立ち去った女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
立ち去った女
Ang Babaeng Humayo
監督 ラヴ・ディアス
脚本 ラヴ・ディアス
製作総指揮 ロナルド・アーゲルズ
出演者 チャロ・サントス=コンチョ英語版
撮影 ラヴ・ディアス
編集 ラヴ・ディアス
製作会社 シネマ・ワン・オリジナルズ英語版
Sine Olivia Pilipinas
配給 日本の旗 マジックアワー
公開 イタリアの旗 2016年9月9日 (VIFF)
フィリピンの旗 2016年9月28日
日本の旗 2017年10月
上映時間 228分[1]
製作国 フィリピンの旗 フィリピン
言語 フィリピン語
テンプレートを表示

立ち去った女』(たちさったおんな、Ang Babaeng Humayo)は、ラヴ・ディアス監督・脚本・撮影・編集による2016年のフィリピンのドラマ映画である。第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され、最高賞である金獅子賞を獲得した[2][3]ABS-CBNの社長兼CEOに就任して以降女優休業していたチャロ・サントス=コンチョ英語版の復帰作でもある。

プロット[編集]

キャスト[編集]

製作[編集]

『立ち去った女』は監督のラヴ・ディアスが撮影と編集を兼任した。製作はサイン・オリヴィアとシネマ・ワン・オリジナルズ英語版が行い、後者の社長のロナルド・アーゲルズが製作総指揮を務めた[4]。上映時間は4時間を想定しており、2016年6月には既に編集作業に入っていた[5]

ディアスは本作がレフ・トルストイの短編小説「God Sees the Truth, But Waits」に触発されていると述べている[4]

公開[編集]

この映画は映画祭を狙って製作されたものではなかったが、ディアスは映画祭で上映するアイデアを抱いていた。2016年6月にはフィリピン国内外での上映が検討中であることが報じられた。また第42回メトロマニラ映画祭英語版での上映も検討されていた[5]

2016年9月、第73回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映された。アジアの映画製作会社が単独で製作した映画としては今回唯一のコンペティション入りであった[4]。またディアスの映画が同映画祭で上映されるのは3度目であった[2]

『立ち去った女』は2016年のシネマ・ワン・オリジナルズ映画祭英語版で上映された[6]。フィリピン国内での商業上映開始日は当初は2016年9月23日に設定され、第89回アカデミー賞外国語映画賞英語版フィリピン代表作の資格を得る予定であった。その後『ローサは密告された』がフィリピン代表作に決定すると9月28日に変更された[7]

受賞[編集]

授賞式 部門 対象 結果
ヴェネツィア国際映画祭 2016年9月10日 金獅子賞 ラヴ・ディアス 受賞 [8]

参考文献[編集]

  1. ^ Lodge, Guy (2016年9月9日). “Film Review: The Woman Who Left. Variety. http://variety.com/2016/film/reviews/the-woman-who-left-review-1201855940/ 2017年4月15日閲覧。 
  2. ^ a b Tartaglione, Nancy (2016年7月28日). “Venice Film Festival: Lido To Launch Pics From Ford, Gibson, Malick & More As Awards Season Starts To Buzz – Full List”. Deadline. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ Venice film festival: Philippines drama wins top prize”. BBC News (2016年9月11日). 2016年9月11日閲覧。
  4. ^ a b c “Charo Santos' film comeback "Ang Babaeng Humayo" to be screened at the 2016 Venice Film Festival”. ABS-CBN Entertainment (ABS-CBN Corporation Communications). (2016年7月28日). http://entertainment.abs-cbn.com/TV/Updates/9872816-charo-santos-film-comeback-ang-babaeng-humayo-to-be-screened-at-the-2016-venice-film-festival 2016年7月28日閲覧。 
  5. ^ a b San Diego, Bayani Jr. (2016年6月2日). “For the Lav of Charo”. Philippine Daily Inquirer. http://entertainment.inquirer.net/195576/for-the-lav-of-charo 2016年7月28日閲覧。 
  6. ^ Villano, Alexa (2016年5月30日). “Charo Santos-Concio returns to acting in upcoming Lav Diaz film”. Rappler. http://www.rappler.com/entertainment/news/134735-charo-santos-lav-diaz-movie-ang-babaeng-humayo 2016年7月28日閲覧。 
  7. ^ Sallan, Edwin (2016年9月19日). “‘Ang Babaeng Humayo’ moves playdate to September 28”. InterAksyon.com. http://www.malaya.com.ph/business-news/entertainment/%E2%80%98ang-babaeng-humayo%E2%80%99-hailed-toronto-filmfest 2016年9月20日閲覧。 
  8. ^ Venice film festival: Philippines drama wins top prize”. BBC News (2016年9月11日). 2016年9月11日閲覧。

外部リンク[編集]