コンテンツにスキップ

アデル・ロマンスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アデル・ロマンスキー
Adele Romanski
Adele Romanski
職業 映画プロデューサー
活動期間 2006年 - 活動中
配偶者 ジェームズ・ラクストン
 
受賞
アカデミー賞
作品賞
2016年ムーンライト
その他の賞
インディペンデント・スピリット賞
最優秀作品賞

2018年ビール・ストリートの恋人たち
テンプレートを表示

アデル・ロマンスキーAdele Romanski)は、映画プロデューサーである。『ムーンライト』、『アメリカン・スリープオーバー』などで知られており、特に前者は第89回アカデミー賞で8部門にノミネートされ[1]、ロマンスキーはデデ・ガードナージェレミー・クライナーと共に作品賞を獲得した[2][3]

生い立ちとキャリア

[編集]

フロリダ州ベニス英語版で育つ。2004年にフロリダ州立大学(FSU)を卒業する[4]。SFSU時代はバリー・ジェンキンスと同窓であった[5]。ジェンキンスが監督することとなる『ムーンライト』ではプロデューサーを務め、ロケ地探しやマハーシャラ・アリを推薦するといったことで貢献した[6][7]

2017年1月時点では『Under the Silver Lake』を製作中である。またテレビシリーズ『The Girlfriend Experience』に第2シーズンから製作総指揮として参加する[8]

私生活

[編集]

夫は撮影監督のジェームズ・ラクストンである[9]

フィルモグラフィ

[編集]
日本語題
原題
クレジット 備考
2010 アメリカン・スリープオーバー
The Myth of the American Sleepover
製作 ノミネート - インディペンデント・スピリット賞プロデューサー賞
The Freebie 製作
2012 処刑島 みな殺しの女たち
Black Rock
製作
2013 バッド・マイロ!
Bad Milo!
製作
2014 War Story 共同製作
2016 Kicks 製作
Morris from America 製作
ムーンライト
Moonlight
製作 受賞 - アカデミー賞作品賞
受賞 - ゴールデングローブ賞 映画作品賞 (ドラマ部門)
ノミネート - 英国アカデミー賞作品賞
ノミネート - 全米製作者組合賞劇場映画賞
2017 ミッシング・ガール
Gemini
製作
2020 17歳の瞳に映る世界
Never Rarely Sometimes Always
製作
2022 aftersun/アフターサン
Aftersun
製作
2024 TRUE DETECTIVE
True Detective: Night Country
製作総指揮
ライオン・キング:ムファサ
Mufasa: The Lion King
製作

参考文献

[編集]

外部リンク

[編集]