第89回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第89回アカデミー賞
開催日 2017年2月26日 (2017-02-26)
会場 カリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッド
ドルビー・シアター
プレショー
司会 ジミー・キンメル
プロデューサー マイケル・デ・ルカ
ジェニファー・トッド
ディレクター グレン・ウェイス
ハイライト
作品賞 ムーンライト
最多部門受賞 ラ・ラ・ランド』 (6)
最多部門
ノミネート
ラ・ラ・ランド』 (14)
TV放映
放送局 ABC
開催時間 3時間49分
視聴率 3290万人[1]
22.4% (ニールセン・レイティング英語版)[1]
 < 第88回 アカデミー賞 第90回 > 

第89回アカデミー賞は、映画芸術科学アカデミー(AMPAS)が主催する賞であり、2016年の映画を対象とし、2017年2月26日にカリフォルニア州ロサンゼルス市ハリウッドドルビー・シアターで午後5時30分(PST)より授賞式が行われた。アメリカ合衆国ではABCによって放送し、プロデューサーはマイケル・デ・ルカジェニファー・トッド、ディレクターはグレン・ウェイスが務めた[2][3]。司会は今回が初となるコメディアンのジミー・キンメルが務めた[4]

これに先立ってアカデミーは第8回ガヴァナーズ賞英語版授賞式を2016年11月12日にハリウッド&ハイランドセンター英語版のグランド・ボールルームで開催した[5]。また2017年2月11日、ビバリーヒルズビバリー・ウィルシャー・ホテル英語版[6]で開かれた授賞式で司会のジョン・チョーレスリー・マンによりアカデミー科学技術賞が贈られた[7]

ムーンライト』は作品賞を含む3部門を受賞し、史上最多14部門で候補に挙がった『ラ・ラ・ランド』は6部門を獲得した。『ムーンライト』の作品賞受賞の際には誤って『ラ・ラ・ランド』が受賞作品であると発表される大ミスが発生した[8][9]。『ムーンライト』は作品賞を獲得した史上初のLGBT関連映画であり、同時に主要キャストが全て黒人の映画でもある[10][11]。この他には『ハクソー・リッジ』と『マンチェスター・バイ・ザ・シー』が2部門で受賞を果たし、次いで『メッセージ』、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、『フェンス』、『ジャングル・ブック』、『O.J.: Made in America』、『ひな鳥の冒険』、『セールスマン』、『合唱』、『スーサイド・スクワッド』、『ホワイト・ヘルメット -シリアの民間防衛隊-』、『ズートピア』が1部門を獲得した。

受賞と候補[編集]

第89回アカデミー賞の候補者は2017年1月24日にアカデミーより全世界にストリーミング配信された[12]。『ラ・ラ・ランド』は1950年の『イヴの総て』、1997年の『タイタニック』に並んで史上最多の14部門で候補に挙がった[13]。次いで『メッセージ』と『ムーンライト』が8部門で候補に挙がった[14][15]。また長編ドキュメンタリー賞候補作品である『O.J.: Made in America』の上映時間は467分であるが、これは第41回外国語映画賞を獲得した『戦争と平和』の431分を上回って史上最長作である[16]

結果[編集]

Photo of Damien Chazelle.
32歳のデミアン・チャゼルは史上最年少での監督賞受賞者となった。
Photo of Casey Affleck in 2016.
ケイシー・アフレックは主演男優賞を獲得した。
Photo of Emma Stone in 2014.
エマ・ストーンは主演女優賞を獲得した。
Photo of Mahershala Ali in 2010.
マハーシャラ・アリは助演男優賞を獲得した。
Photos of Viola Davis in 2016.
ヴィオラ・デイヴィスは助演女優賞を獲得した
Photos of Kenneth Lonergan in 2016.
ケネス・ロナーガンは脚本賞を獲得した。
Photo of Barry Jenkins.
バリー・ジェンキンスは脚色賞を獲得した。
Photo of Byron Howard in 2016.
バイロン・ハワードは長編アニメ映画賞を獲得した。
Photo of Rich Moore in 2016.
リッチ・ムーアは長編アニメ映画賞を獲得した。
Photo of Asghar Farhadi in 2013.
アスガル・ファルハーディーは外国語映画賞を獲得した。
Photo of Ezra Edelman in 2011.
エズラ・エデルマン英語版は長編ドキュメンタリー映画賞を獲得した。

受賞者は各項目最上段に太字でダブルダガー (double-dagger) 付きのものである[17]

ガヴァナーズ賞[編集]

アカデミーは2016年11月12日に8回目となるガヴァナーズ賞英語版受賞式を開催し、以下の賞が贈られた:[19]

アカデミー名誉賞

複数の部門での候補及び受賞作品[編集]

複数の部門で候補に挙がった作品[24]
候補数 作品
14 ラ・ラ・ランド
8 メッセージ
ムーンライト
6 ハクソー・リッジ
LION/ライオン 〜25年目のただいま〜
マンチェスター・バイ・ザ・シー
4 フェンス
最後の追跡
3 Hidden Figures
ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命
2 幸せなひとりぼっち英語版
バーニング・オーシャン
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅
マダム・フローレンス! 夢見るふたり
Kubo and the Two Strings
モアナと伝説の海
メッセージ
ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー
複数の部門で受賞を果たした作品[24]
受賞数 作品
6 ラ・ラ・ランド
3 ムーンライト
2 ハクソー・リッジ
マンチェスター・バイ・ザ・シー

プレゼンターとパフォーマー[編集]

以下は賞のプレゼンターとミュージカルナンバーのパフォーマーの一覧である[25][26]

プレゼンター[編集]

名前 役割
ランディ・トーマス 第89回アカデミー賞のアナウンス
アリシア・ヴィキャンデル 助演男優賞のプレゼンター
ジェイソン・ベイトマン
ケイト・マッキノン
メイクアップ&ヘアスタイリング賞及び衣裳デザイン賞のプレゼンター
タラジ・P・ヘンソン
キャサリン・ジョンソン
ジャネール・モネイ
オクタヴィア・スペンサー
長編ドキュメンタリー映画賞のプレゼンター
ドウェイン・ジョンソン 歌曲賞候補「どこまでも 〜How Far I'll Go〜英語版」のパフォーマンスのプレゼンター
シェリル・ブーン・アイザックス英語版 (AMPAS) 映画と多様性のメリットを強調する特別プレゼンテーション
ソフィア・ブテラ
クリス・エヴァンス
音響編集賞及び録音賞のプレゼンター
ヴィンス・ヴォーン ガヴァナーズ賞英語版受賞者のプレゼンター
マーク・ライランス 助演女優賞のプレゼンター
シャーリー・マクレーン
シャーリーズ・セロン
外国語映画賞のプレゼンター
デーヴ・パテール 歌曲賞候補「The Empty Chair」のパフォーマンスのプレゼンター
ガエル・ガルシア・ベルナル
ヘイリー・スタインフェルド
短編アニメ賞及び長編アニメ映画賞のプレゼンター
ジェイミー・ドーナン
ダコタ・ジョンソン
美術賞のプレゼンター
リズ・アーメッド
フェリシティ・ジョーンズ
視覚効果賞のプレゼンター
マイケル・J・フォックス
セス・ローゲン
編集賞のプレゼンター
サルマ・ハエック
デヴィッド・オイェロウォ
短編ドキュメンタリー映画賞及び短編映画賞のプレゼンター
ジョン・チョー
レスリー・マン
アカデミー科学技術賞のセグメントのプレゼンター
ハビエル・バルデム
メリル・ストリープ
撮影賞のプレゼンター
ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
歌曲賞候補「シティ・オブ・スターズ」及び「オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)」のプレゼンター
サミュエル・L・ジャクソン 作曲賞のプレゼンター
スカーレット・ヨハンソン 歌曲賞のプレゼンター
ジェニファー・アニストン 『イン・メモリアル』トリビュートのプレゼンター
ベン・アフレック
マット・デイモン
脚本賞のプレゼンター
エイミー・アダムス 脚色賞のプレゼンター
ハル・ベリー 監督賞のプレゼンター
ブリー・ラーソン 主演男優賞のプレゼンター
レオナルド・ディカプリオ 主演女優賞のプレゼンター
ウォーレン・ベイティ
フェイ・ダナウェイ
作品賞のプレゼンター。ミスの後にジョーダン・ホロウィッツ英語版が受賞作を発表し、オスカー像を渡した。

パフォーマー[編集]

名前 役割 内容
ハロルド・ホイーラー英語版 ミュージカルアレンジャー
コンダクター
オーケストラル
ジャスティン・ティンバーレイク パフォーマー キャント・ストップ・ザ・フィーリング!英語版」 - Trolls
Lovely Day
アウリイ・クラヴァーリョ
リン=マヌエル・ミランダ英語版
パフォーマー どこまでも 〜How Far I'll Go〜英語版」 - 『モアナと伝説の海
スティング パフォーマー The Empty Chair」 - Jim: The James Foley Story
ジョン・レジェンド パフォーマー シティ・オブ・スターズ」及び「オーディション(ザ・フールズ・フー・ドリーム)」 - 『ラ・ラ・ランド
サラ・バレリス パフォーマー 『イン・メモリアル』トリビュートの際の「Both Sides, Now

受賞式情報[編集]

Picture of comedian and host Jimmy Kimmel in 2013.
第89回アカデミー賞授賞式の司会を務めたジミー・キンメル

前年の授賞式の低視聴率と低評価を受けてプロデューサーのデヴィッド・ヒル英語版レジナルド・ハドリンが降板し、代わってマイケル・デ・ルカジェニファー・トッドが就任した[27][28]。また俳優でコメディアンのクリス・ロックは『バラエティ』で司会を続投する意思があるかについて「誰かがやるだろうね」と語った[29]。2016年12月、ジミー・キンメルが司会を務めることが発表され、彼はプロデューサーに「優れた計画とその熱意が伝染している」と説明し、「89回目にして最後のオスカーの司会に選ばれたことを光栄に思う」と述べた[30][31]

キンメルが司会を務めることに伴い、ABCは過去数年にわたって授賞式の後に放送していた 『ジミー・キンメル・ライブ!』の特別エピソードを中止した。代わりにABC『Live from Hollywood: The After Party』を放送し、『グッド・モーニング・アメリカ』のアンソニー・アンダーソンララ・スペンサー英語版が司会を務めた[32]。ステージのセットはデレク・マクレーン英語版がデザインした[33]

候補作品の興行収入[編集]

作品賞候補作の北米興行収入
作品 候補発表前
(1月24日以前)
候補発表後
(1月24日 - 2月26日)
授賞式後
(2月26日)
累計
Hidden Figures $85 million $67.8 million $1.2 million $153.9 million
ラ・ラ・ランド $90.5 million $50.5 million $986,175 $141.9 million
メッセージ $95.7 million $4.6 million $42,681 $100.4 million
ハクソー・リッジ $65.5 million $1.4 million $12,018 $66.9 million
フェンス $48.8 million $7.7 million $143,932 $56.7 million
LION/ライオン 〜25年目のただいま〜 $16.5 million $26.3 million $882,844 $52.2 million
マンチェスター・バイ・ザ・シー $39 million $7.9 million $46.9 million
最後の追跡 $27 million $27 million
ムーンライト $15.9 million $6.3 million $339,772 $22.6 million
合計 $483.9 million $172.4 million $3.6 million $660.1 million
平均 $53.8 million $19.2 million $404,362 $73.3 million

候補が発表された時点で、作品賞候補映画のうち最も北米興行収入が高かったのは『メッセージ』の9570万ドルであった。次いで『ラ・ラ・ランド』(9050万ドル)、『Hidden Figures』(8500万ドル)、『ハクソー・リッジ』(6550万ドル)、『フェンス』(4880万ドル)、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(3900万ドル)、『最後の追跡』(2700万ドル)、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(1650万ドル)、『ムーンライト』(1580万ドル)となっている[34]

また候補に挙がった35作品のうち北米興行収入トップ50に入っていたのは13作品であった。そのうち作品賞、長編アニメ映画賞、監督賞、演技賞、脚本・脚色賞の候補作は『ズートピア』(3位)、『モアナと伝説の海』(15位)、『ラ・ラ・ランド』(45位)、『メッセージ』(45位)のみであった。その他の部門の候補作では『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(4位)、『ジャングル・ブック』(5位)、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(8位)、『スーサイド・スクワッド』(10位)、『ドクター・ストレンジ』(11位)、『スター・トレック BEYOND』(24位)、『Trolls』(25位)、『パッセンジャー』(30位)、『ハドソン川の奇跡』(32位)がトップ50に入っている。

人種問題[編集]

アカデミー賞は過去2年間で有色人種の俳優が候補に挙がっていないこと等、主要部門候補者の人種の多様性の欠如が指摘されていた[35]。1月24日に第89回アカデミー賞の候補者が発表されると、多数のメディアが7人の有色人種俳優が候補に挙がり、内6人が黒人俳優で史上最多記録であることを報じた[36][37][38]。アカデミー賞の歴史上初めて演技4部門全てで黒人俳優が候補に挙がっており、助演女優賞では3人の黒人女優、脚色賞では3人の黒人脚本家が候補となった。また黒人監督が監督賞の候補者となるのは史上4例目である[39][40][41]

一方で非黒人のマイノリティたちの俳優やメディア団体によって批判は続いた。ナショナル・ヒスパニック・メディア連合英語版は「(ラテン系の俳優は)カメラの前で働く機会を得られず、そしてカメラの裏側も例外ではない」と主張した。またアジア太平洋アメリカメディア連合会のダニエル・メイダ会長は候補者にアジア系俳優がほどんど挙がっていない(助演男優賞のデーヴ・パテールのみ)ことに触れ、「ハリウッドでのアジア人の本当の機会が失われ続けている」と述べた[42]

ヴィオラ・デイヴィスは『ダウト〜あるカトリック学校で〜』(2008年)、『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(2011年)に続いて3度目の候補であるが、これはアフリカ系アメリカ人女優としては最多記録である[43][44]ブラッドフォード・ヤング英語版はアフリカ系アメリカ人としては初めての撮影賞候補者であり、またジョイ・マクミロン英語版は『真夜中のカーボーイ』のヒュー・A・ロバートソン以来となるアフリカ系アメリカ人の編集賞候補者である[45]

『ムーンライト』は史上初めて主要キャストが黒人のみで作品賞を受賞した映画となった [11]

今回受賞に至った黒人の数は史上最多である[46]

入国禁止令に対する抗議[編集]

セールスマン』で外国語映画賞を獲得したイラン人監督のアスガル・ファルハーディーは当初はドナルド・トランプ大統領による入国禁止令により出席不可能であることが報じられていた。その後彼は「私は映画界の仲間と一緒にアカデミー賞授賞式に出席しないことに決めた」とボイコットを表明した[47]。アカデミー会長のシェリル・ブーン・アイザックス英語版は入国禁止令に対し、「アメリカは常にバリアではなくビーコンでなければならず、私たち一人ひとりが若干の空席がアカデミー・アーティストを活動家にしたこの部屋にあることを知っている」と述べた[48]

欠席したファルハーディーに代わり、著名なイラン系アメリカ人英語版であるアニューシャ・アンサリ(史上初の女性の民間宇宙旅行者)とフィルー・ナデリ英語版(元NASA太陽系探査委員会長官)がオスカー像を受け取った[49]。当初、アメリカ合衆国国務省公式のペルシャ語のツイッターアカウントには受賞を祝福する声明が投稿されていたが、ナデリがスピーチでトランプの入国禁止令を「非人道的」であると非難した直後に削除された[50]

作品賞発表間違い[編集]

作品賞のプレゼンターは『俺たちに明日はない』の50周年を記念してウォーレン・ベイティフェイ・ダナウェイがプレゼンターを務め、ステージに立った。封筒を開けるとベイティは受賞者の発表をためらい、直後にダナウェイに見せると彼女は『ラ・ラ・ランド』の勝利を宣言した。しかしながら『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーがステージに上がって受賞スピーチを始めると、オスカーのスタッフが駆け寄り、封筒を取り上げて発表に間違いがあったことを説明した。『ラ・ラ・ランド』のプロデューサーの1人であるフレッド・バーガーが「どうやら我々は負けだったようだ」と述べてスピーチを締めくくり、同じくプロデューサーのジョーダン・ホロウィッツ英語版にマイクが戻って本当の受賞作が『ムーンライト』であることが発表された。ホロウィッツは正しい受賞作が記されたカードをカメラに示した。そして再びベイティがマイクの前に立ち、誤って『ラ・ラ・ランド』の主演女優賞のエマ・ストーンのカードを読み上げてしまったと説明した。短い混乱の後、改めて『ムーンライト』のプロデューサーたちが受賞スピーチを行った[8][51][52]

ハリウッド・リポーター』によると、投票結果を集計し、封筒を準備し、プレゼンターに渡しているプライスウォーターハウスクーパース(PwC)は常に2組の封筒を用意してステージ際に保管していた[53]。静止画像からステージに立つベイティとダナウェイが「Actress in a Leading Role」と記された予備封筒を持っていることが確認できる[54]

PwCはこの間違いに対する謝罪声明を発表した:

『ラ・ラ・ランド』と『ムーンライト』、プレゼンターを務めたウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイ、そして視聴者の皆様に作品賞発表時に起きた間違いについて心より謝罪します。プレゼンターは誤って間違った部門の封筒を渡され、それに気づいたときにはすぐに訂正しました。われわれは現在、どうしてこのようなことが起き得たのか調査をしており、このような事態になってしまったことを深く後悔しています。この状況に対処してくださった候補者の皆さんとアカデミー、ABC局、司会のジミー・キンメルに感謝しています[55][56]

また『ニューヨーク・タイムズ』の記事ではこのように分析されている:

封筒のデザインが原因の可能性がある。今年の封筒はデザインが変わっており、赤い紙に金の文字で書かれている。それは文字を読みにくくしている可能性がある。封筒のデザインと発注はPwCではなく映画芸術科学アカデミーの担当のはずだ[57]

さらにPwCは授賞式中にはソーシャルメディアを使わないようにスタッフに指示していたが、封筒配布担当者は間違ったものを渡す直前にTwitterを使っていたと報じられている[58]

批評家の反応と視聴率[編集]

アメリカ合衆国の視聴者数はニールセン・レイティング英語版によると3290万人で前年を4%下回っており、第80回(2008年)の3200万人以来最低値を記録した[59]

イン・メモリアル[編集]

「イン・メモリアル」のセグメントはジェニファー・アニストンが紹介し、モンタージュ中にはサラ・バレリスが「Both Sides, Now」を歌った[60][61]。直前にアニストンは授賞式前日に亡くなった俳優のビル・パクストンへの追悼の意を示した[62][63]。以下、トリビュートされた順に人物を記述する:

オーストラリア人衣裳デザイナーであるジャネット・パターソンの箇所では誤って存命のオーストラリア人プロデューサーのジャン・チャップマン英語版の写真が使われてしまった[64]

「イン・メモリアル」では ギャリー・シャンドリングロバート・ヴォーンフローレンス・ヘンダーソンドリス・ロバーツアレクシス・アークエットバート・クウォーク(全てテレビで活躍した俳優だが、映画にも出演していた)、ミゲル・フェラージョン・ポリト、プロデューサーのダン・アイアランド英語版が取り上げられなかったことが指摘された[65][66][67]。アークエットが取り上げられ無かったことに対してアカデミー賞受賞女優でもあるパトリシア・アークエットは「アレクシスは大きな仕事をしていたものの、業界で働く数少ないトランスのアーティストの1人だった」「あなたはアカデミーが少しでもトランスセクシャルに敬意を払うべきと考えるだろう」と非難した[68]

脚注[編集]

  1. ^ ラッセルは会員に電話で自身への投票を呼びかけたため、AMPASは規定違反でノミネートを取り消した[18]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Schwartz, Oriana (2017年2月27日). “Oscar Ratings Dip Again Amid ‘Moonlight,’ ‘La La Land’ Best Picture Mix-Up”. Variety. http://variety.com/2017/tv/news/oscar-ratings-drop-la-la-land-moonlight-1201997709/ 2017年2月27日閲覧。 
  2. ^ Oscar 2017: Michael De Luca and Jennifer Todd confirmed to produce 89th Oscars”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (2016年11月4日). 2016年11月5日閲覧。
  3. ^ Khatchatourian, Maane (2017年2月8日). “Glenn Weiss to Direct Oscar Ceremony for Second Consecutive Year”. Variety. 2017年2月14日閲覧。
  4. ^ Kilday, Gregg (2016年12月5日). “Oscars: Jimmy Kimmel to Host This Year's Ceremony (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2017年2月14日閲覧。
  5. ^ Goldstein, Micheline (2016年9月1日). “Jackie Chan, Anne V. Coates, Lynn Stalmaster and Frederick Wisemen to receive Academy's 2016 Governs Awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2016年9月17日閲覧。
  6. ^ Josh Rottenberg (2017年2月12日). “The jokes, the scene (oh, and the winners) at the film academy's Scientific and Technical Awards”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/la-et-mn-oscars-sci-tech-awards-2017-story.html 2017年2月20日閲覧。 
  7. ^ Bryan Alexander (2017年2月12日). “John Cho, Leslie Mann pay respect to film's great brains at Sci-Tech Awards”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/02/12/john-cho-leslie-mann-pay-respect-films-great-brains-sci-tech-awards/97823144/ 2017年2月20日閲覧。 
  8. ^ a b Donnelly, Jim (2017年2月26日). “Moonlight Wins Best Picture After 2017 Oscars Envelope Mishap”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. http://oscar.go.com/news/winners/after-oscars-2017-mishap-moonlight-wins-best-picture 2017年2月27日閲覧。 
  9. ^ France, Lisa Respers (2017年2月26日). “Oscars 2017: 'Moonlight' wins Best Picture after some confusion”. CNN. http://www.cnn.com/2017/02/26/entertainment/oscars-2017/index.html 2017年2月26日閲覧。 
  10. ^ Rose, Steve. “Don't let that Oscars blunder overshadow Moonlight's monumental achievement”. The Guardian. 2017年2月27日閲覧。
  11. ^ a b France, Lisa Respers (2017年2月28日). “Oscar mistake overshadows historic moment for 'Moonlight'”. http://www.cnn.com/2017/02/27/entertainment/moonlight-oscars-win/index.html 2017年3月1日閲覧。 
  12. ^ Hipes, Patrick (2017年1月24日). “Oscar Nominations:'La La Land' Ties Record With 14 Nominations; 'Arrival' & 'Moonlight' Snag 8 Apiece”. Deadline.com. 2017年2月21日閲覧。
  13. ^ Shoard, Catherine (2017年1月24日). “La La Land equals record for most Oscar nominations”. The Guardian. 2017年1月24日閲覧。
  14. ^ La La Land, Moonlight land top Oscar nominations La La Land matches Titanic, All About Eve for most nominations”. Toronto Sun (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  15. ^ The 2017 Academy Award nominations: 'La La Land' ties Oscars record with 14 nominations”. Los Angeles Times (2017年1月24日). 2017年1月24日閲覧。
  16. ^ 'O.J.: Made in America' is now the longest film to ever win an Oscar”. Los Angeles Times (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  17. ^ “The 89th Academy Awards (2017) Nominees and Winners”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. http://www.oscars.org/oscars/ceremonies/2017 2017年2月26日閲覧。 
  18. ^ Academy Rescinds Oscar Nomination for Violation of Campaign Rules”. The Hollywood Reporter (2017年2月25日). 2017年3月2日閲覧。
  19. ^ “Academy announces Jackie Chan, Anne V. Coates, Lynn Stalmaster and Frederick Wisemen will receive Governs awards”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. (2016年9月1日). http://oscar.go.com/news/2016/academy-announces-jackie-chan-3-others-will-receive-2016-governors-awards 2016年9月23日閲覧。 
  20. ^ “Jackie Chan awarded honorary Oscar”. BBC News. (2016年9月2日). http://www.bbc.com/news/entertainment-arts-37253382 2016年9月23日閲覧。 
  21. ^ Kilday, Gregg (2016年9月1日). “Jackie Chan, Film Editor Anne V. Coates to Get Honorary Oscars”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/jackie-chan-film-editor-anne-924394 2016年9月23日閲覧。 
  22. ^ Hipes, Patrick; Evans, Greg (2016年9月1日). “Governors Awards Honorees: Jackie Chan, Anne V Coates, Frederick Wiseman & Lynn Stalmaster”. Deadline.com. http://deadline.com/2016/09/governors-awards-2016-jackie-chan-frederick-wiseman-anne-coates-lynn-stalmaster-1201811321/ 2016年9月23日閲覧。 
  23. ^ Pond, Steve (2016年9月1日). “Jackie Chan, Frederick Wiseman to Receive Honorary Oscars”. TheWrap. http://www.thewrap.com/jackie-chan-frederick-wiseman-to-receive-honorary-oscars/ 2016年9月23日閲覧。 
  24. ^ a b 2017 Oscars - Winners & Nominees”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2017年3月2日閲覧。
  25. ^ Leonardo DiCaprio, Brie Larson Among 2017 Oscar Presenters”. Variety. 2017年2月3日閲覧。
  26. ^ Oscars: Justin Timberlake, Lin-Manuel Miranda, Sting, John Legend to Perform”. Variety. 2017年2月10日閲覧。
  27. ^ Birnbaum, Debra (2016年11月4日). “It’s Official: Michael De Luca and Jennifer Todd to Produce 2017 Oscars”. Variety. http://variety.com/2016/film/news/michael-de-luca-jennifer-todd-producer-2017-oscars-1201909857/ 2016年11月4日閲覧。 
  28. ^ Feinberg, Scott (2016年11月2日). “Oscars: David Hill, Reginald Hudlin Not Returning as Producers (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/race/oscars-david-hill-reginald-hudlin-not-returning-as-producers-943272 2016年11月4日閲覧。 
  29. ^ Littleton, Cynthia (2016年10月29日). “Chris Rock Weighs in on 2017 Oscars Host, Says Comics Should Appeal to People Who 'Look Like Them First'”. Variety. http://variety.com/2016/tv/news/chris-rock-oscars-louie-blair-breard-stuart-cornfeld-chris-moore-1201904395/ 2016年11月4日閲覧。 
  30. ^ “Jimmy Kimmel Announced His Oscars Hosting Gig with a Donald Trump Burn”. Vanity Fair. (2016年12月8日). http://www.vanityfair.com/hollywood/2016/12/jimmy-kimmel-oscars-host-donald-trump-taiwan 2017年2月20日閲覧。 
  31. ^ Jimmy Kimmel to host the 2017 Oscars”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (2016年12月5日). 2016年12月6日閲覧。
  32. ^ Anthony Anderson To Host ABC’s Post-Oscar Special, 'Live From Hollywood: The After Party'”. Deadline.com. 2017年2月27日閲覧。
  33. ^ Waldek, Stefanie. “The 2017 Oscars Stage Is Inspired by Vintage Art Deco Style - Architectural Digest”. 2017年3月1日閲覧。
  34. ^ 2016 Academy Award Nominations and Winner for Best Picture”. Box Office Mojo. 2017年2月27日閲覧。
  35. ^ Keegan, Rebecca; Zeitchik, Steven (2016年1月14日). “Oscars 2016: Here's why the nominees are so white -- again”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/moviesnow/la-et-mn-all-white-oscar-acting-nominees-20160114-story.html 2016年6月12日閲覧。 
  36. ^ “Oscars: Record Six Black Actors Nominated, Diversity Improves After Controversy”. Variety. (2017年1月24日). http://variety.com/2017/film/news/2017-oscars-diversity-denzel-washington-viola-davis-octavia-spencer-1201968125/ 2017年1月24日閲覧。 
  37. ^ “Are the Oscars still #SoWhite? A look at the diversity among this year’s nominees”. Los Angeles Times. (2017年1月24日). http://www.latimes.com/projects/la-et-oscars-nominations-2017/ 2017年1月24日閲覧。 
  38. ^ “Oscar nominations more diverse after #OscarsSoWhite row”. Aljazeera Publishing. (2017年1月24日). http://www.aljazeera.com/news/2017/01/oscar-nominations-diverse-oscarssowhite-row-170124144104777.html 2017年1月24日閲覧。 
  39. ^ For the first time ever, 3 black actresses were nominated in the same Oscars category”. CBS News (2007年2月25日). 2017年1月25日閲覧。
  40. ^ Verhoeven, Beatrice. “Oscars 2017: 3 Black Screenwriters Earn Oscar Noms for First Time Ever”. TheWrap. 2017年1月25日閲覧。
  41. ^ Stacy Lambe. “Black Actors Nominated in Every Acting Category for First Time in Oscar History”. Entertainment Tonight. 2017年1月25日閲覧。
  42. ^ Puente, Maria (2017年1月24日). “Oscar nominations 2017: Diversity is not a simple black-or-white issue”. USA Today. http://www.usatoday.com/story/life/movies/2017/01/24/oscar-diversity-more-than-black-or-white-latinos-asians-excluded/96951730/ 2017年2月26日閲覧。 
  43. ^ Whit, Tim P. (2017年1月24日). “Viola Davis becomes first black actress to earn 3 Oscar nominations”. Entertainment Weekly. 2017年1月25日閲覧。
  44. ^ Butler, Bethonie (2017年1月24日). “Viola Davis makes history with her third Oscar nod. We might be in for an epic speech.”. The Washington Post. 2017年1月25日閲覧。
  45. ^ Williams, Brennan (2017年1月27日). “Meet Joi McMillon, The First Black Female Oscar Nominee For Film Editing”. The Huffington Post. 2017年3月2日閲覧。
  46. ^ Joey Nolfi. “Oscars 2017: History made with most black winners ever”. Ew.com. 2017年3月1日閲覧。
  47. ^ Brucculieri, Julia (2017年1月30日). “Oscar-Nominated Iranian Director Asghar Farhadi Will Not Attend Awards Ceremony”. The Huffington Post. 2017年2月5日閲覧。
  48. ^ Bakare, Lanre (2017年1月27日). “Academy president on Oscars boycott: Trump ban made 'artists into activists'”. The Guardian. 2017年2月11日閲覧。
  49. ^ Asghar Farhadi to Be Represented at Oscars by First Female Space Tourist and Former NASA Scientist”. Variety (2017年2月24日). 2017年2月26日閲覧。
  50. ^ Oscars 2017: Truth behind 'Envelopegate' emerges” (2017年2月28日). 2017年2月28日閲覧。
  51. ^ News, A. B. C. (2017年2月27日). “'Moonlight' wins best picture after 'La La Land' mistakenly announced”. ABC News. 2017年2月27日閲覧。
  52. ^ Oscars 2017 live updates: 'Moonlight' wins best picture after 'La La Land' incorrectly called”. Los Angeles Times (2017年2月26日). 2017年2月26日閲覧。
  53. ^ “Oscars: How the Wrong Envelope Triggered a Best Picture Fiasco” (英語). The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/oscars-how-wrong-envelope-triggered-a-best-picture-fiasco-980910 2017年2月27日閲覧。 
  54. ^ Gonzalez, Sandra (2017年2月27日). “It was 'Moonlight,' not 'La La Land': A timeline of a historic Oscars blunder”. CNN. http://www.cnn.com/2017/02/27/entertainment/academy-awards-mistake-what-happened/index.html?eref=mrss_igoogle_cnn 2017年2月27日閲覧。 
  55. ^ Statement from PwC”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  56. ^ アカデミー賞の投票を管理してきたPwC 、作品賞取り違えを謝罪【第89回アカデミー賞】”. シネマトゥデイ (2017年2月27日). 2017年3月2日閲覧。
  57. ^ Oscars Mistake Casts Unwanted Spotlight on PwC”. The New York Times (2017年2月27日). 2017年2月28日閲覧。
  58. ^ PWC rep was told not to tweet during Oscars, USA Today, February 28, 2017
  59. ^ Oscars draw lowest U.S. audience since 2008 with 32.9 million viewers”. Reuters (2017年2月27日). 2017年2月28日閲覧。
  60. ^ Dove, Steve (2017年2月26日). “Sara Bareilles performs In Memoriam tribute at 2017 Oscars”. Academy of Motion Picture Arts and Sciences. 2017年2月27日閲覧。
  61. ^ Shanley, Patrick (2017年2月26日). “Oscars: Sara Bareilles Performs Joni Mitchell's "Both Sides Now" During In Memoriam Segment”. The Hollywood Reporter. 2017年2月27日閲覧。
  62. ^ Shoard, Catherine (2017年2月26日). “Bill Paxton remembered by Jennifer Aniston at Oscars ceremony”. The Guardian. 2017年2月27日閲覧。
  63. ^ Jennifer Aniston tears up while honoring Bill Paxton during in memoriam segment”. Fox News (2017年2月26日). 2017年2月27日閲覧。
  64. ^ Samuelson, Kate (2017年2月27日). “'I Am Alive and Well.' Australian Producer Mistakenly Included in Oscars 'In Memoriam' Segment”. TIME. http://time.com/4683643/jan-chapman-in-memoriam-oscars/ 2017年2月27日閲覧。 
  65. ^ Jang, Meena (2017年2月27日). “Oscars "In Memoriam": Garry Shandling, Robert Vaughn Among Snubs”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/oscars-2017-memoriam-snubs-garry-shandling-robert-vaughn-980116 2017年2月28日閲覧。 
  66. ^ http://www.philly.com/philly/blogs/entertainment/celebrities_gossip/Philly-born-actor-Jon-Polito-left-out-of-Oscars-In-Memoriam-segment.html
  67. ^ Hibberd, James (2017年2月27日). “Oscars' other flub: ‘Dead' woman from Memoriam is still alive”. Entertainment Weekly. http://ew.com/awards/2017/02/27/oscars-in-memoriam-mistake/ 2017年2月28日閲覧。 
  68. ^ Hibberd, James (2017年2月28日). “Oscars: Patricia Arquette Angry at Sister Alexis' "In Memoriam" Omission”. Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/oscars-patricia-arquette-angry-at-sister-alexis-memoriam-exclusion-981448 2017年3月1日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト

ニュースソース

分析

その他