LION/ライオン 〜25年目のただいま〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
LION/ライオン
〜25年目のただいま〜
Lion
監督 ガース・デイヴィス英語版
脚本 ルーク・デイヴィーズ英語版
原作 サルー・ブライアリー英語版
ラリー・バットローズ英語版
『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』
製作
製作総指揮
アンドリュー・フレイザー
ダニエル・レヴィン
アンドリュー・マッキー
シェイヘン・メカーティシアン
リチャード・ペイテン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者
音楽
主題歌Never Give Up」(シーア
撮影 グリーグ・フレイザー
編集 アレクサンドル・デ・フランチェスキ
製作会社
シー・ソー・フィルムズ英語版
アクエリアス・フィルムズ
スクリーン・オーストラリア英語版
サンスター・エンターテインメント
ワインスタイン・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
オーストラリアの旗 トランスミッション・フィルムズ
日本の旗 ギャガ
公開 カナダの旗 2016年9月10日 (TIFF)
イギリスの旗 2016年10月12日 (BFI)
アメリカ合衆国の旗 2016年11月25日
オーストラリアの旗 2017年1月19日
日本の旗 2017年4月7日
上映時間 129分[1]
製作国
言語 英語
ヒンディー語
ベンガル語
製作費 $12,000,000
興行収入 世界の旗 $140,312,928[2]
日本の旗 3億8000万円[3]
テンプレートを表示

LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(ライオン25ねんめのただいま、Lion)は、2016年オーストラリアアメリカ合衆国イギリス合作のドラマ映画。サルー・ブライアリー英語版のノンフィクション本『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を原作とし、ルーク・デイヴィーズ英語版が脚本、ガース・デイヴィス英語版が監督を務めている。出演はデーヴ・パテールルーニー・マーラデビッド・ウェナムニコール・キッドマンらである。第41回トロント国際映画祭でプレミア上映された[4]。アメリカ合衆国ではワインスタイン・カンパニー配給で2016年11月25日に封切られた。

約1,200万ドルという予算で製作されたが、全世界で1億ドルを超える興行収入を記録した[2]

第89回アカデミー賞では、作品賞助演男優賞(パテール)、助演女優賞(キッドマン)、脚色賞撮影賞作曲賞の6部門にノミネートされた[5][6]

キャッチコピーは、「迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth[7]

プロット[編集]

5歳の時に両親とはぐれてしまい、オーストラリア人夫婦に引き取られたサルー・ブライアリー英語版Google Earthを使って本当の家族を探し出す。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2013年4月24日、ガース・デイヴィス英語版シー・ソウ・フィルムズ英語版とサンスター・エンターテインメントの下でサルー・ブライアリー英語版の回想録『25年目の「ただいま」 5歳で迷子になった僕と家族の物語』を基にした映画で監督デビューする予定であることが発表された[12][13]。物語は電車を乗り違えて自宅から数千マイル離れた場所で迷子となった5歳のインド人少年であるブライアリーを中心に展開される。彼はオーストラリア人夫婦の養子となり、それから25年後にGoogle Earthを駆使して実の両親を探し出す[13][14]。2014年5月、ワインスタイン・カンパニーは1200万ドルで『Lion』と題されたこのサバイバルドラマ映画の世界配給権を獲得した[14]。書籍の脚本化はルーク・デイヴィーズ英語版が担当し、スクリーン・オーストラリアとフルクラム・メディア・ファイナンスが共同出資し、シー・ソウ、サンスター、アクエリアス・フィルムズが製作する。プロデューサーとしてはイアン・カニング、アンジー・フィールダー、エミール・シャーマンが参加する[14]。2014年10月、デーヴ・パテールニコール・キッドマンが主役にキャスティングされた[8]。2015年1月、ナワーズッディーン・シッディーキープリヤンカー・ボーズ英語版タニシュタ・チャテルジー英語版ディープティ・ナヴァル英語版がキャストに加わった[11]。2015年4月、ルーニー・マーラデビッド・ウェナム、ディヴィアン・ラドワが加わった[10]。またパラビ・シャーダ英語版がサルーの友人役で加わった[12]。映画音楽はフォルカー・ベルテルマンダスティン・オハロラン英語版が作曲する[15]

撮影[編集]

主要撮影は2015年1月よりインドのコルカタで始まった[11]。4月半ば、撮影はオーストラリアへと移り、メルボルンホバートで行われた。キッドマンの場面はオーストラリアで撮影された[10][16]

公開[編集]

ワールド・プレミアは2016年9月10日にトロント国際映画祭で行われた[17]。2016年9月22日にはチューリッヒ映画祭英語版でオープニング・ナイト作品を務めた[18]。さらに2016年10月12日にはロンドン映画祭で上映された[19]。北米での劇場公開は2016年11月25日[20]。オーストラリアでは2017年1月19日に封切られた[21]

評価[編集]

本作は第41回トロント国際映画祭で初上映され、批評家・観客双方から高く評価されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには169件のレビューがあり、批評家支持率は88%、観客支持率は92%となっている。特に、パテールとキッドマンに対しての賞賛が多く寄せられていて、映画自体は「才能あるキャストの心のこもった演技と実話がもたらす迫力、それを装飾するリアルな生活風景の魅力があふれ出る良作である」と賞賛された[22]

受賞とノミネート[編集]

第89回アカデミー賞では、作品賞を含む6部門にノミネートされた[5][6]。またゴールデングローブ賞では4部門、放送映画批評家協会賞では6部門にノミネートされ、各組合賞でも候補に挙がった[23][24][25]

2017年のオーストラリア映画協会賞では最多12部門にノミネートされ、12部門受賞(ノミネートされた部門ですべて受賞)を果たした。

監督のガース・デイヴィス英語版は初監督作品ながら、全米監督組合賞で2部門にノミネートされるなど(監督賞では、『ハクソー・リッジ』のメル・ギブソン、『沈黙 -サイレンス-』のマーティン・スコセッシらを抑えての候補入り)、高い評価を得た[26]。このうち、第一回作品監督賞を受賞した。

スー・ブライアリーを演じたニコール・キッドマンは、ハリウッド映画賞助演女優賞やオーストラリア映画協会賞助演女優賞(国際部門)など数々の賞を受賞した[27][28]。また自身6年ぶり通算4度目のアカデミー賞ノミネート[5][6](初の助演部門)を果たした。

部門 候補 結果
アカデミー賞[5][6] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
撮影賞 グリーグ・フレイザー ノミネート
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
英国アカデミー賞[29] 助演男優賞 デーヴ・パテール 受賞
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ 受賞
撮影賞 グリーグ・フレイザー ノミネート
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
オーストラリア映画協会賞[30] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
監督賞 ガース・デイヴィス 受賞
主演男優賞 サニー・パワール 受賞
助演男優賞 デーヴ・パテール 受賞
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ 受賞
撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
編集賞 アレクサンドル・デ・フランチェスキ 受賞
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン 受賞
録音賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
美術賞 クリス・ケネディー 受賞
衣装デザイン賞 カピー・アイルランド 受賞
オーストラリア映画協会賞(国際部門)[31] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
監督賞 ガース・デイヴィス ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール 受賞
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
脚本賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
ゴールデングローブ賞[23][32] 作品賞(ドラマ部門) 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
全米映画俳優組合賞[33] 助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
全米製作者組合賞[34] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
全米監督組合賞[35] 監督賞 ガース・デイヴィス ノミネート
監督賞(第一回作品) ガース・デイヴィス 受賞
全米撮影監督組合賞[36] 撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
全米美術監督組合賞[37] 現代映画部門 クリス・ケネディー ノミネート
全米衣装デザイナー組合賞[38] 衣装デザイン賞(コンテンポラリー) カピー・アイルランド ノミネート
全米音響効果監督組合賞[39] 音響効果賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
放送映画批評家協会賞[40] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
若手俳優賞 サニー・パワール ノミネート
サテライト賞[41] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
編集賞 アレクサンドル・デ・フランチェスキ ノミネート
アメリカキャスティング協会賞[42] スタジオ/インディペンデント ドラマ作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
USCスクリプター賞[43] 脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
カプリ・ハリウッド国際映画祭[44] ヒューマニタリアン賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
助演男優賞 デーヴ・パテール 受賞
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
脚色賞 サルー・ブライアリー、ルーク・デイヴィーズ 受賞
カプリ平和賞 “Never Give Up” (シーア) 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞[45] 脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
若手俳優賞 サニー・パワール ノミネート
サンディエゴ映画批評家協会賞[46] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
デンヴァー映画批評家協会賞[47] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ノースカロライナ映画批評家協会賞[48] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ジョージア映画批評家協会賞[49] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
ハワイ映画批評家協会賞[50] 助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
アフリカン・アメリカン映画批評家協会賞[51] 作品トップ10 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 4th Place
オンライン映画&テレビジョン協会賞[52] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
若手俳優賞 サニー・パワール 受賞
脚色賞 ルーク・デイヴィーズ ノミネート
第一回作品賞 ガース・デイヴィス 受賞
国際シネフィル協会賞[53] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
オンライン国際映画賞[54] 助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
ゴールデンカメラ賞[55] 国際女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
大人のための映画賞[56] 作品賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
助演女優賞 ニコール・キッドマン ノミネート
世代間映画賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 ノミネート
シンユーフォリア賞[57] 主演男優賞(観客賞) デーヴ・パテール 受賞
助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
ハリウッド映画賞 助演女優賞 ニコール・キッドマン 受賞
アジア太平洋映画賞 主演男優賞 デーヴ・パテール ノミネート
特別賞 サニー・パワール 受賞
ハミルトン ビハインド・ザ・カメラ・アワード ブレイクスルー脚本賞 ルーク・デイヴィーズ 受賞
ハリウッド・ミュージック・イン・メディア・アワード 作曲賞 ダスティン・オハロラン、フォルカー・ベルテルマン ノミネート
トロント国際映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 2nd Place
パームスプリングス国際映画祭[58] 国際スター賞 ニコール・キッドマン 受賞
シカゴ国際映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
キャメリメージ国際映画祭 最優秀撮影賞 グリーグ・フレイザー 受賞
デンバー国際映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
サンタバーバラ国際映画祭[59] ヴァーチュオソス賞 デーヴ・パテール 受賞
ハワイ国際映画祭 作品賞 ガース・デイヴィス 受賞
ミルバレー映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
ハートランド映画祭 作品賞 ガース・デイヴィス 受賞
オースティン映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
ミドルバーグ映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞
バージニア映画祭 観客賞 『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』 受賞

参考文献[編集]

  1. ^ Lion”. Toronto International Film Festival. 2016年7月26日閲覧。
  2. ^ a b Lion (2016)”. Box Office Mojo. 2017年2月26日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.32
  4. ^ Toronto To Open With ‘The Magnificent Seven’; ‘La La Land’, ‘Deepwater Horizon’ Among Galas & Presentations”. Deadline (2016年7月26日). 2016年7月26日閲覧。
  5. ^ a b c d Nordyke, Kimberly (2017年1月24日). “Oscars: 'La La Land' Ties Record With 14 Nominations”. The Hollywood Reporter. http://edit.hollywoodreporter.com/lists/oscar-nominations-2017-complete-list-nominees-960044 2017年1月24日閲覧。 
  6. ^ a b c d “Oscar Nominations: Complete List”. Variety. (2017年1月24日). http://variety.com/2017/film/news/2017-oscar-nominations-academy-awards-nominees-1201968107/ 2017年1月24日閲覧。 
  7. ^ [1]
  8. ^ a b c Roxborough, Scott (2014年10月30日). “AFM: Dev Patel Attached to Star in The Weinstein Co.'s 'Lion' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/afm-dev-patel-attached-star-745027 2016年3月3日閲覧。 
  9. ^ [2]
  10. ^ a b c d e Barraclough, Leo (2015年4月7日). “Rooney Mara Joins Nicole Kidman, Dev Patel in ‘Lion’”. Variety. http://variety.com/2015/film/global/rooney-mara-joins-nicole-kidman-dev-patel-in-cast-of-lion-1201467356/ 2016年3月3日閲覧。 
  11. ^ a b c d e f Frater, Patrick (2015年1月14日). “Nicole Kidman, Dev Patel to Roar in India-set Survival Tale ‘Lion’”. Variety. http://variety.com/2015/film/asia/nicole-kidman-dev-patel-to-roar-in-india-set-survival-tale-lion-1201405538/ 2016年3月3日閲覧。 
  12. ^ a b c “Pallavi Sharda in Dev Patel, Nicole Kidman starrer ‘Lion’”. indianexpress.com. (2015年8月22日). http://indianexpress.com/article/entertainment/hollywood/pallavi-sharda-in-dev-patel-nicole-kidman-starrer-lion/ 2016年3月19日閲覧。 
  13. ^ a b Wiseman, Andreas (2013年4月24日). “Garth Davis to direct See-Saw’s Saroo Brierley biopic”. Screen Daily. http://www.screendaily.com/news/garth-davis-joins-saroo-brierley-biopic/5054198.article 2016年3月19日閲覧。 
  14. ^ a b c Kemp, Stuart (2014年5月19日). “Cannes: 'King's Speech' Producers Snag $12 Million 'Lion' Deal With Weinstein Co.”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/cannes-kings-speech-producers-snag-705574 2016年3月3日閲覧。 
  15. ^ Dustin O'Halloran & Hauschka Scoring Garth Davis's Lion”. Film Music Reporter]] (2016年3月2日). 2016年5月9日閲覧。
  16. ^ “Lion: Tasmanian farmer hosts Nicole Kidman, Dev Patel for filming of Saroo Brierley story”. abc.net.au. (2015年4月14日). http://www.abc.net.au/news/2015-04-14/farmer-hosts-nicole-kidman-for-filming-of-saroo-brierly-story/6391144 2016年3月3日閲覧。 
  17. ^ Raup, Jordan (2016年7月26日). “TIFF 2016 Line-Up Includes ‘Nocturnal Animals,’ ‘La La Land,’ ‘American Pastoral,’ and More”. The Film Stage. 2016年7月26日閲覧。
  18. ^ Tartaglione, Nancy (2016年8月29日). “‘Lion’ To Open Zurich Fest; Canal Plus Vet Alduy Joins Fox TV Distribution – Global Briefs”. Deadline.com. 2016年8月29日閲覧。
  19. ^ Tartaglione, Nancy (2016年8月17日). “Weinstein Co’s ‘Lion’ To Roar As London Film Festival Gala Presentation”. Deadline.com. 2016年8月17日閲覧。
  20. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年3月1日). “Weinstein Co.’s ‘The Founder’ Moves To August; ‘Lion’ To Roar During Thanksgiving Week”. Deadline. http://deadline.com/2016/03/the-founder-lion-release-date-change-weinstein-co-1201712527/ 2016年3月2日閲覧。 
  21. ^ Lion”. Transmission Films. 2016年5月9日閲覧。
  22. ^ Lion (2016)”. Rotten Tomatoes. 2016年12月11日閲覧。
  23. ^ a b Golden Globes 2017: The Complete List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  24. ^ “「ラ・ラ・ランド」がゴールデングローブ賞を席巻、映画部門で最多7部門受賞”. 映画ナタリー. (2017年1月9日). http://natalie.mu/eiga/news/216147 2017年1月10日閲覧。 
  25. ^ La La Land Leads with 12 Nominations for the 22nd Annual Critics' Choice Awards”. Critics' Choice (2016年12月1日). 2016年12月11日閲覧。
  26. ^ DGA TV Awards Nominations: ‘Stranger Things’, ‘Westworld’ & ‘Atlanta’ On List; Docus Include ‘OJ: Made In America’”. Deadline. 2017年1月18日閲覧。
  27. ^ Nicole Kidman, Hugh Grant, Naomie Harris and Lily Collins to be Honored”. Hollywood Film Awards (2016年10月21日). 2016年12月13日閲覧。
  28. ^ [3]
  29. ^ Ritman, Alex (2017年1月9日). “BAFTA Awards: 'La La Land' Leads Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月11日閲覧。
  30. ^ [4]
  31. ^ THR Staff (2016年12月13日). “Australian Academy Unveils Nominees for AACTA International Awards”. The Hollywood Reporter (Prometheus Global Media). http://www.hollywoodreporter.com/news/australian-academy-unveils-nominees-aacta-international-awards-955855 2016年12月21日閲覧。 
  32. ^ “「ラ・ラ・ランド」がゴールデングローブ賞を席巻、映画部門で最多7部門受賞”. 映画ナタリー. (2017年1月9日). http://natalie.mu/eiga/news/216147 2017年1月10日閲覧。 
  33. ^ SAG Awards 2017: The Complete List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2016年12月14日). 2016年12月18日閲覧。
  34. ^ Producers Guild Nominations 2017: ‘La La Land,’ ‘Moonlight,’ ‘Fences’” (2017年1月10日). 2017年1月11日閲覧。
  35. ^ DGA TV Awards Nominations: ‘Stranger Things’, ‘Westworld’ & ‘Atlanta’ On List; Docus Include ‘OJ: Made In America’”. Deadline. 2017年1月18日閲覧。
  36. ^ Sheehan, Paul (2017年1月11日). “American Society of Cinematographers nominations: ‘La La Land,’ ‘Moonlight,’ ‘Arrival,’ ‘Lion,’ ‘Silence’”. Goldderby.com. 2017年1月18日閲覧。
  37. ^ “第21回米美術監督組合賞ノミネート発表”. 映画.com. (2017年1月10日). http://eiga.com/news/20170110/11/ 2017年1月10日閲覧。 
  38. ^ Tschorn, Adam. “'La La Land,' 'Hidden Figures,' 'Nocturnal Animals,' 'The Crown' among nominees for Costume Designers Guild Awards”. latimes.com. 2017年1月18日閲覧。
  39. ^ [5]
  40. ^ La La Land Leads with 12 Nominations for the 22nd Annual Critics' Choice Awards”. Critics' Choice (2016年12月1日). 2016年12月11日閲覧。
  41. ^ Kilday, Gregg (2016年11月29日). “Satellite Awards Nominees Revealed”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  42. ^ Casting Society Unveils 2017 Artios Awards Film Nominees” (2017年1月3日). 2017年1月11日閲覧。
  43. ^ Lewis, Hilary (2017年1月11日). “'Moonlight,' 'Arrival,' 'People v. O.J. Simpson' Among USC Scripter Award Finalists”. The Hollywood Reporter. 2017年1月18日閲覧。
  44. ^ ‘La La Land’ Wins Best Movie At Capri Hollywood Film Festival”. 'Deadline' (2017年1月2日). 2017年1月11日閲覧。
  45. ^ The 2016 WAFCA Awards Nominations” (2016年12月3日). 2016年12月11日閲覧。
  46. ^ Adams, Ryan (2016年12月9日). “San Diego Film Critics Society Nominations 2016”. AwardsDaily.com. 2016年12月11日閲覧。
  47. ^ “Denver Film Critics Society Announce Nominations”. Denver Film Critics Society Awards. (2017年1月9日). http://www.awardsdaily.com/2017/01/09/denver-film-critics-society-announce-nominations/ 2017年1月11日閲覧。 
  48. ^ 2016 North Carolina Film Critics Association Awards — Nominations!”. NCFCA. 2016年12月30日閲覧。
  49. ^ “2016 Georgia Film Critics Association”. Georgia Film Critics Association. (2017年1月10日). http://awardswatch.com/forums/showthread.php?42288-2016-Georgia-Film-Critics-Association 2017年1月11日閲覧。 
  50. ^ “Hawaii Film Critics Society 2016 Nominees List”. Hawaii Film Critics Society. (2017年1月7日). http://hifilmcriticssociety.org/hawaii-film-critics-society-2016-nominees-list/ 2017年1月10日閲覧。 
  51. ^ Nordyke, Kimberly (2016年12月12日). “'Moonlight' Named Best Picture by the African American Film Critics Association”. The Hollywood Reporter. 2016年12月12日閲覧。
  52. ^ [6]
  53. ^ [7]
  54. ^ [8]
  55. ^ [9]
  56. ^ Rahman, Abid (2016年12月15日). “Denzel Washington's 'Fences' Leads Nominations for AARP's Movies for Grownups Awards”. The Hollywood Reporter. 2017年1月11日閲覧。
  57. ^ [10]
  58. ^ Palm Springs International Film Festival Film Awards Gala 2017”. Palm Springs International Film Festival. 2016年12月11日閲覧。
  59. ^ Santa Barbara International Film Festival 2017 Virtuosos Award”. Santa Barbara International Film Festival. 2016年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]