ラウール・クタール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Raoul Coutard
ラウール・クタール
生年月日 (1924-09-02) 1924年9月2日
没年月日 (2016-11-08) 2016年11月8日(92歳没)
出生地 フランスの旗 フランス共和国 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
職業 撮影監督映画監督
ジャンル 映画テレビ映画
活動期間 1956年 - 2016年
活動内容 1956年 撮影監督となる

ラウール・クタールクータールフランス語: Raoul Coutard, 1924年9月2日 - 2016年11月8日[1])は、フランス撮影監督映画監督である。ヌーヴェルヴァーグを支えた撮影監督である。

人物・来歴[編集]

パリに生まれる。学校では、化学を専攻しようとしていたが、授業料の少なくてすむ写真を専攻した[2]。1945年に徴兵され、第一次インドシナ戦争の戦地に赴く。11年間ベトナムに暮らし、戦争写真家として働き、フリーランスとして『パリ・マッチ』誌、『ルック』誌に写真が掲載された。1956年にピエール・シェンデルフェールから映画の撮影をしてみないかと誘われ、ドキュメンタリー映画『悪魔の通り道』で撮影監督としてデビューした。

1959年、シェンデルフェール作品のプロデューサーであるジョルジュ・ド・ボールガールが手がける新人監督の劇映画『勝手にしやがれ』のカメラを手がけて以来、同作の監督ジャン=リュック・ゴダールやその友人のフランソワ・トリュフォージャック・ドゥミジャン・ルーシュエドガール・モランら、ヌーヴェルヴァーグの映画作家と呼ばれる映画監督たちの作品を手がけた。

1970年に初めての監督作『ホア・ビン』を発表、同作で第23回カンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、同作は第43回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた。以降2作を監督し、いずれも日本で公開されている。

おもなフィルモグラフィ[編集]

関連項目[編集]

[編集]

  1. ^ “【訃報】ラウル・クタール氏=仏撮影監督”. 読売新聞. (2016年11月10日). http://www.yomiuri.co.jp/obit/20161110-OYT1T50022.html 2016年11月10日閲覧。 
  2. ^ Raoul Coutard, cinematographers.nl, 2009年10月5日閲覧。

外部リンク[編集]