ビュートへ向かい、かつて関係をもった女性のもとを訪れる。そこでハワードはバーのステージでロックを歌っている青年が自分の息子だと知らされる。そしてさらに、母の骨壺を抱えた若い女性もハワードのもとを訪ねてくる。

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Don't Come Knocking (2006)” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2010年2月11日閲覧。

外部リンク[編集]