テッド・チャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
テッド・チャン
Ted Chiang
Chiang, Ted (WFA).jpg
テッド・チャン、2007年世界幻想文学会議にて
誕生 Ted Chiang
(1967-10-20) 1967年10月20日(52歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ポート・ジェファーソン
職業 小説家、テクニカル・ライター
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ブラウン大学卒業(1989年コンピュータ・サイエンス専攻)
活動期間 1990年 -
ジャンル SFファンタジー
代表作 『バビロンの塔』(1990年)『あなたの人生の物語』(1998年)
主な受賞歴 ジョン・W・キャンベル新人賞ネビュラ賞シオドア・スタージョン記念賞ローカス賞サイドワイズ賞ヒューゴー賞英国SF協会賞
デビュー作 『バビロンの塔』(1990年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

テッド・チャン (英語: Ted Chiang中国語: 姜峯楠[1]1967年10月20日 - ) は、アメリカ合衆国小説家SF作家である。中国系アメリカ人

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ポート・ジェファーソン生まれ。両親は中国からの移民である。小学校6年生の時にアイザック・アシモフアーサー・C・クラークによるSF小説を好んで読みはじめ、自分でも書くようになった。大学時代にはジーン・ウルフジョン・クロウリー(英:John Crowley)に影響を受け、現在も尊敬しているという。グレッグ・イーガンカレン・ジョイ・ファウラー英:Karen Joy Fowler)も好きな作家として挙げている。ブラウン大学では当初、物理学コンピュータ科学を学んでいたが、最終的にコンピュータ科学に絞り1989年に卒業する。

作家活動[編集]

高校から大学にかけて短編を投稿しつづけたが採用されなかった。大学を卒業した年に、合宿制の創作講座クラリオン・ワークショップに参加し大きな刺激を受ける。講師の一人であったトマス・ディッシュは、チャンの才能を高く評価し、短編『バビロンの塔』(Tower of Babylon)を、当時「オムニ」の編集者だったエレン・ダトロウ(英:Ellen Datlow)に紹介し、翌1990年に掲載され、作家デビューする。

1999年の短編『あなたの人生の物語』(Story of Your Life)で1999年ネビュラ賞中編小説部門受賞、シオドア・スタージョン記念賞受賞。2001年の短編『地獄とは神の不在なり』(Hell Is the Absence of God)で2002年ネビュラ賞・ヒューゴー賞短編小説部門ダブル受賞、2004年星雲賞海外短編部門受賞。

本業はテクニカル・ライターであり、作家専業になるつもりはないと語っている。「書く価値のあるアイディアを思いつかない限り書き始めない」がモットーであり、極端な寡作である。四半世紀に渡る作家活動の中で、作品は中短編が20篇に満たない、

現在、ワシントン州シアトル近郊のベルビュー(英:Bellevue)に住み、フリーランスのテクニカル・ライターとして働いている。小説にするだけの良いアイディアが浮かんだら短い話を書くつもりだと語っている。

2007年、世界SF大会(ワールドコン)日本大会のゲスト作家の一人として初来日した。イベントでは公開インタビューを行ったほか、瀬名秀明主催のパネルに飛び入り参加している。休日は、同行したエレン・ダトロウなどと共に東京宝塚劇場宙組公演の『バレンシアの熱い花』と『宙 FANTASISTA!!』を鑑賞した。

2016年、代表作である『あなたの人生の物語』が、『Arrival』のタイトルで映画化(邦題『メッセージ』)。主演:エイミー・アダムス、監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ。『理解』の映画化も発表されている。

作品世界[編集]

論理的で緻密な構成を得意とする。作品には物理や数学をモチーフにしたものが多い一方、バベルの塔天使などが登場するが、チャンは「現在 無神論者」と答えている。「罪のない人がなぜ苦しまなければいけないのか」という問いに対する満足した答えが宗教の中にみつからないことをその理由としている。これは『地獄とは神の不在なり』の主題にもなっている。チャンは実生活とは関係のない抽象的なレベルでは宗教を興味深いと思っており、作品のベースとなる旧約聖書カバラなどを研究している。また作品によってはチャンがヘブライ語など外国語に詳しい印象を与えるが、幼少の頃に多少中国語を話したが現在はまったく話せず、外国語も高校でラテン語を勉強した程度である。外国語より言語学に興味があると語っており、それは『あなたの人生の物語』に顕著に現れている。

著作[編集]

短編集[編集]

  • Stories of Your Life and Others (2002年) ローカス賞受賞 日本語訳『あなたの人生の物語』 早川書房〈ハヤカワ文庫SF〉、2003年。
    • 「バビロンの塔」Tower of Babylon (1990) 浅倉久志 訳 - 1991年ネビュラ賞受賞
    • 「理解」Understand (1991) 公手成幸 訳 - 1992年アシモフ読者賞受賞
    • 「ゼロで割る」Division by Zero (1991) 浅倉久志 訳
    • あなたの人生の物語Story of Your life (1998) 公手成幸 訳 - 1999年シオドア・スタージョン記念賞、2000年ネビュラ賞受賞
    • 「七十二文字」Seventy-Two Letters (2000) 嶋田洋一 訳 - 2001年サイドワイズ賞受賞
    • 「人類科学の進化」The Evolution of Human Science (2000) 古沢嘉通 訳
    • 「地獄とは神の不在なり」Hell is the Absence of God (2001) 古沢嘉通 訳 - 2002年ヒューゴー賞ローカス賞ネビュラ賞受賞
    • 「顔の美醜について──ドキュメンタリー」Liking What You See: A Documentary (2002) 浅倉久志 訳
  • Exhalation (2019年)  日本語訳『息吹』 大森望 訳、早川書房、2019年。
    • 「商人と錬金術師の門」The Merchant and the Alchemist's Gate (2007) - 2008年ヒューゴー賞ネビュラ賞受賞
    • 「息吹」Exhalation (2008) - 2009年ヒューゴー賞ローカス賞英国SF協会賞受賞
    • 「予期される未来」What's Expected of Us (2005)
    • 「ソフトウェア・オブジェクトのライフサイクル」The Lifecycle of Software Objects (2010)
    • 「デイシー式全自動ナニー」Dacey's Patent Automatic Nanny (2011)
    • 「偽りのない事実、偽りのない気持ち」The Truth of Fact, the Truth of Feeling (2013)
    • 「大いなる沈黙」The Great Silence (2015)
    • 「オムパロス」Omphalos (2019)
    • 「不安は自由のめまい」Anxiety Is the Dizziness of Freedom (2019)

参考文献[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]