カルロス・レイガダス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Carlos Reygadas
カルロス・レイガダス
カルロス・レイガダス
東京国際映画祭(2009年)
本名 カルロス・レイガダス・カスティージョ
(Carlos Reygadas Castillo)
生年月日 1971年10月10日(42歳)
出生地 メキシコの旗 メキシコ 連邦区メキシコシティ
国籍 メキシコの旗 メキシコ
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー編集技師
ジャンル 映画
活動期間 1997年 -
活動内容 1997年 短篇映画を監督
1999年 長篇映画にとりかかる

カルロス・レイガダスCarlos Reygadas, 1971年10月10日 - )は、メキシコ映画監督脚本家映画プロデューサー編集技師である。ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノの映画作家のひとりである。

人物・来歴[編集]

1971年(昭和46年)10月10日、メキシコの連邦区メキシコシティに生まれる。

1987年(昭和62年)、アンドレイ・タルコフスキー作品に影響を受ける。当時、メキシコで法学を学んでいたが、やがてイギリスのロンドンで武力紛争を専攻し、国連の機関で働いた。

1997年(平成9年)、短篇映画『マクスユマン』を監督、ベルギーの映画祭のコンペティションに参加する。1999年(平成11年)には、最初の長篇映画の脚本を書き始め、2001年(平成13年)に撮影、2002年(平成14年)に『ハポン』として完成した。

2012年(平成24年)、『闇の後の光』で第65回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。

フィルモグラフィ[編集]

タイトル クレジット 備考
1997 マクスユマン
Maxhumain
監督 短篇映画
2002 ハポン
Japón
監督・脚本・プロデューサー
2004 フィルミング「天国のバトル」
Filmando 'Batalla en el cielo'
監督
2005 サングレ
Sangre
アソシエイトプロデューサー 監督アマト・エスカランテ
天国のバトル
Batalla en el cielo
監督・脚本・編集・プロデューサー
2007 静かな光
Stellet licht
監督・脚本・プロデューサー カンヌ国際映画祭 審査員賞受賞
2007 ラ・インフルエンシア
La influencia
共同プロデューサー 監督ペドロ・アギレラ
2008 よそ者
Los bastardos
アソシエイトプロデューサー 監督アマト・エスカランテ
2009 樹木
El árbol
編集・プロデューサー 監督カルロス・セラーノ・アスコーナ
2012 闇の後の光
Post Tenebras Lux
監督・脚本 カンヌ国際映画祭 監督賞受賞

参考文献[編集]

外部リンク[編集]