13時間 ベンガジの秘密の兵士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
13時間 ベンガジの秘密の兵士
13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi
監督 マイケル・ベイ
脚本 チャック・ホーガン
原作 ミッチェル・ザッコフ
13時間英語版
製作 デン・ニコルズ
アーウィン・ストフ
マイケル・ベイ
出演者 ジョン・クラシンスキー
ジェームズ・バッジ・デール
パブロ・シュレイバー
デヴィッド・デンマン
マックス・マーティーニ
音楽 ローン・バルフ
撮影 ディオン・ビーブ
編集 ピエトロ・スカリア
カルビン・ウィマー
製作会社 3 Arts Entertainment
配給 アメリカ合衆国の旗パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗2016年1月12日(限定)
(AT&Tスタジアム)
アメリカ合衆国の旗2016年1月15日(拡大)
日本の旗劇場未公開
上映時間 144分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

13時間 ベンガジの秘密の兵士』(原題: 13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi)は、2012年に実際に起きた2012年アメリカ在外公館襲撃事件を題材としたミッチェル・ザッコフの書籍『13 Hours: The Inside Account of What Really Happened in Benghazi』を原作とし、マイケル・ベイ監督によってアメリカ合衆国で製作された2016年の戦争映画である。

撮影は2015年4月27日にマルタで始まり、パラマウント映画が2016年1月15日に公開した。日本では劇場公開されずビデオスルーされた。


あらすじ[編集]

2012年、リビアベンガジは世界で最も危険な場所のひとつに指定されていた。各国は過激派の攻撃を恐れ、多くは大使館から職員を退去させる。 しかし、米国のクリストファー・スティーブンス大使ら職員4人が市内へ訪問。予算都合のため護衛が1人もついていない上に、駐在地は大使館ではなく、警備が手薄な領事館であった。

その先に、米国はベンガジにCIAが秘密裏に設置しているアネックス(The Annex)だけを残し、民間軍事請負業者のチーム「G.R.S.(グローバル・レスポンス・スタッフ)」がCIA職員を保護していた。

過去にアメリカ同時多発テロ事件が起きた同日9月11日の夜、アンサール・アル=シャリーアの武装集団によって領事館が攻撃されてしまう。 G.R.S.チームは大使救出を志願するが、アネックスとG.R.S.は事実上存在していない組織となっており、CIA職員らは一貫して待機を強く命じる。 ついに領事館は制圧・放火され、一時的に護衛に就いていたリビア人部隊は逃げだし、セーフルームに隠れていた大使らまでにも被害が拡大。 我慢の限界に達したG.R.S.チームは命令を背き領事館へ向かうが、死闘の「13時間」が始まるのであった。

キャスト[編集]

配役 俳優 日本語吹替
ジャック・“ジャック”・シルバ ジョン・クラシンスキー 綱島郷太郎
タイロン・“ロン”・ウッズ ジェームズ・バッジ・デール 山野井仁
クリス・“タント”・パラント パブロ・シュレイバー 川本克彦
デイヴ・“ブーン”・ベントン デヴィッド・デンマン 木村雅史
マーク・“オズ”・ガイスト マックス・マーティーニ 武田幸史
ジョン・“ティグ”・タイジェン ドミニク・フムザ 杉村憲司
グレン・“ボブ”・ドハティ トビー・スティーブンス 玉野井直樹
ソナ・ジラーニ アレクシア・バルリエ
ボブ デイビット・コスタビル
アマル ペイマン・モアディー
クリストファー・スティーブンス大使 マット・レツシャー
デイブ・ユベン ドミトリアス・グロッセ
スコット・ウィックランド デヴィッド・ジュントーリ
ヴィンセント ケビン・ケント
アレック デイビット・ファー
ウェズリー マイク・モリアーティ
ブリット・ベイナー フレディー・ストローマ
ショーン・スミス外交官 クリストファー・ディングリー
ベッキー・シルバ レン・シュミット

製作[編集]

2014年2月10日、パラマウント映画が3 Arts Entertainmentと会談し、ミッチェル・ザッコフが執筆した『13 Hours: The Inside Account of What Really Happened in Benghazi』の映画権取得を発表。アーウィン・ストフ氏が製作する運びとなった[1]。 また、この映画はベンガジに駐留するアメリカ人を守るために戦った、セキュリティチーム(G.R.S.)の6人のメンバーに焦点を当てている[1]

同年10月29日にマイケル・ベイが指揮・製作することに決定した[2]。 2015年4月27日、主な撮影はマルタモロッコで開始[3][4]。 同年3月、マルタのタカーリに撮影用の大型セットが建設された[5]

配給[編集]

2015年6月30日、パラマウント映画は『13 Hours: The Secret Soldiers of Benghazi』の新タイトルを発表。2016年1月15日に本作を公開[6]。 また、2016年1月12日にテキサス州アーリントンAT&Tスタジアムでプレミア上映され、民間軍事警備員やその他の団体を支援するShadow Warriors Projectに利益をもたらした[7]

脚注[編集]

  1. ^ a b Fleming, Mike, Jr. (2014年2月10日). “Paramount In Talks For Benghazi Attack Film Based On Book By Survivors”. Deadline.com. http://deadline.com/2014/02/paramount-in-talks-for-benghazi-attack-film-based-on-book-by-survivors-680448/ 2015年5月4日閲覧。 
  2. ^ Kit, Borys (2014年10月29日). “Michael Bay in Talks to Direct Benghazi Movie '13 Hours' (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/michael-bay-talks-direct-benghazi-744933 2015年5月4日閲覧。 
  3. ^ Kit, Borys (2015年3月3日). “Michael Bay's '13 Hours' Finds Its Sniper in 'The Office' Actor (Exclusive)”. hollywoodreporter.com. http://www.hollywoodreporter.com/news/michael-bays-13-hours-finds-778913 2015年4月4日閲覧。 
  4. ^ “On the Set for 4/27/15: Jennifer Lawrence Wraps David O. Russell's Joy & Starts on X-Men: Apocalypse”. ssninsider.com. (2015年4月27日). http://www.ssninsider.com/on-the-set-for-42715-jennifer-lawrence-wraps-david-o-russells-joy-starts-on-x-men-apocalypse/ 2015年4月27日閲覧。 
  5. ^ Schembri Orland, Kevin (2015年3月30日). “13 Hours: Michael Bay film set built near Flower Power”. independent.com.mt. http://www.independent.com.mt/articles/2015-03-30/local-news/13-Hours-Michael-Bay-film-set-built-near-Flower-Power-6736132995 2015年5月10日閲覧。 
  6. ^ A. Lincoln, Ross (2015年6月30日). “Paramount’s ’13 Hours’ Benghazi Drama Confirmed For MLK Weekend 2016”. deadline.com. http://deadline.com/2015/06/benghazi-drama-13-hours-benghazi-drama-in-theaters-mlk-2016-1201464746/ 2015年7月2日閲覧。 
  7. ^ Cieplyjan, Michael (2016年1月5日). “‘13 Hours’ Gives Benghazi Attack Cinematic Treatment”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/01/06/movies/13-hours-gives-benghazi-attack-cinematic-treatment.html?ref=movies&referer=http://www.nytimes.com/pages/movies/index.html&nytmobile=0 2016年1月6日閲覧。 

外部リンク[編集]