東京画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京画
Tokyo-Ga
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作 クリス・ジーヴァニッヒ
出演者 ヴィム・ヴェンダース(ナレーション)
笠智衆
ヴェルナー・ヘルツォーク
厚田雄春
音楽 ローリー・ペッチガンド
撮影 エド・ラッハマン
編集 ヴィム・ヴェンダース
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 西ドイツの旗 1985年4月24日
アメリカ合衆国の旗 1985年4月26日
日本の旗 1989年6月17日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
日本語
ドイツ語
テンプレートを表示

東京画』(とうきょうが、Tokyo-Ga)は、1985年製作のドキュメンタリー映画

内容[編集]

小津安二郎を敬愛するドイツ映画監督ヴィム・ヴェンダースが、鎌倉の小津の墓を訪問し、小津の作品『東京物語』で主演の笠智衆や撮影の厚田雄春にインタビューする。一方で、『東京物語』の舞台となった東京の取材当時の日常風景が展開される。オープニングとエンディングに小津作品『東京物語』がフィーチャリングされる。

映されているのは1983年東京である。『東京物語』で描かれた1953年の様相はなく、欧米化された都会の喧騒の中にも、日本独自の風景がそこにはあった。パチンコ竹の子族食品サンプルなどが映されている。

製作されたのは西ドイツで、ナレーションを行っているヴェンダースはドイツ人ではあるが、配給がフランス映画社であるためか、フランス語によるナレーションとなっている。

ヴェンダースが追い求めた往時の東京の景色は、『東京物語』から引用されるが、その中には尾道の景色が多々混じってしまっている。ヴィム・ヴェンダースは後日、朝日新聞によって尾道に招かれることとなった。

関連事項[編集]

外部リンク[編集]