ダコタ・ジョンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダコタ・ジョンソン
Dakota Johnson
Dakota Johnson
 2018年
本名 Dakota Mayi Johnson
生年月日 (1989-10-04) 1989年10月4日(32歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州オースティン
職業 ファッションモデル女優
活動期間 1999年 -
著名な家族 母:メラニー・グリフィス
父:ドン・ジョンソン
祖母:ティッピ・ヘドレン
祖父:ピーター・グリフィス英語版
継父:アントニオ・バンデラス
主な作品
フィフティ・シェイズ』シリーズ
サスペリア
ザ・ピーナッツバター・ファルコン
ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢
テンプレートを表示

ダコタ・ジョンソンDakota Johnson 1989年10月4日[1] - )は、アメリカ合衆国女優ファッションモデル

生い立ち[編集]

俳優ドン・ジョンソンと女優メラニー・グリフィスの間の娘としてテキサス州オースティンで生まれる。母方の祖母は女優ティッピ・ヘドレンで、祖父は広告会社の幹部で元子役俳優ピーター・グリフィス英語版。メラニーの再婚相手の一人である俳優アントニオ・バンデラスは義父にあたる[2]

主にコロラド州アスペンで育ち、アスペン・コミュニティ・スクールに通う[3]、熱心な子供ダンサーであった。12歳の頃にファッション誌『ティーン・ヴォーグ』で他の有名人の子供たちと一緒に写真撮影したあとモデル活動に興味を持つようになる[3]

キャリア[編集]

1999年、10歳の頃、彼女は異父妹ステラ・バンデラスとともに、2人の実の母親メラニー・グリフィスの娘を演じたコメディドラマ映画『クレイジー・イン・アラバマ』で映画デビューを果たす。同映画は継父アントニオ・バンデラスによって監督された。

彼女は2006年度のミス・ゴールデングローブに選ばれ、グローブ史上初の2世代にわたるミス・ゴールデングローブ獲得者(1975年度の栄冠はメラニー・グリフィス)[4][5]となった。

2006年にはIMGモデルと契約した[3]。2009年にはスペインの服飾ブランドMangoでモデル活動[6]を行った。2010年にはファッションブランドWishの「Rising Star」キャンペーンの撮影のためオーストラリアシドニーを訪れた。

高校を卒業したダコタは、ウィリアム・モリス・エージェンシーと契約し、演技キャリアを始めた。2010年にデヴィッド・フィンチャー監督のヒット作映画『ソーシャル・ネットワーク』に出演した。本作はアカデミー賞作品賞を含む8つのノミネートを獲得した。すぐに彼女は多くの映画に登場していった。ダニエル・バーンズ監督の恋愛ファンタジー映画『ビーストリー[7]、エズナ・サンズの映画『Theo[8]、ソ・ヨング・キムの映画『For Ellen』、ラリー・クラーク監督の映画『Savage Innocent』などの作品にそれぞれ出演した[6]。 2012年にはデイヴィッド・ドゥカヴニーケリー・ラッセルヴェラ・ファーミガと共演のクリストファー・ニール監督の映画『Goats』、製作者ジャド・アパトーでニコラス・ストーラー監督の映画『憧れのウェディング・ベル』、1987年のヒットテレビシリーズの長編映画版『21ジャンプストリート』などに出演した[9]。また、アラン・ヤンによって書かれたクリス・ネルソンの映画『Gay Dude』で主演女優となった[10]

彼女にとって最初のテレビシリーズとなった『Ben & Kate』でケイトとして主役な役柄を果たした。本作は2013年に約4ヶ月間1シーズン放映されたが、後に打ち切られた。ダコタはすぐに映画『ニード・フォー・スピード』のキャストに参加して、映画キャリアを再開した[11]。また、ウィリアム・シェイクスピアの戯曲シンベリンの映画化でもキャストされた[12]。2013年、彼女は新入社員役の一人としてテレビシリーズ『ジ・オフィス』のフィナーレにカメオ出演した。

2015年

2015年の2月に公開された『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』では、オーディションを受けて主役を勝ち取り、ヌードやラブシーンなどの難度の高い演技にチャレンジし話題になった。ダコタは、両親のドン・ジョンソンメラニー・グリフィスは、サポーティブであるが今回の映画だけは見せたくない、そして両親も見ないと言っていると数々のインタビューで答えている。本作により、ピープルズ・チョイス・アワードのドラマ映画女優賞を受賞し、英国アカデミー賞のライジング・スター・アワード2016にノミネートされた。

私生活[編集]

イギリスのモデル・歌手であるマシュー・ヒットと交際していた[13]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
1999 クレイジー・イン・アラバマ
Crazy in Alabama
ソンドラ 小林沙苗
2010 ソーシャル・ネットワーク
The Social Network
アメリア・リッター
2011 ビーストリー
Beastly
スローン・ハーゲン
2012 For Ellen シンディ・テイラー N/A
Goats ミニー N/A
21ジャンプストリート
21 Jump Street
Fugazy
憧れのウェディング・ベル
The Five-Year Engagement
オードリー
2014 僕達のヴァージン白書
Date and Switch
エム (吹き替え版なし)
ニード・フォー・スピード
Need for Speed
アニータ 小林未沙
アナーキー
Cymbeline
イモージェン 合田絵利
2015 フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ
Fifty Shades of Grey
アナスタシア・スティール 白石涼子
ブラック・スキャンダル
Black Mass
リンジー・シル
Chloe and Theo Chloe N/A
胸騒ぎのシチリア
A Bigger Splash
ペン 日本公開は2016年11月[14] 松井暁波
2016 ワタシが私を見つけるまで
How to Be Single
アリス (吹き替え版なし)
2017 フィフティ・シェイズ・ダーカー
Fifty Shades Darker
アナスタシア・スティール 白石涼子[15]
2018 フィフティ・シェイズ・フリード
Fifty Shades Freed
アナスタシア・グレイ
サスペリア
Suspiria
スージー・バニヨン 嶋村侑
ホテル・エルロワイヤル
Bad Times at the El Royale
エミリー 瀬戸麻沙美
2019 ワウンズ: 呪われたメッセージ
Wounds
キャリー 嶋村侑
ザ・ピーナッツバター・ファルコン
The Peanut Butter Falcon
エレノア 遠藤綾
Our Friend/アワー・フレンド
Our Friend
ニコル・ティーグ
2020 The Nowhere Inn 本人役
ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢
The High Note
マギー・シャーウッド 沢城みゆき
2021 The Lost Daughter ニーナ ポストプロダクション
2022 Persuasion Anne Elliot ポストプロダクション
TBA Am I Ok? ルーシー 兼製作
ポストプロダクション

テレビ[編集]

邦題/原題 役名 備考 吹き替え
2012-2013 Ben & Kate
Ben and Kate
ケイト・フォックス メインキャスト
計16話出演
2013 ジ・オフィス
The Office
ダコタ 第9シーズン第24/25話
2015 サタデー・ナイト・ライブ
Saturday Night Live
本人 Dakota Johnson/Alabama Shakes

脚注[編集]

  1. ^ Dakota Johnson: Biography”. TVGuide.com. 2013年9月2日閲覧。
  2. ^ Melanie Griffith and Dakota Johnson – Like Mother, Like Daughter – Hollywood's Hottest Moms”. InStyle. 2011年10月18日閲覧。
  3. ^ a b c “Interview”. Aspen Peak (Winter 2008/Spring 2009): p. 146. オリジナルの2010年4月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100412085202/http://www.aspenpeak-magazine.com/cover_story.html 2013年2月18日閲覧。 
  4. ^ Miss/Mr. Golden Globe”. HFPA. 2011年10月18日閲覧。
  5. ^ Dakota Johnson Selected as 2006 Miss Golden Globe at 63rd Annual Golden Globe Awards to Be Telecast Live on NBC on Jan. 16; First Daughter of a Former Miss Golden Globe Ever to Be Chosen”. Findarticles.com. 2012年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年10月18日閲覧。
  6. ^ a b Dakota Johnson”. Interview Magazine. 2011年10月18日閲覧。
  7. ^ MANGO blog”. Mango.com (2011年10月14日). 2011年10月18日閲覧。
  8. ^ Dakota Johnson”. Thelast-magazine.com (2010年10月25日). 2011年10月18日閲覧。
  9. ^ Kroll, Justin (2011年5月3日). “Dakota Johnson books trio of roles”. Variety. 2011年10月18日閲覧。
  10. ^ Kroll, Justin (2011年8月9日). “Dakota Johnson woos 'Gay Dude'”. Variety. 2011年10月18日閲覧。
  11. ^ Puchko, Kristy (2013年2月7日). “Ben And Kate's Dakota Johnson Feels The Need For Speed”. Cinema Blend. http://www.cinemablend.com/new/Ben-Kate-Dakota-Johnson-Feels-Need-Speed-35612.html 2013年2月18日閲覧。 
  12. ^ http://www.broadwayworld.com/bwwmovies/article/Anton-Yelchin-Dakota-Johnson-Set-for-Modern-Day-CYMBELINE-Adaptation-20130812
  13. ^ ダコタ・ジョンソンが破局!”. Elle Online (2016年6月9日). 2016年12月7日閲覧。
  14. ^ “ティルダ・スウィントン主演、シチリア島を舞台にした男女4人夏物語”. 映画ナタリー. (2016年8月14日). http://natalie.mu/eiga/news/198069 2016年8月17日閲覧。 
  15. ^ 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』Blu-ray&DVD11月8日発売、津田健次郎、白石涼子よりコメント到着”. 映画ランド (2017年11月8日). 2021年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]