アマト・エスカランテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Amat Escalante
アマト・エスカランテ
生年月日 1979年2月28日(36歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコ
国籍 メキシコの旗 メキシコ
職業 映画監督脚本家撮影監督編集技師映画プロデューサー
ジャンル 映画
活動期間 1999年 -
活動内容 1999年 助監督
2002年 映画作家となる

アマト・エスカランテ(Amat Escalante, 1979年2月28日 - )は、メキシコ映画監督脚本家撮影監督編集技師映画プロデューサーである。ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノの映画作家のひとりである。

人物・来歴[編集]

1979年2月28日、メキシコで生まれる。

1999年アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスで撮影されたケニー・ジョンストンの短編映画『ルッキング・アウト』の第2助監督を務める。2002年、メキシコのグアナフアト州グアナフアトで短編映画を監督して、映画作家としてデビューする。

2005年には、再度ロサンゼルスで行われたケニー・ジョンストンの短編映画で撮影監督を務めたほか、カルロス・レイガダス監督の『バトル・イン・ヘブン』の助監督をつとめた。さらに自らの監督作『サングレ』を発表して、同作は、同年のフランス第58回カンヌ国際映画祭の「ある視点」部門にノミネートされて国際映画批評家連盟賞を受賞、ギリシアテサロニキ国際映画祭で「銀のアレクサンダー賞」を受賞、第18回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映された。翌2006年にスロバキアブラチスラヴァ国際映画祭で監督賞を受賞、メキシコシティメキシコシティ国際現代映画祭FICCO)で第一作部門でフェスティヴァル賞を受賞した。

2008年に発表した長編第2作『よそ者』は、同年のブラチスラヴァ国際映画祭で監督賞と学生審査員賞の2冠を獲得、アルゼンチンマール・デル・プラタ国際映画祭では最優秀イベロアメリカ賞を受賞、モレリア国際映画祭では長編映画賞を受賞、スペインシッチェス・カタロニア国際映画祭ではニューヴィジョンコンペティション部門で最優秀作品賞を受賞した。

2013年には、『エリHeli第66回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。

フィルモグラフィ[編集]

短編映画[編集]

  • Looking Out (1999年、第2助監督)
  • Amarrados (2002年、監督・脚本・撮影・製作)
  • The Legend of Pete Jones(2005年、撮影)

長編映画[編集]

  • 『バトル・イン・ヘブン』 - Batalla en el cielo (2005年、助監督。日本では劇場未公開。第22回東京国際映画祭にて上映。)
  • 『サングレ』 - Sangre (2005年、監督・脚本・編集・製作。日本では劇場未公開。第18回東京国際映画祭にて上映。)
  • 『よそ者』 - Los bastardos (2008年、監督・脚本・編集・製作。*日本では劇場未公開。第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭にて上映[1]。)
  • エリ』 - Heli (2013年、監督・脚本。日本では劇場未公開。第26回東京国際映画祭にて上映。)

脚注[編集]

  1. ^ LOS BASTARDOS『よそ者』” (日本語). 第6回スペイン・ラテンアメリカ映画祭. 2013年10月8日閲覧。

外部リンク[編集]