ロミオとジュリエット (1954年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロミオとジュリエット
Romeo and Juliet
監督 レナート・カステラーニ
脚本 レナート・カステラーニ
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 サンドロ・ゲンツィ
ジョゼフ・ジャンニ
製作総指揮 アール・セント・ジョン
出演者 ローレンス・ハーヴェイ
スーザン・シェントール
音楽 ロマン・ヴラド
撮影 ロバート・クラスカー
編集 シドニー・ヘイヤーズ
製作会社 ランク・オーガニゼーション
配給 イギリスの旗 ジェネラル・フィルム・ディストリビューターズ
日本の旗 BCFC/ニッポンシネマコーポレーション
公開 イギリスの旗 1954年9月1日
イタリアの旗 1954年9月(ヴェネツィア国際映画祭
日本の旗 1954年11月
上映時間 142分
製作国 イギリスの旗 イギリス
イタリアの旗 イタリア
言語 英語
イタリア語
配給収入 1億3740万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

ロミオとジュリエット』(原題・英語: Romeo and Juliet)は、1954年に製作・公開されたイギリスイタリアの合作映画である。

概要[編集]

ウィリアム・シェイクスピア同名戯曲の映画化であり、レナート・カステラーニが脚色・監督、ローレンス・ハーヴェイと新人のスーザン・シェントールが主演した。『ロミオとジュリエット』の映画化としては初のカラー作品であった。

シェントールはこの1作のみで芸能活動を引退している。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(テレビ版)

  • ロミオ:ローレンス・ハーヴェイ(安原義人)
  • ジュリエット:スーザン・シェントール(岡本茉利)
  • ジュリエットの乳母:フローラ・ロブソン
  • パリス:ノーマン・ウーランド
  • ロレンス:マーヴィン・ジョーンズ
  • ベンヴォーリオ:ビル・トラヴァース
  • キャピュレット:セバスチャン・キャボット
  • キャピュレット夫人:リディア・シャーウッド
  • マーキューシオ:ウバルド・ゾッロ
  • ティボルト:エンツォ・フィエルモンテ
  • ヴェローナ公:ジョヴァンニ・ロータ
  • モンタギュー:ジュリオ・ガルビネット
  • モンタギュー夫人:ニエッタ・ゾッキ
  • 初回放送:1983年4月21日 TBS 『名作洋画ノーカット10週』

スタッフ[編集]

映画賞受賞・ノミネーション[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)113頁

外部リンク[編集]