第71回アカデミー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
第71回アカデミー賞
開催日 1999年3月21日
会場 ロサンゼルスドロシー・チャンドラー・パビリオン
司会 ウーピー・ゴールドバーグ
ハイライト
作品賞 恋におちたシェイクスピア
最多部門受賞 『恋におちたシェイクスピア』(7)
最多部門
ノミネート
『恋におちたシェイクスピア』(13)
TV放映
放送局 ABC
 < 第70回 アカデミー賞 第72回 > 

第71回アカデミー賞は1999年3月21日に発表・授賞式が行われた。司会はウーピー・ゴールドバーグ。13部門にノミネートされていた『恋におちたシェイクスピア』が作品賞をはじめとする7部門を受賞した。[1]

式典[編集]

式典はロサンゼルスロサンゼルス・ミュージックセンターにあるドロシー・チャンドラー・パビリオンで行われた。この会場では30年以上授賞式が行われてきたが、1999年が最後となり、2000年と2001年がシュライン・オーディトリアム、2002年からはコダック・シアターで行われることになっている。授賞式は4時間2分に渡って行われ、例年よりも長いものとなった。[2]

特別イベントとして、1998年に亡くなったフランク・シナトラと、授賞式の2週間前に亡くなったスタンリー・キューブリックの追悼が行われた。

また、映画監督のエリア・カザンに名誉賞が贈られた。しかし、元共産党員であったカザンは、赤狩りのあった1950年代、友人の映画人達を共産主義者であるとして下院非米活動委員会に密告したため、現在でも裏切り者であるとの見方もあり、彼に対して拍手することを拒んだ映画人の様子も放映された。

候補と受賞の一覧[編集]

太字は受賞である。[3] また、以下での人名表記は

  1. 作品の日本語公式情報およびAMPAS公式サイトの日本版とWOWOWによる授賞式放送での表記に準ずる。
  2. 見当たらない場合はデータベースサイトなどを参考。
  3. それでもない場合は英語表記のままとする。
作品賞 監督賞
主演男優賞 主演女優賞
助演男優賞 助演女優賞
脚本賞 脚色賞
外国語映画賞 歌曲賞
長編ドキュメンタリー映画賞 短編ドキュメンタリー映画賞
短編実写映画賞 短編アニメ映画賞
劇映画音楽賞 ミュージカル・喜劇映画音楽賞
音響編集賞 録音賞
美術賞 撮影賞
メイクアップ賞 衣裳デザイン賞
編集賞 視覚効果賞

アカデミー名誉賞[編集]

アービング・G・タルバーグ賞[編集]

統計[編集]

複数候補:

候補数 作品名
13
恋におちたシェイクスピア
11
プライベート・ライアン
7 エリザベス
ライフ・イズ・ビューティフル
シン・レッド・ライン
4
アルマゲドン
3 ゴッド・アンド・モンスター
カラー・オブ・ハート
トゥルーマン・ショー
2 白い刻印
セントラル・ステーション
シビル・アクション
ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ
マスク・オブ・ゾロ
アウト・オブ・サイト
パーフェクト・カップル
プリンス・オブ・エジプト
シンプル・プラン
奇蹟の輝き

複数受賞:

受賞数 作品名
7
恋におちたシェイクスピア
5
プライベート・ライアン
3
ライフ・イズ・ビューティフル

プレゼンター・パフォーマー[6][7][編集]

プレゼンター[編集]

プレゼンター
Thomas, RandyRandy Thomas アナウンサー
ロバート・レイム (AMPAS 会長) 開会挨拶
ベイシンガー, キムキム・ベイシンガー 助演男優賞
パルトロー, グウィネスグウィネス・パルトロー 美術賞
マイヤーズ, マイクマイク・マイヤーズ メイクアップ賞
フレイザー, ブレンダンブレンダン・フレイザー 短編実写映画賞
フリック
ハイムリック
短編アニメ映画賞
ウィリアムズ, ロビンロビン・ウィリアムズ 助演女優賞
ロック, クリスクリス・ロック 音響編集賞
ヒューストン, アンジェリカアンジェリカ・ヒューストン 録音賞
ハーシェル・グレン, ジョンジョン・ハーシェル・グレン "Historical Figures in Cinema" montage
ローレン, ソフィアソフィア・ローレン 外国語映画賞
ガルシア, アンディアンディ・ガルシア
アンディ・マクダウェル
ミュージカル・喜劇映画音楽賞
デイヴィス, ジーナジーナ・デイヴィス 劇映画音楽賞
トラボルタ, ジョンジョン・トラボルタ フランク・シナトラへのトリビュート
ヘッシュ, アンアン・ヘッシュ Academy Award for Technical Achievementセグメント
ゴードン・E・ソーヤー賞
キャリー, ジムジム・キャリー 編集賞
ケイジ, ニコラスニコラス・ケイジ アービング・G・タルバーグ賞
ニーソン, リーアムリーアム・ニーソン 視覚効果賞
キルマー, ヴァルヴァル・キルマー Gene Autryロイ・ロジャース]へのトリビュート
ハント, ヘレンヘレン・ハント 主演男優賞
アフレック, ベンベン・アフレック
マット・デイモン
短編ドキュメンタリー映画賞
長編ドキュメンタリー映画賞
デ・ニーロ, ロバートロバート・デ・ニーロ
マーティン・スコセッシ
名誉賞 (エリア・カザン)
ゴールドバーグ, ウーピーウーピー・ゴールドバーグ 衣裳デザイン賞
ロペス, ジェニファージェニファー・ロペス 歌曲賞
ベニング, アネットアネット・ベニング In Memoriam
サーマン, ユマユマ・サーマン 撮影賞
ニコルソン, ジャックジャック・ニコルソン 主演女優賞
スピルバーグ, スティーヴンスティーヴン・スピルバーグ スタンリー・キューブリックへのトリビュート
ホーン, ゴールディゴールディ・ホーン
スティーヴ・マーティン
脚色賞
脚本賞
コスナー, ケヴィンケヴィン・コスナー 監督賞
フォード, ハリソンハリソン・フォード 作品賞

パフォーマー[編集]

名前 内容
コンティ, ビルビル・コンティ 編曲 オーケストラ
キャリー, マライアマライア・キャリー
ホイットニー・ヒューストン
パフォーマー ホエン・ユー・ビリーブ」 (プリンス・オブ・エジプト)
エアロスミス パフォーマー "I Don't Want to Miss a Thing" (アルマゲドン)
Joaquín Cortés
セビアン・グローバー
Tai Jiminez
デスモンド・リチャードソン
ラスタ・トーマス[8]
パフォーマー ダンスナンバー
アリソン・ムアアー パフォーマー "A Soft Place to Fall" (モンタナの風に抱かれて)
ガブリエル, ピーターピーター・ガブリエル
ランディ・ニューマン
パフォーマー "That'll Do" (ベイブ/都会へ行く)
ディオン, セリーヌセリーヌ・ディオン
アンドレア・ボチェッリ
パフォーマー "The Prayer" (キャメロット)

In Memoriam[編集]

昨年亡くなった映画人を偲ぶIn Memoriamではアネット・ベニングがプレゼンターを務め、監督のアラン・J・パクラ黒澤明、俳優のE・G・マーシャルスーザン・ストラスバーグジョン・デレクリチャード・カイリーモーリン・オサリヴァンフィル・ハートマンジャン・マレーアリス・フェイロディ・マクドウォールロバート・ヤング、撮影監督のフレディ・ヤング、振付師のジェローム・ロビンスなどの活躍を振り返った。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rosen, Steven (1999年3月22日). “'Love,' not war Best-picture Oscar goes to 'Shakespeare'”. The Denver Post (MediaNews Group): p. A1 
  2. ^ Richmond, Ray (1999年3月21日). “The 71st Annual Academy Awards”. バラエティ (Penske Media Corporation). http://variety.com/1999/tv/reviews/the-71st-annual-academy-awards-1200456888/ 2015年6月27日閲覧。 
  3. ^ 第71回アカデミー賞 (1999) ノミネート・受賞”. oscars.org. 2015年6月27日閲覧。
  4. ^ Goldstein, Patrick (1999年1月15日). “Film Director Elia Kazan to Receive Oscar, Forgiveness”. ロサンゼルス・タイムズ (Tribune Publishing). http://articles.latimes.com/1999/jan/15/news/mn-63836 2015年6月14日閲覧。 
  5. ^ Higgins, Bill (1999年1月10日). “Jewison will receive Thalberg memorial”. バラエティ (Penske Media Corporation). http://variety.com/1999/film/news/jewison-will-receive-thalberg-memorial-1117490051/ 2015年6月14日閲覧。 
  6. ^ “The Scheduled Oscar Lineup”. ロサンゼルス・タイムズ (Tribune Publishing). (1999年3月20日). http://articles.latimes.com/1999/mar/20/entertainment/ca-19021 2015年6月27日閲覧。 
  7. ^ Bona 2002, p. 228
  8. ^ Bona 2002, p. 234

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト
ニュース
分析
その他