ヴェルナー・ヘルツォーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴェルナー・ヘルツォーク
Werner Herzog
Werner Herzog
本名 Werner Stipetić
生年月日 1942年9月5日(71歳)
出生地 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国ミュンヘン=オーバーバイエルン大管区ミュンヘン
国籍 ドイツの旗 ドイツ

ヴェルナー・ヘルツォークWerner Herzog、本名: Werner Stipetić、1942年9月5日 - )は、ドイツ映画監督脚本家オペラ監督。ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーヴィム・ヴェンダースと並んでニュー・ジャーマン・シネマの代表的監督である。怪優・クラウス・キンスキーを起用した作品でも有名。

略歴[編集]

ドイツ人の父親とクロアチア人の母親の間から西ドイツミュンヘンで生まれ、バイエルン州の田舎で育つ。13歳の時の一時期、ミュンヘンでクラウス・キンスキーとアパートをシェアした。

ミュンヘン大学で学んだ後にアメリカに渡り、ピッツバーグデュケイン大学で学んだ。

1968年に『生の証明』で長編映画監督デビュー。本作はベルリン国際映画祭審査員特別賞を受賞した。

1974年の『カスパー・ハウザーの謎』でカンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを、1982年の『フィツカラルド』で同映画祭監督賞を受賞。

2005年には『The Wild Blue Yonder』がヴェネツィア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞した。

デヴィッド・リンチを製作総指揮に迎えた『狂気の行方』(2009年)など、近年はハリウッドでの映画製作も行っている。

主な監督作品[編集]

主な出演作品[編集]

著作[編集]

  • 氷上旅日記 ミュンヘン - パリを歩いて(1993年白水社

外部リンク[編集]