第37回ゴールデンラズベリー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゴールデンラズベリー賞 > 第37回ゴールデンラズベリー賞

第37回ゴールデンラズベリー賞は、2016年の映画で最低の作品に贈られる賞である。2017年1月23日にノミネートが発表され、同年2月25日に受賞結果が発表された。

2016年度は映画業界が振るわず駄作が多かったとして、従来は各賞5作品がノミネートされる中で、候補が6作品に拡充され、唯一肯定的な賞である名誉挽回賞は1作品のみであった。

ノミネート一覧[編集]

太字が受賞である。

部門 候補
最低作品賞 ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
ダーティ・グランパ
キング・オブ・エジプト
インデペンデンス・デイ: リサージェンス
ズーランダー NO.2
最低主演男優賞 Dinesh D'Souza - 『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史』
ベン・アフレック - 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
ジェラルド・バトラー - 『キング・オブ・エジプト』『エンド・オブ・キングダム
ヘンリー・カヴィル - 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
ロバート・デ・ニーロ - 『ダーティ・グランパ』
ベン・スティラー - 『ズーランダー NO.2』
最低主演女優賞 Rebekah Turner - 『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史』
ミーガン・フォックス - 『ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
タイラー・ペリー - 『Boo! A Madea Halloween
ジュリア・ロバーツ - 『マザーズ・デイ
ナオミ・ワッツ - 『ダイバージェントFINAL
シェイリーン・ウッドリー - 『ダイバージェントFINAL』
最低助演男優賞 ジェシー・アイゼンバーグ - 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
ニコラス・ケイジ - 『スノーデン
ジョニー・デップ - 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
ウィル・フェレル - 『ズーランダー NO.2』
ジャレッド・レト - 『スーサイド・スクワッド
オーウェン・ウィルソン - 『ズーランダー NO.2』
最低助演女優賞 クリステン・ウィグ - 『ズーランダー NO.2』
ジュリアン・ハフ - 『ダーティ・グランパ』
ケイト・ハドソン - 『マザーズ・デイ』
オーブリー・プラザ - 『ダーティ・グランパ』
ジェーン・シーモア - 『Fifty Shades of Black
セーラ・ウォード - 『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』
最低監督賞 Dinesh D'Souza - 『ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史』
ローランド・エメリッヒ - 『インデペンデンス・デイ: リサージェンス』
タイラー・ペリー - 『Boo! A Madea Halloween
アレックス・プロヤス - 『キング・オブ・エジプト』
ザック・スナイダー - 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
ベン・スティラー - 『ズーランダー NO.2』
最低リメイク・パクリ・続編賞 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
Fifty Shades of Black
インデペンデンス・デイ: リサージェンス
ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>
ズーランダー NO.2
最低スクリーンコンボ賞 ベン・アフレック&「永遠の好敵手(BFF, Baddest Foe Forever)」ヘンリー・カヴィル - 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』
2柱のエジプトの神と人間たち - 『キング・オブ・エジプト』
ジョニー・デップ&吐き気がするほど強烈な衣装 - 『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
かつて尊敬を集めたすべての出演者たち - 『素晴らしきかな、人生
タイラー・ペリー&使い古しのカツラ - 『Boo! A Madea Halloween
ベン・スティラー&「全然面白くない友人(BFF, Barely Funny Friend)」オーウェン・ウィルソン -『ズーランダー NO.2』
最低脚本賞 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
ダーティ・グランパ
キング・オブ・エジプト
ヒラリーのアメリカ、民主党の秘密の歴史
インデペンデンス・デイ: リサージェンス
スーサイド・スクワッド
名誉挽回賞 メル・ギブソン - 『ハクソー・リッジ』の監督

脚注[編集]