アリシア・ヴィキャンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリシア・ヴィカンダー
Alicia Vikander
Alicia Vikander
本名 アリシア・アマンダ・ヴィカンダー
Alicia Amanda Vikander
生年月日 1988年10月3日(27歳)
出生地 スウェーデンの旗 スウェーデンヨーテボリ
国籍 スウェーデンの旗 スウェーデン
職業 女優
活動期間 2002年 - 現在

アリシア・ヴィカンダー(Alicia Amanda Vikander[1]スウェーデン語発音: [aˈliːsɪa aˈmanda vɪˈkandər];1988年10月3日[1] - )は、スウェーデン女優

生い立ち[編集]

精神科医である父親スヴァンテ・ヴィカンダーと女優マリア・ファール・ヴィカンダー(Maria Fahl Vikander)の間でスウェーデンヴェストラ・イェータランド県ヨーテボリで出生[2][3]。彼女の両親はそれぞれスウェーデンの北と南にある小さな村出身である[4]。両親は彼女が5か月の時に別れ、主にシングルマザーに育てられた[5][6]。 彼女は父親側で5人兄弟姉妹がいる[7][8]。ヴィカンダーは、子どもの頃、母のひとりっ子であることや、一週間おきに父の家を訪れる時に大家族に囲まれることとあわせて両方が持つ一番良いところを受けていると言う[9]スウェーデン系、4分の1フィンランド系[4]

9歳からヨーテボリにあるスウェーデン王立バレエ学校(Kungliga Svenska Balettskolan)でバレエの特訓を受ける。15歳の時、プリンシパルダンサーになることを目指して[9]、住んでいたヨーテボリからストックホルムにあるその上級学校でさらなる特訓を積むため移る。イェーテボリ歌劇場でレ・ミゼラブルサウンド・オブ・ミュージック等、複数のミュージカルに登場を果たし、ひと夏、アメリカンバレエ学校で夏期教育課程、トレーニングを受けるなど、世界中を回る[10]。16歳の時、テレビシリーズに全力を傾けるためほとんどというほど学校から離れ、彼女の演技に対する情熱に気づいていた監督トーマス・アルフレッドソンと一緒に取り組んだ[10][11]。彼女のダンスキャリアは10代後半頃のケガによって停滞を余儀なくされ[12]、そして最終的に演劇学校の試験に行きつくが、2度にわたり落とされる[13]。一旦、ロースクールに入学したが、通わず、女優になる夢を追い求め続けていった[14]

キャリア[編集]

Vikander at the 48th Guldbagge Awards in 2013

母国スウェーデンの複数の短編映画やテレビ作品に出演することからキャリアが始まる.[15]。スウェーデンの人気テレビドラマ Andra Avenyn (2008–2011)の役柄によってスカンディナヴィアで有名になる。彼女にとって長編映画デビューとなるスウェーデンの映画Pure(2010)で主役カタリナを演じ、批評家から絶賛された。映画のなかでは必死に実生活から脱出しようとする悩みを抱えた秘書カタリナを中心に動いている。映画Pureのカタリナ役で、2010年のストックホルム国際映画祭のライジングスター賞[16]ベルリン国際映画祭シューティングスター賞[17]、権威あるグルドバッゲ賞主演女優賞をそれぞれ受賞した[18]

2011年、映画The Crown Jewelsの中においてフラガンシア・フェルナンデス役で主演し、役柄はビル・スカルスガルドの相手役で殺人未遂により逮捕される。2012年、キーラ・ナイトレイドーナル・グリーソンらとともにアンナ・カレーニナの英語版映画作品のなかでキティ役を演じ国際的注目を集める。映画は2012年度の第37回トロント国際映画祭で初上映され、肯定的な評価を受けた.[19]。同年、彼女はニコライ・アーセルが監督の映画ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮に王妃キャロライン・マティルダ・オブ・ウェールズ役でマッツ・ミケルセンと共同主演、デンマーク人役もレパートリーに加えた。映画は第62回ベルリン国際映画祭でワールドプレミアが行われ、批評家の称賛を受ける[20]。その後、第85回アカデミー賞アカデミー外国語映画賞にノミネートされた[2][21]。彼女は第20回ハンプトンズ国際映画祭で2012年の10・アクターズ・トゥ・ウオッチ:ブレークスルー・パフォーマーズの一人に選ばれ[22]、2013年度のBAFTAライジングスター賞にノミネートされる[23]、そして2013年度エル・スタイル・アワードでエディターズチョイス賞を受賞した[24]。 また、スウェーデン版『ELLE』誌によりスウェーデン女性におけるベストドレッサーに選ばれた[25]

2013年、彼女はベネディクト・カンバーバッチダニエル・ブリュールらとともにフィフス・エステート/世界から狙われた男でドイツ海賊党のメンバーのアンケ・ドムシャイト=ベルク役で出演[26]。本作は2013年9月5日に トロント国際映画祭で上映された[27]。映画そのものは賛否両論的反応を集めたが[28]、複数の批評家は彼女の映画の中における演技を褒め讃えた[29]。また彼女はスウェーデン映画ホテルセラピーのエリカ役で主演し、審査委員長の監督マーティン・スコセッシによりマラケシュ国際映画祭主演女優賞を受賞した[30]

2014年、ユアン・マクレガーブレントン・スウェイツと一緒にオーストラリアのクライムスリラー映画ガンズ&ゴールド(2014)に出演。映画は2014年10月16日にオーストラリアで公開され賛否両論が出た[31]、しかし、彼女の演技については称讃された[32]。2015年、彼女は8つの映画で主演した。今年、最初の映画では、キット・ハリントンエミリー・ワトソンと一緒に戦場からのラブレターで象徴的平和主義者の主人公ヴェラ・ブリテン役を演じた。2015年1月16日にイギリスで、広く配給されたなかで封切られた。本作のワールドプレミアは2014年10月に開催された英国映画協会主催ロンドン映画祭のセンターピース・ガラでの上映であった[33][34][35]戦場からのラブレターは上映されるやいなや高く評価され、批評家は特に彼女の演技について絶賛した[36][37]。彼女はヴェラ・ブリテン役で第17回英国インディペンデント映画賞主演女優賞にノミネートされた。また、彼女は、ジェフ・ブリッジスジュリアン・ムーアとともにファンタジー映画Seventh Son(2015)で半人間/半魔女であるアリス・ディーン役を演じた[38]。彼女はドーナル・グリーソンオスカー・アイザックとともにアレックス・ガーランドの監督デビュー作エクス・マキナで人工知能を備えたエヴァとして主演[39]。ヴィカンダーはその演技によりエンパイア賞主演女優賞にノミネートされた[40]。スウェーデンのドキュメンタリー映画Ingrid Bergman: In Her Own Words(2015)でヴィカンダーはナレーションを担当し、2015年度カンヌ映画祭のカンヌ・クラシック部門で上映された[41]。本作はハリウッド史上の中において最も偉大な女性スターの1人イングリッド・バーグマンの生涯をたどっている。スティーグ・ビョークマン監督のドキュメンタリー映画はロイユ・ドール賞の「スペシャル・メンション」を受け取った[42][43]。また彼女は1964年に放映されたMGM同名のテレビドラマに基づくガイ・リッチーが監督したアクション映画コードネーム U.N.C.L.E.の中で女性の主要な役を演ずる。ヴィカンダーはトム・フーパーの映画リリーのすべて(2015)で画家ゲルダ・ヴェゲネルを演じる。映画は第72回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映され、アメリカ合衆国で2015年11月27日に封切られた[44][45]。また彼女はブラッドリー・クーパーシエナ・ミラーとともに映画Burnt(2015)に出演している[46]。ヴィカンダーはデイン・デハーンクリストフ・ヴァルツとともにジャスティン・チャドウィックが監督の映画Tulip Fever[47]マイケル・ファスベンダーレイチェル・ワイズなどと一緒にデレク・シアンフランスが監督を務める小説The Light Between Oceansを原作とする映画でそれぞれ女性の中心人物を演ずる[48]。さらにポール・グリーングラスが監督する映画fifth Bourne filmでヴィカンダーが主演することがDeadline.comによって確かめられている[49]

私生活[編集]

映画The Light Between Oceansの共演者で俳優のマイケル・ファスベンダーと2014年から[50]2015年9月まで交際していた[51]と報じられる一方、2016年1月10日第73回ゴールデングローブ賞授賞式に連れ添って出席している[52]他、同年2月28日第88回アカデミー賞授賞式にも連れ添って出席した[53][54]

ヴィカンダーはロンドンに住んでいる[55]

フィルモグラフィ[編集]

映画[編集]

邦題
原題
役名 備考
2010 Till det som är vackert Katarina グルドバッゲ賞主演女優賞受賞
2011 Kronjuvelerna Fragancia Fernandez
2012 ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮
En kongelig affære
カロリーネ・マティルデ
アンナ・カレーニナ
Anna Karenina
キティ
2013 ホテルセラピー
Hotell
エリカ
フィフス・エステート/世界から狙われた男
The Fifth Estate
アンケ・ドムシャイト=ベルク
2014 ガンズ&ゴールド
Son of a Gun
ターシャ
戦場からのラブレター
Testament of Youth
ヴェラ・ブリテン
2015 エクス・マキナ
Ex Machina
Ava
コードネーム U.N.C.L.E.
The Man from U.N.C.L.E
ギャビー・テラー
The Seventh Son Alice Deane
リリーのすべて
The Danish Girl
ゲルダ・ヴェゲネル アカデミー助演女優賞
2016 The Light Between Oceans
二ツ星の料理人
Burnt
アン・マリー
TULIP FEVER
ジェイソン・ボーン[56]
Jason Bourne'
2017 Tomb Raider Lara Croft

テレビシリーズ[編集]

原題 役名 備考
2007 - 2008 Andra Avenyn Jossan Tegebrandt Björn 39話出演

受賞とノミネート[編集]

年度 部門 対象 結果
2010年 グルドバッゲ賞 主演女優賞 Pure 受賞
ベルリン国際映画祭 シューティング・スター賞 受賞
ストックホルム国際映画祭 ライジングスター賞 受賞
2012年 ロベルト賞 主演女優賞 ロイヤル・アフェア
愛と欲望の王宮
ノミネート
女性映画ジャーナリスト同盟 ブレークスルー・パフォーマンス ノミネート
ハンプトンズ国際映画祭 ブレークスルー・パフォーマー アンナ・カレーニナ 受賞
英国映画テレビ芸術アカデミー BAFTAライジングスター賞 ノミネート
エンパイア賞 新人賞 ノミネート
2013年 マラケシュ国際映画祭 主演女優賞 ホテルセラピー 受賞
2014年 英国インディペンデント映画賞 主演女優賞 戦場からのラブレター ノミネート
ナショナル・フィルム・アワード 主演女優賞 ノミネート
2015年 エンパイア賞 主演女優賞 エクス・マキナ ノミネート
イスキア映画祭 年間ブレイクアウト女優 受賞
ヨーロッパ映画賞 主演女優賞 ノミネート
第41回ロサンゼルス映画批評家協会賞 助演女優賞 受賞[57]
ハリウッド映画賞 ブレイクアウト女優 リリーのすべて 受賞
英国インディペンデント映画賞 主演女優賞 ノミネート
インディアナ映画ジャーナリスト協会賞 主演女優賞 ノミネート
2016年 第73回ゴールデングローブ賞 助演女優賞 エクス・マキナ ノミネート
第88回アカデミー賞 助演女優賞 リリーのすべて 受賞
MTVムービー・アワード[58] 最優秀女優賞 エクス・マキナ ノミネート

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b Svensk Filmdatabas Alicia Vikander”. Svenska Filminstitutet. 2013年1月11日閲覧。
  2. ^ a b Lawrence, Vanessa (December 2011). “Alicia Vikander”. W (Condé Nast): 71. http://www.wmagazine.com/people/celebrities/2011/12/alicia-vikander-swedish-actress/ 2013年11月11日閲覧。. 
  3. ^ Alicia Vikander - Make room for a new Swedish sensation”. The Independent. 2013年1月11日閲覧。
  4. ^ a b Stated on Conan, May 5, 2015, can be viewed here, https://www.youtube.com/watch?v=gCD7aEBOQwE, starting at 26:42
  5. ^ MacNab, Geoffrey (2012年9月15日). “Alicia Vikander – Make room for a new Swedish sensation”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/films/features/alicia-vikander--make-room-for-a-new-swedish-sensation-8139031.html 2013年11月11日閲覧。 
  6. ^ LĂśrdagsintervjun: ELLE mĂśter Alicia Vikander | ELLE”. Elle.se. 2014年6月17日閲覧。
  7. ^ Golden Girl: Alicia Vikander | Film, Fashion”. Hunger TV. 2014年6月17日閲覧。
  8. ^ Golden Girl: Alicia Vikander”. Hungertv. 2013年6月16日閲覧。
  9. ^ a b Dehn, Georgia (2015年2月11日). “Why Alicia Vikander is the actress to watch in 2015”. The Daily Telegraph. 2015年6月17日閲覧。
  10. ^ a b Horowitz, Josh. “Happy Sad Confused- Alicia Vikander”. SoundCloud. 2015年6月17日閲覧。
  11. ^ Dehn, Georgia (2015年1月3日). “Why Alicia Vikander could be the actress to watch in 2015”. The Daily Telegraph. 2015年3月21日閲覧。
  12. ^ Dehn, Georgia (2015年1月3日). “Why Alicia Vikander could be the actress to watch in 2015”. The Daily Telegraph. 2015年3月21日閲覧。
  13. ^ Shattuck, Kathryn (2015年5月29日). “Alicia Vikander, Who Portrayed Denmark’s Queen, Is Screen Royalty”. The New York Times. 2015年6月17日閲覧。
  14. ^ DP/30: Alicia Vikander, actor, A Royal Affair/Anna Karenina”. YouTube (2012年10月30日). 2015年6月17日閲覧。
  15. ^ Actress Spotlight: Alicia Vikander”. Entertainment Fuse (2014年11月10日). 2015年3月21日閲覧。
  16. ^ Focus on the young stars of Testament of Youth”. The Daily Telegraph (2014年12月22日). 2015年3月21日閲覧。
  17. ^ LĂśrdagsintervjun: ELLE mĂśter Alicia Vikander | ELLE”. Elle.se. 2015年3月21日閲覧。
  18. ^ Alice Vikander”. Guldbagge Award. 2011年8月1日閲覧。
  19. ^ Critic Reviews for Anna Karenina”. Metacritic. 2012年9月5日閲覧。
  20. ^ A Royal Affair”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年1月30日閲覧。
  21. ^ Oscars: Hollywood announces 85th Academy Award nominations”. BBC News. 2013年1月10日閲覧。
  22. ^ Barylski, Nicole (2012年10月4日). “Hamptons International Film Festival:Variety's Ten Actors To Watch Roundtable Discussion”. Hamptons (magazine). 2015年3月21日閲覧。
  23. ^ Dean, Sarah (2013年1月7日). “BAFTA EE Rising Star Award Nominees: Alicia Vikander, Andrea Riseborough, Elizabeth Olsen, Juno Temple And Suraj Sharma”. Hamptons (magazine). 2015年3月21日閲覧。
  24. ^ Morgan, Maybelle (2015年1月19日). “5 Minutes With Alicia Vikander”. Elle (magazine). 2015年4月3日閲覧。
  25. ^ Årets bäst klädda kvinna: Alicia Vikander”. ELLE. 2013年1月11日閲覧。
  26. ^ Fleming Jr, Mike (2013年1月22日). “UPDATE: Participant Media Joins DreamWorks For WikiLeaks Movie ‘The Fifth Estate’”. Deadline.com. 2015年3月21日閲覧。
  27. ^ Fleming, Mike (2013年9月6日). “Toronto 2013: Will Deals Take Back Seat As Buyers Focus On Fest Oscar Hopefuls?”. Deadline Hollywood. http://www.deadline.com/2013/09/toronto-2013-will-deals-take-back-seat-as-buyers-focus-on-fest-oscar-hopefuls/#more-579958 2013年10月14日閲覧。 
  28. ^ The Fifth Estate”. Rotten Tomatoes. 2013年10月14日閲覧。
  29. ^ Kermode, Mark (2013年10月12日). “The Fifth Estate – review”. The Observer. http://www.theguardian.com/film/2013/oct/13/the-fifth-estate-review 2013年10月14日閲覧。 
  30. ^ “The Winners of the Marrakech International Film Festival”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.com/karin-badt/the-winners-of-the-marrak_b_4406002.html 2015年4月11日閲覧。 
  31. ^ Son of a Gun”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2015年2月6日閲覧。
  32. ^ Lyttelton, Oliver (2015年1月20日). “Review: Forgettable Crime Flick 'Son Of A Gun' Starring Ewan McGregor, Alicia Vikander, & Brenton Thwaites”. Indiewire. 2015年3月21日閲覧。
  33. ^ BAZ BAMIGBOYE. “BAZ BAMIGBOYE: A hundred years on, Brittain's got talent”. 2014年7月10日閲覧。
  34. ^ Edward Davis. “Indiewire: Watch: First Trailer For 'Testament Of Youth'”. 2014年8月1日閲覧。
  35. ^ Clare Stewart. “British Film Institute: Testament of Youth”. 2014年9月3日閲覧。
  36. ^ Robey, Tim (2015年1月16日). “Testament of Youth, review: 'stirring'”. The Daily Telegraph. 2015年3月21日閲覧。
  37. ^ Lodge, Guy (2014年10月14日). “London Film Review: ‘Testament of Youth’”. Variety (magazine). 2015年3月21日閲覧。
  38. ^ 'Seventh Son' finds young leads”. Variety. 2015年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月27日閲覧。
  39. ^ Ex Machina”. Dread Central. Dread Central. 2015年2月26日閲覧。
  40. ^ Leo Barraclough, "‘The Imitation Game’ Leads Race for Empire Awards," Variety, February 24, 2015.
  41. ^ It's poster time at the Festival de Cannes!”. Cannes. 2015年5月23日閲覧。
  42. ^ L'Œil d’or, premier prix du documentaire à Cannes, pour "Au-delà d'Allende, mon grand-père"”. Télérama. 2015年11月27日閲覧。
  43. ^ L'œil d'Or 2015 est attribué à Marcia Tambutti Allende”. La Scam. 2015年11月27日閲覧。
  44. ^ Kiang, Jessica (2015年9月5日). “Venice Review: Tom Hooper's 'The Danish Girl' With Eddie Redmayne & Alicia”. Indiewire. 2015年9月12日閲覧。
  45. ^ McNary, Dave (2015年3月4日). “Eddie Redmayne’s ‘Danish Girl’ Set for Nov. 27”. Variety (magazine). 2015年3月21日閲覧。
  46. ^ Sneider, Jeff (2014年7月21日). “Jamie Dornan’s First Movie After ‘Fifty Shades of Grey’ – Bradley Cooper’s ‘Adam Jones’”. The Wrap. 2015年3月21日閲覧。
  47. ^ Sneider, Jeff (2014年6月5日). “Judi Dench, Harvey Weinstein to Collaborate for 10th Time on ‘Tulip Fever’”. TheWrap. 2015年3月21日閲覧。
  48. ^ Fleming Jr, Mike (2014年6月19日). “Alicia Vikander Landing Leads In ‘Light Between Oceans’ And ‘Danish Girl’”. Deadline.com. 2015年3月21日閲覧。
  49. ^ Jaafar, Ali (2015年6月23日). “Alicia Vikander Confirmed For Bourne Sequel Opposite Matt Damon”. Deadline. 2015年6月23日閲覧。
  50. ^ Drohan, Freya (2015年10月11日). “Michael Fassbender gushes about girlfriend Alicia Vikander: 'She gives great performances'”. Irish Independent. 2015年10月11日閲覧。
  51. ^ Lee, Esther (2015年9月16日). “Michael Fassbender, Girlfriend Alicia Vikander Split After 9 Months Together”. Us Weekly. 2015年10月25日閲覧。
  52. ^ 復縁⁉︎ アリシア・ヴィキャンデルとマイケル・ファスベンダー、初めて公の場に (2016年1月13日)
  53. ^ Alicia Vikander winning Best Supporting Actress (2016年2月28日収録, 2016月3月23日公開)
  54. ^ 受賞のアリシア、マイケルに堂々のキスで結婚秒読み? (2016年2月29日)
  55. ^ Alicia Vikander: The North Star”. W Magazine (2015年3月16日). 2015年3月31日閲覧。
  56. ^ ジェイソン・ボーン
  57. ^ LA批評家協会賞は「マッドマックス」が最多3冠 作品賞は「スポットライト」”. 映画.com (2015年12月7日). 2015年12月8日閲覧。
  58. ^ 2016 MTV Movie Awards 『スター・ウォーズ』が最多ノミネート”. mtvjapan (2016年3月9日). 2016年3月15日閲覧。

外部リンク[編集]