カビール人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Kabyle people
Iqbayliyen
Kabyle woman.jpg
Kabyle woman
総人口
c. ~5.5 million e[1]
居住地域
Maghreb
アルジェリアの旗 アルジェリア c. 3-5 million e[1]
フランスの旗 フランス c. ~1 million e[1]
スペインの旗 スペイン c. ~150,000 e[1]
イギリスの旗 イギリス c. ~ 120,000 e[1]
ベルギーの旗 ベルギー c. ~100,000 e[1]
カナダの旗 カナダ c. 95,000 e[1]
イタリアの旗 イタリア c. +85,000 e[1]
アメリカ合衆国の旗 アメリカ c. ~85,000 e[1]
言語
Kabyle language
Second languages: French, Arabic[2]
宗教
Predominantly Islam, with minorities of Roman Catholicism and Protestantism

カビール人KabyleIqbayliyeniqβæjlijən )はアルジェリアの北のKabyliaに固有のベルベル人の 民族グループで、 アルジェの 100マイル東にあるアトラス山脈に分布。 彼らはアルジェリアでベルベル語を話す人口の中で最大であり、北アフリカでは人口が2番目に多い。

カビールの多くは、 アルジェリア内戦 [3] 、中央アルジェリア政府による文化的抑圧[4] 、全体的な産業衰退などの要因の影響を受けて、アルジェリアから他へ移住。 彼らのディアスポラは、多くの国に住むカビルの人々をもたら、 大多数のカビル人がフランスに、また少数だがカナダに定住している。

カビリアンはカビル・ベルベル語を話す。 1980年のベルベル人の春以来、彼らはアルジェリアでのベルベル語の公認の戦いの最前線にいた。

歴史[編集]

マルティヌス・ロビエ座ったカビラ

北アフリカのオスマン帝国の統治期間中、カビルは外部の支配から比較的独立していた。 彼らは主に3つの異なる王国に住んでいた: クク 王国、アイト・アッバス王国、アイット・ジュバル公国など。 [5] この地域は、激しい抵抗にもかかわらず、1857年に植民地化され、フランス人へ徐々に引き継がれた。 Lalla Fatma n Soumerのような指導者たちは、1871年にMokraniの反乱が起こった後も抵抗をし続けた。

ララ・ファットマ・ヌズーマーのタリーカは、フランスの植民地化後1851年から1857年の反乱を導く。

フランスの当局者は、より手に負えない部族から多くの土地を没収し、それをPIEDS-ノワール として知られるようになった入植策で付与された。 この期間中、フランス人は多くの逮捕を行い、主にニューカレドニアに強制送還された (「 太平洋のアルジェリア人 」を参照)。 フランスの植民地化により、多くのカビルはアルジェリアの内外に移住[6]。 時間が経つにつれて、移民労働者がフランスに押し寄せる。

1920年代、フランスのアルジェリア人移民労働者は、独立を促進する最初の政党を組織した。 Messali Hadj 、 Imache Amar 、 Si Djilani 、およびBelkacem Radjefは、1930年代にフランスとアルジェリア全体で急速に強い支持を築きました。 彼らは独立したアルジェリアのための戦いに不可欠となった過激派を設立。第二次世界大戦後に広まった。

アルジェリアが1962年に独立した後、カビリーと中央政府の間で何度か緊張が生じた。 1962年7月、 FLN (国民解放戦線)は団結するのではなく分裂。 実際、独立に貢献した多くの俳優は力を分け合うことを望んでいたが、 アーメド・ベン・ベラが加わったウアリ・ブーメディエンが指揮するALN (国民解放軍)はその軍事力のために優勢だったという。 [要出典] [ 引用が必要 ] 1963年、 ホシーン・アイット・アーメドの FFS党は、 FLNの権威に異議を唱えた。 AITアーメドなどが率いる中央政府と考えるベン・ベラが権威で、9月に3 回目 1963 FFS (社会主義軍フロントが)によって作成されたホシーン・アイット・アーメド [7] の党は政権に対して人々を再編成し、その宣言の数日後、 ベン・ベラは反乱を抑圧するためにカビリーに軍隊を送る。 モハン・ウエルハジ大佐も、 モウジャヒディン本来のように扱われなかったと考えたため、 FFSとマキに参加した[8] 。 当初、FFSは政府との交渉を望んでいたが、合意に至らなかったため、マキ党は武器を取り上げ、民主主義の原則と正義がシステムの一部である限り、その代表者はとめないことを誓う。 しかしMohand Ouelhadjの亡命後、AITアーメドは動きを維持する可能性を示唆、後にFLNの政府の正当性を強化、1964年4月16日の会議で、彼は1964年10月に逮捕された。 結果として、1965年の暴動は失敗。なぜなら、それはHouari Boumedieneが指揮したALNの勢力によって大いに抑圧されたからで 1965年、 アイット・アーメドは死刑判決を受けたが、後にベン・ベラによって赦免された。 約400人の死者がマキ族であった[9]

1980年、抗議者はカベルで数ヶ月のデモを行い、ベルベル語を公用語として認めることを要求。この期間はベルベル人の春と呼ばれ 1994年から1995年にかけて、カビルは「スクールバッグのストライキ」と呼ばれる学校のボイコットを実施。 1998年6月と7月、歌手Matoub Lounesの暗殺とすべての分野でアラビア語の使用を要求する法律の可決の後、暴力的な出来事で抗議した。

2001年4月(ブラックスプリングと呼ばれる)に続く月に、 ジェンダームによって若いカビルであるマシニッサゲルマーが殺された後、カビルの中で大きな暴動が発生。 同時に、組織化された活動は、 アラウシュと新伝統的な地方議会を生み出した。 KabyleがAbdelaziz Bouteflika大統領からいくつかの譲歩を獲得した後、抗議は徐々に鎮静した。

2016年1月6日、タマジトはアルジェリアの憲法でアラビア語と同等の言語として公式に認められた。 [10]

地理[編集]

アルジェリアのカビル集落の地域

カビル地域の地理は、人々の歴史において重要な役割を果たした。 Tizi Ouzou州とBejaia州の困難な山岳風景は避難所として機能し、ほとんどのKabyleの人々は占領下、そこへ逃げた。 彼らは、他の文化的影響からこのように隔離して、文化遺産を保存することができた。

この地域は、地元の王朝(ヌミディア、クタマ時代のファティマ、ジリド、ハマディッド、ベジャイアのハフシド)またはアルジェリアの現代ナショナリズムと独立戦争を支援。 この地域はさまざまな征服者によって繰り返し占領されていた。 ローマ人とビザンチン人は、古代の時代に主要道路と谷を制御し、山(Mont ferratus)を避けた[11]。 イスラム教の広がりの間に 、アラブ人は平原を支配したが、すべての国土ではなかった(彼らはエル・アドゥアと呼ばれてい :カビルによる敵の意)。 [12]

オスマン帝国の影響下にあるアルジェのリージェンシーは 、人々(アムラウアのマクフゼン部族、およびマラバト)に間接的な影響を与えようとした[13]

フランス人は徐々にそして完全にこの地域を征服し、直接の管理を確立した。

ジュルジュラチェーン
カビリアの地形図。

重要なカビル語圏の人口は、アルジェリア州を含むTizi OuzouベジャイアBouira で大多数であり、同様にBoumerdes 、 セティフボルジボウArreridj 、およびジジェル などに。

アルジェはまた、首都の人口の半分以上を占めるカビルがかなりの人口を抱えている。

カビル地域は、アラビア語を話す人々からはアル・カバイエル (「部族」)と呼ばれ、フランス語ではカビリーと呼ばれている。 その先住民は、それをタムルト・イドゥラル (「山地」)またはタムルト・イクバイリエン / タムルト・イクバイリエン (「ランド・オブ・ザ・カビル」)と呼ぶアトラス山脈の一部であり、地中海の端に位置している。

言語[編集]

カビル語 か、アフロ・アジアの家族は ベルベル語。 第二言語と第三言語として、多くの人がアルジェリアのアラビア語フランス語 、そしてある程度は英語を話す。

彼らの歴史では最初の数世紀の間に、ティフィナグ文字の筆記システムを使用。 19世紀の初めから、フランスの影響下で、カビルの知識人はラテン文字を使用し始めた。 それは現代のベルベルラテン・アルファベットの基礎であった。

アルジェリア独立後、一部の活動家は古いティフィナ文字を復活させようとした。 Tifinaghのこの新しいバージョンはNeo-Tifinaghと呼ばれているが、その使用はロゴなどに限定されている。 Kabyle文学はラテン文字で書かれ続けている。

宗教[編集]

Kabyleの人々は主にイスラム教徒であり、少数のキリスト教の少数派[14]。 多くのザウイアが地域全体に存在。 ラーマニーヤは最も多産。

カビル出身のカトリック教徒は一般的にフランスに住んでおり、フランス人との混血の結果である。 最近、プロテスタントのコミュニティは、特に福音派の間で著しい成長を遂げた[15]

経済[編集]

この地域の伝統的な経済は、 樹木園芸 ( 果樹園オリーブの木 )と工芸産業( タペストリーまたは陶器 )に基づいている。 山と丘の耕作は徐々に地元の産業(繊維と農作物)に取って代わりつつある。 20世紀半ば、カビルディアスポラの影響と資金提供により、この地域で多くの産業が発展。 アルジェに次いで、この国で2番目に重要な工業地域になっている。 [要出典] [ 引用が必要 ]

ディアスポラ[編集]

歴史的および経済的な理由から、多くのカビル人は仕事と政治的迫害から逃れるためにフランスに移住している。 彼らの数は現在約100万人。 [16] [17] 一部の著名なフランス人は、完全または部分的にカビル家系。 mtalssaやibdarsenなど、モロッコのリフの一部の部族は、その起源をカビリーまでたどることができる。

注目すべき人々[編集]

スポーツ界[編集]

ビジネス界[編集]

  • イサド・レブラブ
  • アリ・ハダッド

エンターテインメント[編集]

シネマ
音楽
  • アイディル
  • マトブルーネス
  • スアドマッシ
  • マルセル・ムールージ
  • シニク
  • DJスネーク
  • ソフィアン
  • YL

作家[編集]

遺伝学[編集]

Arredi等による研究。 (2004) Tizi Ouzou州からの1つのKabyle人口の間の系統の頻度を含む。

  • MtDNA Haplogroupsは、母親からのみ継承され、次の頻度で見つかりました。H (32.23%)主にH1とH3。 U * (29.03%、17.74%U6)、古代のイベロマウルシア標本に見られる; preHV(3.23%); preV(4.84%); V (4.84%); T * (3.23%); J * (3.23%); L1 (3.23%); L3e (4.84%); X (3.23%); M1 (3.23%); N (1.61%)およびR (3.23%)。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i Kabyles around the world”. 2012年7月15日閲覧。
  2. ^ Frawley, William J. (2003). International Encyclopedia of Linguistics: AAVE - Esperanto, Volume 1. Oxford University Press. p. 221. ISBN 978-0195139778. https://www.google.com/books?id=sl_dDVctycgC&pg=PA221 2017年12月21日閲覧。 
  3. ^ The Kabyle Berbers, AQIM and the search for peace in Algeria | Algeria | al Jazeera”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ http://www.dtic.mil/dtic/tr/fulltext/u2/a585705.pdf
  5. ^ E. J. Brill's First Encyclopaedia of Islam, 1913-1936, Volume 4, publié par M. Th. Houtsma, Page: 600
  6. ^ Bélaïd Abane, L'Algérie en guerre: Abane Ramdane et les fusils de la rébellion, p. 74
  7. ^ Monbeig, Pierre (1992). “Une opposition politique dans l'impasse. Le FFS de Hocine Aït-Ahmed”. Revue du monde musulman et de la Méditerranée 65 (1): 125–140. doi:10.3406/remmm.1992.1560. ISSN 0997-1327. 
  8. ^ Said Malik Cheurfa ⵣ (2011-08-03), Révolte de Hocine Ait Ahmed et Mohand Oulhadj en 28 septembre 1963 par Malik Cheurfa.flv, https://www.youtube.com/watch?v=Esx2NFawWKM 2019年4月22日閲覧。 
  9. ^ Monbeig, Pierre (1992). “Une opposition politique dans l'impasse. Le FFS de Hocine Aït-Ahmed”. Revue du monde musulman et de la Méditerranée 65 (1): 125–140. doi:10.3406/remmm.1992.1560. ISSN 0997-1327. 
  10. ^ AVANT PROJET DE REVISION DE LA CONSTITUTION”. Algeria Press Service (2016年1月6日). 2019年5月28日閲覧。
  11. ^ Ebook LA KABYLIE ORIENTALE DANS L'HISTOIRE - Pays des Kutuma et guerre coloniale de Hosni Kitouni”. www.harmatheque.com. 2016年11月29日閲覧。
  12. ^ Abdelfettah Lalmi, Nedjma (2004-01-01). “Du mythe de l'isolat kabyle” (フランス語). Cahiers d'Études Africaines 44 (175): 507–531. doi:10.4000/etudesafricaines.4710. ISSN 0008-0055. 
  13. ^ Universalis. “KABYLES”. Encyclopædia Universalis. 2016年11月29日閲覧。
  14. ^ Abdelmadjid Hannoum, Violent Modernity: France in Algeria, Page 124, 2010, Harvard Center for Middle Eastern studies, Cambridge, Massachusetts.Amar Boulifa, Le Djurdjura à travers l'histoire depuis l'Antiquité jusqu'en 1830 : organisation et indépendance des Zouaoua (Grande Kabylie), Page 197, 1925, Algiers.
  15. ^ Lucien Oulahbib, Le monde arabe existe-t-il ?, page 12, 2005, Editions de Paris, Paris.
  16. ^ Salem Chaker, "Pour une histoire sociale du berbère en France", Les Actes du Colloque Paris - Inalco, Octobre 2004
  17. ^ James Minahan, Encyclopedia of the Stateless Nations: D-K, Good Publishing Group, 2002, p.863. Quote: "Outside North Africa, the largest Kabyle community, numbering around 1 million, is in France."
  18. ^ JEAN AMROUCHE” (フランス語). Encyclopædia Universalis. 2020年5月25日閲覧。
  19. ^ 青柳悦子「1938-1939年のカビリー報道 - カビリー人作家フェラウンの出発点として」『文学研究論集』第35巻、筑波大学比較・理論文学会、2017年2月28日、 1-21頁。
  20. ^ Déjeux, Jean (1989). “Hommage à Mouloud Mammeri écrivain algérien de la berbérité” (フランス語). Hommes & Migrations 1121 (1): 16–19. doi:10.3406/homig.1989.1291. https://www.persee.fr/doc/homig_1142-852x_1989_num_1121_1_1291. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]