ロイ・アンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロイ・アンダーソン
Roy Andersson
Roy Andersson
生年月日 (1943-03-31) 1943年3月31日(74歳)
出生地 ヨーテボリ
国籍  スウェーデン
職業 映画監督
ジャンル 映画
活動期間 1967年 -
公式サイト Studio 24 & Roy Andersson Production

ロイ・アンダーソンRoy Andersson, 1943年3月31日 - ) は、スウェーデン映画監督ロイ・アンデルソンとも表記される。

来歴[編集]

1943年3月31日ヨーテボリで生まれる。1969年にスウェーデン映画研究所を卒業。翌1970年に長編『スウェーディッシュ・ラブ・ストーリー』で映画監督としてデビュー。第20回ベルリン国際映画祭でインターフィルム賞をはじめとする4つの賞を受賞した[1]。しかし、長編2作目となる『Giliap』(1975年)が興行的にも批評的にも失敗したことから、その後25年間長編映画を製作しなかった[2]1981年に映画会社Studio 24を設立。映画以外にCMなども手掛け[3]カンヌ国際広告祭で8度の受賞を果たした。

2000年、25年ぶりの長編作品となる『散歩する惑星』を発表。同年の第53回カンヌ国際映画祭審査員賞を受賞した[4]2007年には長編4作目となる『愛おしき隣人』を発表。シカゴ国際映画祭監督賞など様々な賞を受賞した[5]

2014年、『さよなら、人類』が第71回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した[6]。同作は『散歩する惑星』、『愛おしき隣人』とともに三部作「リビング・トリロジー」を構成する作品である[7]

作品[編集]

長編[編集]

短編・ドキュメンタリー[編集]

  • Besöka sin son (1967年) 短編
  • Den vita sporten (1968年) ドキュメンタリー。共同製作
  • Hämta en cykel (1968年) 短編
  • Lördagen den 5.10 (1969年) 短編
  • Så fruktansvärt onödigt (1979年) ドキュメンタリー
  • Trygare kan ingen vara (1980年) 短編
  • Någonting har hänt (1987年) 短編
  • Härlig är jorden (1991年) 短編
  • Un matin partout dans le monde (2000年) 短編テレビ映画

脚注[編集]

  1. ^ En kärlekshistoria (1970) - Awards” (英語). IMDb. 2013年4月19日閲覧。
  2. ^ Giliap (1975) - Trivia” (英語). IMDb. 2013年4月19日閲覧。
  3. ^ Studio 24” (英語). Roy Andersson Film Production. 2013年4月19日閲覧。
  4. ^ Sånger från andra våningen (2000) - Awards” (英語). IMDb. 2013年4月19日閲覧。
  5. ^ Du levande (2007) - Awards” (英語). IMDb. 2013年4月19日閲覧。
  6. ^ Awards of the 71st Venice Film Festival”. Biennale. 2014年9月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年9月7日閲覧。
  7. ^ ベネチア映画祭結果発表!日本勢は受賞逃す【第71回ベネチア国際映画祭】”. シネマトゥデイ. 2014年9月7日閲覧。

外部リンク[編集]