アレックス・デ・ラ・イグレシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はデ・ラ・イグレシア第二姓(母方の)はメンドーサです。
アレックス・デ・ラ・イグレシア
Álex de la Iglesia
Álex de la Iglesia
別名義 Alejandro de la Iglesia Mendoza
生年月日 (1965-12-04) 1965年12月4日(51歳)
出生地 スペインの旗 スペイン
ビスカヤ県ビルバオ
職業 映画監督脚本家
配偶者 アマヤ・ディアス(1997-2010)
カロリーナ・バング(2014-)

アレックス・デ・ラ・イグレシアスペイン語: Alex de la Iglesia, 1965年12月4日 - )は、スペインビスカヤ県ビルバオ出身の映画監督脚本家

経歴[編集]

1965年にバスク地方ビスカヤ県ビルバオに生まれ、デウスト大学で哲学の学位を取得した後、漫画家やテレビ界で働いていたこともあった。1993年、ペドロ・アルモドバル監督のプロデュースによる『ハイル・ミュタンテ! /電撃XX作戦』で長編デビューし[1]、1995年の長編第2作『ビースト 獣の日』ではゴヤ賞で6部門を受賞[1]。1999年の『どつかれてアンダルシア (仮)』はスペイン国内で『タイタニック』を上回る興行収入を記録した[1]

2009年6月にはゴヤ賞を主催しているスペイン映画芸術科学アカデミー(AACCE、映画芸術科学アカデミーの支部)の会長に就任したが、映画の違法ダウンロードなどに関するシンデ法との意見の相違により、2011年のゴヤ賞授賞式後の2011年2月に辞任した。 2010年にはスペイン映画国民賞を受賞。2010年、スペイン内戦フランシスコ・フランコ独裁政権末期を背景にした『気狂いピエロの決闘』はヴェネツィア国際映画祭の審査委員長を務めたクエンティン・タランティーノに絶賛され、銀獅子賞(監督賞)と金オゼッラ賞(脚本賞)を受賞し[1]、ゴヤ賞では特殊効果賞やメイクアップ賞やヘアスタイル賞を受賞している。2013年の『スガラムルディの魔女』はゴヤ賞で最多8部門で受賞し、スペイン国内では70万人以上の観客動員を記録した[1]。2014年6月、イグレシア作品の常連である女優のカロリーナ・バングと結婚した[2]

フィルモグラフィ[編集]

受賞とノミネート[編集]

映画賞[編集]

ゴヤ賞
カテゴリー 作品 結果
2010 気狂いピエロの決闘 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
2008 オックスフォード連続殺人 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
2000 13 みんなのしあわせ 作品賞 ノミネート
監督賞 ノミネート
脚本賞 ノミネート
1995 ビースト 獣の日 作品賞 ノミネート
監督賞 受賞
脚本賞 ノミネート
1992 ハイル・ミュタンテ!/電撃XX作戦 新人監督賞 ノミネート
スペイン映画批評家協会賞[3]
カテゴリー 作品 結果
1995 監督賞 ビースト 獣の日 受賞

映画祭[編集]

ヴェネツィア国際映画祭
カテゴリー 作品 結果
2010 気狂いピエロの決闘 監督賞 受賞
脚本賞 受賞
シッチェス・カタロニア国際映画祭
カテゴリー 結果
2005 タイムマシン賞 受賞

脚注[編集]

外部リンク[編集]