ヴォイツェク (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴォイツェク
Woyzeck
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
原作 ゲオルク・ビューヒナー
ヴォイツェック
出演者 クラウス・キンスキー
エーファ・マッテスドイツ語版
音楽 テルシュ&アントニオ・ヴィヴァルディ
ベネデット・マルチェッロ
撮影 イェルク・シュミット=ライトヴァインドイツ語版
編集 ベアテ・マインカ=イェリングハウスドイツ語版
製作会社 ヴェルナー・ヘルツォーク・フィルムプロダクション
Zweites Deutsches Fernsehen (ZDF)
公開 西ドイツの旗 1979年5月25日
日本の旗 1983年9月[1]
上映時間 80分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

ヴォイツェク』(Woyzeck)は、1979年西ドイツドラマ映画。19世紀初頭にドイツライプツィヒで実際に起きた殺人事件をもとに劇作家ゲオルク・ビューヒナーが草稿を執筆した未完の戯曲ヴォイツェック』をヴェルナー・ヘルツォーク監督が主演にクラウス・キンスキーを起用して映画化した作品である。主人公の情婦マリーを演じたエーファ・マッテスドイツ語版第32回カンヌ国際映画祭で助演女優賞を受賞している[2]

ストーリー[編集]

ほぼ原作通りの内容であるが、阿呆のカールが登場しないなどの違いがある。また、主人公ヴォイツェクが殺人に使用した短刀を泉に投げ捨てて自らも水の中に入った後の消息が描かれないまま、警官らが殺人現場を検証する場面で映画は終了する。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ ヴォイツェク”. allcinema. 2013年12月4日閲覧。
  2. ^ ヴォイツェク”. WOWOW. 2013年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]