ベルトラン・タヴェルニエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベルトラン・タヴェルニエ
Bertrand Tavernier
Bertrand Tavernier
生年月日 (1941-04-25) 1941年4月25日(76歳)
出生地 リヨン
国籍 フランスの旗 フランス

ベルトラン・タヴェルニエ(Bertrand Tavernier, 1941年4月25日 - )はフランスリヨン出身の映画監督脚本家である。

略歴[編集]

法学生であったが映画批評を書くようになり、1964年にオムニバス映画『キス!キス!キッス!』で映画監督としてデビューした。

1974年の長編デビュー作『サン・ポールの時計台』がルイ・デリュック賞第24回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞。セザール賞では監督賞など、これまでに5度賞を受けている。

その後、1984年の『田舎の日曜日』で第37回カンヌ国際映画祭監督賞を、1989年の『素顔の貴婦人』で第2回ヨーロッパ映画賞審査員特別賞と第43回英国アカデミー賞外国語作品賞を、1995年の『ひとりぼっちの狩人たち』で第45回ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞した[1]

また、ドキュメンタリーも多数製作しており、1992年の『La guerre sans nom』は上映時間が240分の大作である。

2009年にはトミー・リー・ジョーンズを主演に『エレクトリック・ミスト 霧の捜査線』をアメリカで製作。第59回ベルリン国際映画祭で上映された。同年、それまでの功績を称えられルネ・クレール賞を受賞。

2010年の『La princesse de Montpensie(モントピーリアの王女)』は同年の第63回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され[2]2013年の『Quai d'Orsay(オルセー海岸)』は同年のサン・セバスティアン国際映画祭で脚本賞を受賞した。

息子のニルスは俳優であり、『パッション・ベアトリス』にも出演した。その後、2000年に映画監督としてデビューしている。娘のティファーとは『今日から始まる』の脚本を共同で執筆した。

監督作品[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Berlinale: 1995 Prize Winners”. berlinale.de. 2011年12月29日閲覧。
  2. ^ Hollywood Reporter: Cannes Lineup”. Hollywood Reporter. 2010年4月16日閲覧。

外部リンク[編集]