ベルリン・天使の詩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルリン・天使の詩
Der Himmel über Berlin
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
ペーター・ハントケ
製作 ヴィム・ヴェンダース
アナトール・ドーマン
製作総指揮 イングリット・ヴィンディシュ
出演者 ブルーノ・ガンツ
ソルヴェーグ・ドマルタン
オットー・ザンダー
クルト・ボイス
ピーター・フォーク
音楽 ユルゲン・クニーパー
撮影 アンリ・アルカン
編集 ペーター・プルツィゴッダ
配給 日本の旗 フランス映画社
公開 フランスの旗 1987年9月23日
西ドイツの旗 1987年10月29日
日本の旗 1988年4月23日
上映時間 127分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 ドイツ語
英語
フランス語
興行収入 $3,210,139[1]
次作 時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!
テンプレートを表示

ベルリン・天使の詩』(: Der Himmel über Berlin, : Wings of Desire, : Les Ailes du désir)は、1987年公開のフランス西ドイツ合作映画。ファンタジー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ、アート系映画。ヴィム・ヴェンダース監督。

概説[編集]

もともとは次回作で予定されてた「夢の涯までも」の撮影開始が遅れてしまったため、その間を埋めるために、ドイツ語でドイツの街ベルリンで撮影することを条件に作られた作品[2]。ヴェンダース監督はベルリンの街をロケハンするうちに、街のあちこちに天使の意匠があることを発見し、好きだった画家のパウル・クレーの天使のイメージとそれが重なって、天使を主人公とした映画というアイデアに結びついた。ドイツ語の美しさを引き出すために脚本は書かれず、詩人のペーター・ハントケによって書かれた詩の断片を集め、それをつなぎ合わせることで撮影が進められた。

すでに引退状態であった映像監督の名匠アンリ・アルカンを説得して復帰させ、幻惑的な映像美と荘厳さを持った作品に仕上がった。世界中で大ヒットを記録し、ハリウッドでリメイクまで作られた(『シティ・オブ・エンジェル』1998)。この作品の続編に『時の翼にのって/ファラウェイ・ソー・クロース!』がある。

あらすじ[編集]

守護天使ダミエル(ブルーノ・ガンツ)は、長い歴史を天使として見届け、人間のあらゆるドラマを寄り添うように見守った。だが親友カシエル(オットー・ザンダー)に永遠の生命を放棄し、人間になりたい、と打ち明ける。やがてサーカスの舞姫マリオン(ソルヴェーグ・ドマルタン)に想いを寄せるダミエルはついに「」を境に東西に隔てられた街「ベルリン」に降り立つ。

主な登場人物[編集]

受賞歴[編集]

エピソード[編集]

「全てのかつての天使、特に安二郎フランソワアンドレイに捧ぐ」というクレジットで締め括られるが、ヴェンダースは2007年のインタビューで今ならロベール・ブレッソンサタジット・レイを必ず加えると述べている。

脚注[編集]

  1. ^ Wings of Desire (1988)” (英語). Box Office Mojo. 2010年2月12日閲覧。
  2. ^ 1987年インタビュー「ヴィム・ヴェンダース」ラインホルト・ラオ著

関連項目[編集]

外部リンク[編集]