トニー・ガトリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トニー・ガトリフ
Tony Gatlif
Tony Gatlif
本名 Michel Dahmani
生年月日 (1948-09-10) 1948年9月10日(68歳)
出生地 アルジェリア アルジェ

トニー・ガトリフTony Gatlif, 1948年9月10日 - )は、アルジェリア出身の映画監督脚本家俳優作曲家である。

略歴[編集]

父親はフランス人、母親はアンダルシアロマ人。ロマの集落フラメンコなどのロマ音楽を聴きながら育った。それからフランスで演技の勉強をして舞台に立っていたが、映画制作に携わるようになり、1975年に初監督作品『ラ・テット・オン・ルイヌ』を製作。1981年以降は、ロマの人々をテーマに映画制作をしている。[1]

2004年の『愛より強い旅』で第57回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞、2006年の『トランシルヴァニア』は第59回カンヌ国際映画祭のクロージング作品に選ばれた。

2009年のモントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門の最優秀作品賞を『Korkoro』で受賞した。

私は音楽が大好きだ。それも生き生きとした音楽が。いわば私は「音楽をやる映画監督」と思っていただきたい。映像よりも音楽で表現したい、映画よりも音楽を媒体として使いたいんだ。[2] — トニー・ガトリフ

主な監督作品[編集]

サウンドトラック[編集]

  • ラッチョ・ドローム - Latcho Drom (1992)
  • ガッジョ・ディーロ - Gadjo Dilo (1998) - ミツーローナ・ハートナー参加
  • ベンゴ - Vengo (2000) - トマティート参加
  • 僕のスウィング - Swing (2002) - チャボロ・シュミット参加
  • 愛より強い旅 - Exils (2004)
  • トランシルヴァニア - Transylvania (2006) - パヤ・ベア参加

脚注[編集]

  1. ^ CD「チャボロ・シュミット/ミリ・ファミリア」解説文
  2. ^ CD「チャボロ・シュミット/ミリ・ファミリア」解説文

外部リンク[編集]