ノスフェラトゥ (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノスフェラトゥ
Nosferatu: Phantom der Nacht
監督 ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本 ヴェルナー・ヘルツォーク
製作 ヴェルナー・ヘルツォーク
音楽 ポポル・ヴー
撮影 イェルク・シュミット=ライトヴァイン
配給 日本の旗 俳優座シネマテン/パルコ
公開 西ドイツの旗 1979年4月12日
日本の旗 1985年12月14日
上映時間 107分
製作国 西ドイツの旗 西ドイツ
フランスの旗 フランス
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

ノスフェラトゥ』(Nosferatu: Phantom der Nacht)は、1979年西ドイツ映画

概要[編集]

本作は、1922年ドイツブラム・ストーカーの『ドラキュラ』を映画化した『吸血鬼ノスフェラトゥ』のリメイクで、19世紀のドイツのヴィスマールルーマニアトランシルバニアが主な舞台となっている。脚本監督ヴェルナー・ヘルツォークが担当し、主人公のドラキュラ伯爵はクラウス・キンスキーが演じた。

批評家や映画好きに温かく受け入れられた本作は、商業的にも成功した。本作はヘルツォークとキンスキーがコンビを組んだ五作品のうち二作目に当たり、同年には同じく二人による『ヴォイツェク』も公開された。

なお、アウグスト・カミニート が1988年に監督した作品に『バンパイア・イン・ベニス』(原題:Nosferatu in Venice)という作品があるが、キンスキーが出演したこと以外にこの作品との関連はほとんど無い。

キャスト[編集]

  • クラウス・キンスキー(家弓家正):ドラキュラ伯爵
  • イザベル・アジャーニ(榊原良子):ルーシー・ハーカー
  • ブルーノ・ガンツ(玄田哲章):ジョナサン・ハーカー
  • ローラン・トポール(西川幾男):レンフィールド
  • ワルター・ラーデンガスト:ヴァン・ヘルシング教授
  • ダン・ヴァン・ハッセン:ヴェルデン
  • ヤン・グロート:港の管理人
  • カールステン・ボディヌス:シュレイダー
  • モルテ・グローマン:ミナ
  • クレメンス・シャイツ:店員
  • ジョン・レディ:御者
  • ティム・ビークマン:棺職人

外部リンク[編集]