第8回カンヌ国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

第8回カンヌ国際映画祭は1955年4月29日から5月10日にかけて開催された。

受賞結果[編集]

審査員[編集]

コンペティション部門[編集]

上映作品[編集]

コンペティション部門[編集]

題名
原題
監督 製作国
日本人の勲章
Bad Day at Black Rock
ジョン・スタージェス アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
文なし横丁の人々
A Kid for Two Farthings
キャロル・リード イギリスの旗 イギリス
Biraj Bahu ビマル・ロイ インドの旗 インド
Большая семья
(A Big Family)
イオシフ・ヘイフィッツ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Boot Polish プラカシュ・アロラ インドの旗 インド
カルメン
Carmen Jones
オットー・プレミンジャー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
近松物語 溝口健二 日本の旗 日本
失われた大陸
Continente perduto
レオナルド・ボンツィ
エンリコ・グラース
マリオ・クラヴェリ
イタリアの旗 イタリア
Det brenner i natt! アルネ・スコーウェン  ノルウェー
Die Mücke ワルター・ライシュ 西ドイツの旗 西ドイツ
男の争い
Du rififi chez les hommes
ジュールズ・ダッシン フランスの旗 フランス
エデンの東
East of Eden
エリア・カザン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Героите на Шипка
(Heroes of Shipka)
セルゲイ・バシリエフ ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 ブルガリアの旗 ブルガリア
Giv'a 24 Eina Ona
(Hill 24 Doesn't Answer)
ソロルド・ディキンソン イスラエルの旗 イスラエル
Hayat ou maut
(Life or Death)
カマル・エル・シーク エジプト共和国の旗 エジプト
Il Segno di Venere
(The Sign of Venus)
ディノ・リージ イタリアの旗 イタリア
Jedda チャールズ・ショーヴェル オーストラリアの旗 オーストラリア
L’Oro di Napoli
(The Gold of Naples)
ヴィットリオ・デ・シーカ イタリアの旗 イタリア
黒い書類
Le Dossier noir
アンドレ・カイヤット フランスの旗 フランス
Liliomfi カーロイ・マック ハンガリーの旗 ハンガリー
ルートヴィヒ2世 - ある王の栄光と没落
Ludwig II: Glanz und Ende eines Königs
ヘルムート・コイトナー 西ドイツの旗 西ドイツ
汚れなき悪戯
Marcelino pan y vino
ラディスラオ・ヴァホダ スペインの旗 スペイン
マーティ
Marty
デルバート・マン アメリカ合衆国の旗
女の暦 久松静児 日本の旗 日本
Psohlavci
(Dog's Heads)
マーティン・フリック チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
Raíces
(Roots)
ベニート・アラスラキ メキシコの旗 メキシコ
ロメオとジュリエット物語
Romeo i Dzhulyetta
レオニード・ラヴロフスキー
レフ・アルンシュタム
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
Samba Fantástico Rene Persin
Jean Manzon
ブラジルの旗 ブラジル
千姫 木村恵吾 日本の旗 日本
Στέλλα
Stella
マイケル・カコヤニス ギリシャの旗 ギリシャ
喝采
The Country Girl
ジョージ・シートン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
情事の終り
The End of the Affair
エドワード・ドミトリク イギリスの旗 イギリス
Un Extraño en la Escalera トゥリオ・デミケリ メキシコの旗 メキシコ キューバ

外部リンク[編集]