さよなら、人類

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さよなら、人類
En duva satt på en gren och funderade på tillvaron
監督 ロイ・アンダーソン
脚本 ロイ・アンダーソン
製作 ペルニッラ・サンドストレム
出演者 ニルス・ヴェストブロム
ホルゲル・アンデション
音楽 Hani Jazzar
Gorm Sundberg
撮影 イシュトヴァン・ボルバス
ゲルゲイ・パロシュ
編集 アレクサンダラ・シュトラウス
製作会社 Roy Andersson Filmproduktion AB
配給 日本の旗 ビターズ・エンド
公開 イタリアの旗 2014年9月2日 (VIFF)
スウェーデンの旗 2014年11月14日
日本の旗 2015年8月8日
上映時間 101分
製作国  スウェーデン
 ノルウェー
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
言語 スウェーデン語
テンプレートを表示

さよなら、人類』(En duva satt på en gren och funderade på tillvaron)は、ロイ・アンダーソン監督・脚本による2014年のスウェーデンのコメディ・ドラマ映画である。アンダーソンによる「リビンング・トリロジー」の1つであり、『散歩する惑星英語版』(2000年)、『愛おしき隣人』(2007年)から続く3作目である。第71回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され[1][2]、最高賞である金獅子賞を獲得した[3]第88回アカデミー賞外国語映画賞にはスウェーデン代表作としてエントリーされたが、ノミネートには至らなかった[4][5]

日本では第27回東京国際映画祭の際に『実存を省みる枝の上の鳩』という題でも上映された[6]

キャスト[編集]

  • ニルス・ヴェストブロム - サム
  • ホルゲル・アンデション - ヨナタン

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ International competition of feature films”. Venice. 2014年7月24日閲覧。
  2. ^ Venice Film Festival Lineup Announced”. Deadline. 2014年7月24日閲覧。
  3. ^ “Roy Andersson film scoops Venice Golden Lion award”. BBC News. (2014年9月7日). http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-29098103 2014年9月7日閲覧。 
  4. ^ Sweden Sends Roy Andersson’s ‘Pigeon’ to Foreign-Language Oscar Race”. Variety (2015年9月1日). 2015年9月1日閲覧。
  5. ^ Roxborough, Scott (2015年9月1日). “Oscars: Sweden Picks 'A Pigeon Sat on a Branch' for Foreign Language Category”. The Hollywood Reporter. 2015年9月1日閲覧。
  6. ^ 実存を省みる枝の上の鳩”. 東京国際映画祭. 2016年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]