エフティミス・フィリップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エフティミス・フィリップ
Efthymis Filippou
別名義 Efthimis Filippou
生年月日 (1977-01-18) 1977年1月18日(40歳)
出生地 ギリシャの旗 ギリシャ アテネ アハルネス英語版
職業 脚本家
活動期間 2001年 - 活動中

エフティミス・フィリップEfthymis "Efthimis" Filippou, 1977年1月18日 - )は、ギリシャの脚本家である。ヨルゴス・ランティモスとのコラボレーションで知られており、2011年に彼と共に第68回ヴェネツィア国際映画祭金オゼッラ賞を獲得した。またランティモスと共同執筆した『ロブスター』により第89回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた。

主なフィルモグラフィ[編集]

日本語題
原題
クレジット 備考
2009 籠の中の乙女
Κυνόδοντας
脚本
2011 Άλπεις 脚本
2012 L 脚本
2015 ロブスター
The Lobster
脚本 「Efthimis Filippou」表記[1][2]
ストロングマン
Chevalier
脚本
2017 The Killing of a Sacred Deer 脚本

参考文献[編集]

  1. ^ Why We Need More Movies Like 'Chevalier'”. 2017年5月5日閲覧。
  2. ^ Morris, Wesley (2017年1月6日). “These Movie Scenes Might Not Be Important, but They’re Pretty Great”. The New York Times. 2017年5月5日閲覧。

外部リンク[編集]