ローナ・ハートナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ローナ・ハートナー
Rona Hartner
Manif pour tous Paris 2013-01-13 n22.jpg
2013年
基本情報
生誕 (1973-03-09) 1973年3月9日(46歳)
出身地 ルーマニアの旗 ルーマニアブカレスト
職業 俳優歌手
担当楽器
活動期間 1993年~現在
レーベル ワーナー・ミュージック・グループ
共同作業者 DJクリック

ローナ・ハートナー(Rona Hartner, 1973年3月9日ブカレスト生)は、ルーマニアの女優、歌手、作曲家。

経歴[編集]

父親は元画家で、ニコラエ・チャウシェスク政権時代に活動を禁じられ、建築家に転じた筋金入りのジャズ・ファン。母親はクラシックのファンだった。ローナ・ハートナーは主に欧米のポップスロックゴスペルなどを聴いて育ち、ロマの音楽にも惹かれていた。

ルーマニア革命ののち、17歳でクリスチャンになり、ブカレスト大学にて、音楽(1991~1992年)のちに演劇(1996年まで)を学ぶ。

自身はアルメニア人とギリシャ人の血を引くルーマニア人だったが、1996年にトニー・ガトリフ監督の映画作品『ガッジョ・ディーロ』のオーディションに参加し、ロマ人のヒロイン役を演ずることになる。[1]

1991年から1999年の間は、現代演劇、古典演劇を含めた演劇活動を行っている。

音楽[編集]

ローナ・ハートナーは歌手であり、サキソフォンギターピアノの演奏もしていて、以下のアルバムに参加している。

  • Gadjo Dilo - Un Film De Tony Gatlif (1998)
  • Disparaîtra (1998)
  • You're More Than That avec David Lynch à la guitare (1999)
  • Anapoda, disponible sur l'album Spaced d'Alif Tree
  • Coyette Ducensco, Gomez & Dubois avec la participation de Rone Hartner (2002)
  • Bucovina Club Remix, avec DJ Shantel et DJ Click (2005)
  • Boum Ba Clash Album avec DJ Click (2005)
  • JaDORe (2006)
  • Nationalité Vagabonde (2008)
  • A Boris Vian, On n’est pas là pour se faire engueuler ! (2009)

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CD「ローナ・ハートナー、DJクリック/ブーン・バ・クラッシュ」解説

外部リンク[編集]

ローナ・ハートナー公式サイト