デビー・レイノルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Debbie Reynolds
デビー・レイノルズ
デビー・レイノルズ
1954年
本名 Mary Frances Reynolds
生年月日 (1932-04-01) 1932年4月1日
没年月日 (2016-12-28) 2016年12月28日(84歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州エルパソ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス[1]
職業 女優声優
配偶者 エディ・フィッシャー (1955-1959)
Harry Karl (1960-1973)
Richard Hamlett (1984-1996)
著名な家族 娘:キャリー・フィッシャー(女優)
孫娘:ビリー・ラード(女優)
テンプレートを表示

デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds、[- rénəldz][2][3]1932年4月1日 - 2016年12月28日[4][1])は、アメリカ合衆国テキサス州エルパソ出身の女優歌手声優。出生名はMary Frances Reynolds(マリー・フランシス・レイノルズ)。

来歴[編集]

アイ・ラブ・メルヴィン』(1953年) 予告編より
晩年のデビー (2013年)

16歳のとき、当時住んでいたカリフォルニア州バーバンクでミス・バーバンクに選ばれ、ワーナー・ブラザースと契約。

ワーナー・ブラザースの映画2本で端役を演じた後、メトロ・ゴールドウィン・メイヤーと契約。1950年にフレッド・アステアの映画に出演。その2年後、ジーン・ケリーのミュージカル『雨に唄えば』に抜擢され、一躍スターとなった。1957年、『タミーと独身者』の中で歌った主題歌「タミー英語版」が全米5週連続1位の大ヒットとなり、アカデミー音楽賞にノミネートされる。

その後も『年頃ですモノ!』『恋に税金はかからない』『ママは二挺拳銃』などのヒット映画に多く出演し、タイタニック号の生存者で実在のモリー・ブラウンを演じた1964年の『不沈のモリー・ブラウン』ではアカデミー主演女優賞にノミネートされた。

また1960年代マネー・メーキング・スターの5位に2度選出されるなど、人気女優の一人として長い期間活躍した。

3度結婚しており、最初の夫であった歌手のエディ・フィッシャーとの間の娘は女優のキャリー・フィッシャーである。

1990年にはキャリーの自伝小説を映画化した『ハリウッドにくちづけ』が製作され、シャーリー・マクレーンメリル・ストリープが母娘を演じた。

「オズの魔法使い」の靴など、ハリウッド映画で使われた有名な衣装類を、個人的にコレクションしており、それらの品を飾る「ハリウッド博物館」の開館を目指していたが、実現できなかった。

2014年、全米映画俳優組合賞生涯功労賞を受賞。

2015年、第7回ガバナーズ賞でジーン・ハーショルト友愛賞を受賞[5]

2016年12月28日、脳梗塞でロサンゼルスの病院に緊急搬送されたが、亡くなった。84歳没。息子のトッドは娘のキャリーが前日27日に急死したことのストレスに耐えられなかったのだろうと思うとコメントした[1]

カンヌ映画祭で5月14日に上映されていた、デビーとキャリーを扱ったドキュメンタリー『Bright Lights: Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds』が、アメリカで2017年1月7日にHBOで放送された[6][7]。日本国内のスター・チャンネルで放送された邦題は『キャリー・フィッシャー ~星になった母娘~』[8]。配信タイトルは『ブライト・ライツ:キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ主演』[9]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ映画[編集]

  • ハロウィーンタウン3 カーニバルは大騒動 Halloweentown High (2004)
  • ハロウィーンタウン4 ウィッチ大学へようこそ Return to Halloweentown (2006)

アニメ映画[編集]

テレビアニメ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “米女優デビー・レノルズさん急死 娘キャリー・フィッシャーさん死去の翌日”. BBC. (2016年12月29日). http://www.bbc.com/japanese/38456377 2016年12月29日閲覧。 
  2. ^ 『固有名詞英語発音辞典』大塚高信(編)、三省堂、2009年。ISBN 978-4385151960
  3. ^ Pronunciation of Reynolds”. inogolo. 2012年10月18日閲覧。
  4. ^ “Debbie Reynolds, Wholesome Ingénue in 1950s Films, Dies at 84”. ニューヨーク・タイムズ. (2016年12月28日). http://www.nytimes.com/2016/12/28/movies/debbie-reynolds-dead.html 2016年12月29日閲覧。 
  5. ^ ガバナーズ賞授賞式にアカデミー賞候補が結集”. 映画.com (2015年11月17日). 2015年11月17日閲覧。
  6. ^ 年末に急逝したキャリー・フィッシャー&母デビー・レイノルズ、親子のドキュメンタリー映像予告編公開”. TVGroove. 株式会社TVグルーヴ・ドット・コム (2017年1月5日). 2021年1月19日閲覧。
  7. ^ キャリー・フィッシャー、デビー・レイノルズ (2017年1月4日). Bright Lights: Starring Carrie Fisher and Debbie Reynolds (HBO Documentary Films) (YouTube). HBODocs.. https://www.youtube.com/watch?v=K97Rthh-qmk 2021年1月19日閲覧。 
  8. ^ キャリー・フィッシャー~星になった母娘~”. スター・チャンネル. 株式会社スター・チャンネル. 2021年1月19日閲覧。
  9. ^ 角安蘭 (2019年5月22日). “間違いなしの神配信映画『ブライト・ライツ:キャリー・フィッシャーとデビー・レイノルズ主演』Amazon Prime Video”. シネマトゥデイ. 株式会社シネマトゥデイ. 2021年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]