ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノスペイン語: El Nuevo Cine Mexicano, 「新しいメキシコ映画」の意)は、1990年代以降にメキシコで起きた映画運動とその映画群を指す語である。

略歴・概要[編集]

1990年代以降、2000年代に至る時代が「ヌエーヴォ・シネ・メヒカーノ」の時代である。

アルトゥーロ・リプスタインアルフォンソ・アラウアルフォンソ・キュアロンマリア・ノヴァロらが監督したハイ・クォリティな作品群が、その嚆矢である。同時代のもっとも有名な作品は下記のとおりである[1]

2000年(平成12年)以降はとくに、映画監督たちはインディペンデント製作会社を設立し、もっと個人的な表現を求め始めた。ヨーロッパ映画の影響である[2]。もっともこの傾向が顕著な作品は、

であり、ほかにも、

といった作品が存在する。

ギャラリー[編集]

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ Wood, Jason (2006). The Faber Book of Mexican Cinema. Faber and Faber. ISBN 057121732X. 
  2. ^ González Vargas, Carla, et al. (2006). Rutas del cine mexicano. CONACULTA IMCINE. ISBN 9685893292.