テオ・アンゲロプロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テオ・アンゲロプロス
Θόδωρος Αγγελόπουλος
Θόδωρος Αγγελόπουλος
2009年
生年月日 (1935-04-27) 1935年4月27日
没年月日 (2012-01-24) 2012年1月24日(76歳没)
出生地 ギリシャ王国の旗 ギリシャ アテネ
死没地 ギリシャの旗 ギリシャ ピレウス
職業 映画監督脚本家
主な作品
旅芸人の記録
アレクサンダー大王
霧の中の風景
ユリシーズの瞳
永遠と一日
 
受賞
カンヌ国際映画祭
パルム・ドール
1998年永遠と一日
グランプリ
1995年ユリシーズの瞳
脚本賞
1984年シテール島への船出
国際映画批評家連盟賞
1975年旅芸人の記録
1984年シテール島への船出
1995年ユリシーズの瞳
エキュメニカル審査員賞
1998年『永遠と一日』
ヴェネツィア国際映画祭
銀獅子賞
1988年『霧の中の風景
審査員特別賞
1980年『アレクサンダー大王
国際映画批評家連盟賞
1980年『アレクサンダー大王』
1988年『霧の中の風景』
国際カトリック映画事務局賞
1988年『霧の中の風景』
ベルリン国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
1973年 『1936年の日々』
ヨーロッパ映画賞
国際映画批評家連盟賞
1995年『ユリシーズの瞳』
2004年『エレニの旅
その他の賞
ジョルジュ・サドゥール賞
1971年『再現』
テンプレートを表示

テオ・アンゲロプロスTheo Angelopoulos)ことテオドロス・アンゲロプロスギリシャ語Θόδωρος ΑγγελόπουλοςTheodoros Angelopoulos1935年4月27日 - 2012年1月24日)は、ギリシャアテネ出身の映画監督

略歴[編集]

1935年、アテネで生まれ、子どもの頃に第二次世界大戦や1940年代後半の国内の政情不安を体験。アテネ大学法学部を卒業後、兵役を経てフランスのソルボンヌ大学高等映画学院に留学。帰国後は映画雑誌で批評活動を4年間展開した後、1968年に短編ドキュメンタリー映画『放送』を自主製作して映画監督としてデビュー。

1970年に初の長編作品『再現』を監督した後、ギリシャの現代史を題材にした3部作『1936年の日々』(1972年)、『旅芸人の記録』(1975年)、『狩人』(1977年)を発表し、世界的な名声を獲得する。1980年に『アレクサンダー大王』でヴェネツィア国際映画祭 審査員特別賞を、1988年に『霧の中の風景』でベネチア国際映画祭銀獅子賞を、1995年に『ユリシーズの瞳』でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を、1998年に『永遠と一日』でカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞[1]

「20世紀三部作」の第1部『エレニの旅』(2004年)においては、舞台をバルカン半島以外にも広げ、新たなる展開を示した。20世紀三部作は、当初『トリロジア』という題名の1本の長編となる予定であったが、上映時間が膨大になりすぎるため、三部作として製作されることとなったという[2]。2009年に第2部『エレニの帰郷』を発表。第3部『THE OTHER SEA(もう一つの海)』の撮影中だった2012年1月24日、アテネ郊外のトンネル内でオートバイにはねられて頭を強打し、運ばれた先の病院で死亡した[3]。享年76。

監督作品[編集]

出演作品[編集]

参考文献[編集]

  • ヴァルター・ルグレ『アンゲロプロス 沈黙のパルチザン』フィルムアート社、1996年
  • 『テオ・アンゲロプロス シナリオ全集』愛育社、2004年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]