666号室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
666号室
Chambre 666
Hotel Martinez.jpg
オテル・マルティネス、666号室
監督 ヴィム・ヴェンダース
脚本 ヴィム・ヴェンダース
製作総指揮 クリス・ジーヴァニッヒ
クロード・ヴァンチュラ
ミシェル・ブジュ
出演者 スティーヴン・スピルバーグ
ジャン=リュック・ゴダール
ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
音楽 バーナード・ハーマン
ユルゲン・クニーパー
撮影 アニエス・ゴダール
編集 シャンタル・ド・ヴィスメス
製作会社 アンテーヌ2
グレイ・シティ
クリス・ジーヴァニッヒ・フィルムプロドゥクツィオーン
ヴィム・ヴェンダース・プロダクションズ
配給 フランスの旗 アンテーヌ2
日本の旗 東北新社 DVD
公開 フランスの旗 1982年6月1日
西ドイツの旗 1985年2月24日BIFF
西ドイツの旗 1990年9月16日
日本の旗 2006年8月25日 DVD
上映時間 45分
製作国 フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
英語
フランス語
テンプレートを表示

666号室』(ろっぴゃくろくじゅうろくごうしつ、仏語:Chambre 666)は、1982年(昭和57年)製作・放映、ヴィム・ヴェンダース監督によるフランス西ドイツ合作のドキュメンタリーテレビ映画である。

略歴・概要[編集]

1982年(昭和57年)5月14日 - 26日、フランス・プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏アルプ=マリティーム県カンヌで開かれた第35回カンヌ国際映画祭の会期中に、オテル・マルティネス666号室に16ミリカメラを設置し、同映画祭に招かれた映画人たちに同一の質問を投げかけ、それに答える姿を捉えたドキュメンタリーフィルムである[1]

それぞれの被写体に与えられたフィルムは1ロール、約11分間のみ、質問は下記である。

映画とは、失われつつある言語で、死にかけている芸術か?
Is cinema a language about to get lost, an art about to die? — Chambre 666[1]

本作は、同映画祭閉幕後の同年6月1日、フランスのテレビ局アンテーヌ2で放映された。日本では、1980年代中盤に東京・赤坂にあるドイツ文化センターで上映された。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

登場順 (同年のカンヌ参加作品)

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b #外部リンク欄、本作の公式サイトリンク先の記述を参照。二重リンクを省く。

外部リンク[編集]