アマト・エスカランテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amat Escalante
アマト・エスカランテ
生年月日 1979年2月28日(35歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコ
国籍 メキシコの旗 メキシコ
職業 映画監督脚本家撮影監督編集技師映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1999年 -
活動内容 1999年 助監督
2002年 映画作家となる

アマト・エスカランテAmat Escalante, 1979年2月28日 - )は、メキシコ映画監督脚本家撮影監督編集技師映画プロデューサーである。ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノの映画作家のひとりである。

人物・来歴[編集]

1979年(昭和54年)2月28日、メキシコで生まれる。

1999年(平成11年)、20歳のころ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで撮影されたケニー・ジョンストンの短篇映画『ルッキング・アウト』で、セカンド助監督を務める。2002年(平成14年)、23歳のころ、メキシコのグアナフアト州グアナフアトで、短篇映画を監督し、映画作家となる。

2005年(平成17年)には、再度ロサンゼルスで行われたケニー・ジョンストンの短篇映画で、撮影監督としてカメラを回し、カルロス・レイガダス監督の『天国のバトル』の助監督を務め、さらに自らの監督作『サングレ』を発表した。同作は、まず同年のフランス第58回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門にノミネートされて国際映画批評家連盟賞を受賞、ギリシアテサロニキ国際映画祭で「銀のアレクサンダー賞」を受賞、第18回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映された。翌2006年には、同作はスロバキアブラチスラヴァ国際映画祭で監督賞を受賞、メキシコシティメキシコシティ国際現代映画祭FICCO)で第一作部門でフェスティヴァル賞を受賞した。

2008年(平成20年)に発表した長篇第2作『よそ者』は、同年のブラチスラヴァ国際映画祭で監督賞と学生審査員賞の2冠を獲得、アルゼンチンマール・デル・プラタ国際映画祭では最優秀イベロアメリカ賞を受賞、モレリア国際映画祭では長篇映画賞を受賞、スペインシッチェス・カタロニア国際映画祭ではニューヴィジョンコンペティション部門で最優秀作品賞を受賞した。

2013年(平成25年)には、『エリ』 Heli第66回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。

フィルモグラフィ[編集]

短編映画[編集]

長編映画[編集]

[編集]

  1. ^ LOS BASTARDOS『よそ者』” (日本語). 第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭. 2013年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]