17歳の瞳に映る世界

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
17歳の瞳に映る世界
Never Rarely Sometimes Always
監督 エリザ・ヒットマン
脚本 エリザ・ヒットマン
製作 サラ・マーフィ
アデル・ロマンスキー
製作総指揮 ローズ・ガーネット
バリー・ジェンキンス
リア・ブーマン
ティム・ヘディントン
アレックス・オルロフスキー
エリカ・ポートノイ
出演者 シドニー・フラニガン
タリア・ライダー
テオドール・ペルラン
ライアン・エッゴールド
音楽 ジュリア・ホルター
主題歌 シャロン・ヴァン・エッテンStaring at a Mountain
撮影 エレーヌ・ルヴァール
編集 スコット・カミングス
製作会社 タンゴ・エンターテインメント
BBCフィルムズ
シネリーチ
パステル
マットレッサ・ムービーズ
配給 アメリカ合衆国の旗フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗パルコ,ビターズ・エンド
公開 アメリカ合衆国の旗2020年3月13日
日本の旗2021年7月
上映時間 101分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 世界の旗$16,565[2]
テンプレートを表示

17歳の瞳に映る世界』(原題:Never Rarely Sometimes Always)は2020年に公開されたアメリカ合衆国合作のドラマ映画である。監督はエリザ・ヒットマン、主演はシドニー・フラニガンが務めた。

ストーリー[編集]

17歳のオータム・キャラハンは自身が妊娠した可能性を疑い、近くの危機妊娠センター[注 1]へ向かった。検査の結果、オータムは妊娠10週目を迎えていることが分かった。オータムが中絶を考えていることを察したセンターの職員は、中絶反対派が製作したビデオを鑑賞させた。

決意が揺らぐことはなかったオータムだったが、彼女が住むペンシルベニア州では、未成年が親の同意なしに中絶手術を受けることが禁止されていた。やむなく、オータムはインターネットで見つけたいくつかの方法で中絶を試みたが、どれも失敗に終わる。アルバイト先でのオータムの異変に気づいた従姉のスカイラーは、仕事場から金を盗み出し、二人で未成年でも自分の意志で中絶することが認められるニューヨークへ行くことにした。長距離バスでの移動中、2人は若い男性(ジャスパー)に話しかけられた。スカイラーはしつこく口説いてくるジャスパーにうんざりさせられた。

ニューヨークの産婦人科で再度検査を受けたところ、オータムは妊娠10週目ではなく妊娠18週目に突入していることが判明した。危機妊娠センターは実にいい加減な診断を下していたのである[注 2]。そのため、オータムは設備のより充実した別の病院を紹介され、翌日まで手術を待つ羽目になった。何とも不愉快な夜だったが、2人は地下鉄に乗ったりゲームセンターで遊んだりして時間を潰した。翌朝、オータムは紹介された病院でまたしても困難に直面することとなった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2019年2月、本作の主要撮影がニューヨークで始まった[3]。12月18日、ジュリア・ホルターが本作で使用される楽曲を手掛けることになったと報じられた[4]。2020年3月13日、バック・ロット・ミュージックが本作のサウンドトラックを発売した[5]

公開[編集]

2019年4月15日、フォーカス・フィーチャーズが本作の全米配給権を獲得したとの報道があった[6]。2020年1月24日、本作はサンダンス映画祭でプレミア上映され[7]、ネオ・リアリズム特別賞を受賞した[8]。2月25日、第70回ベルリン国際映画祭で本作の上映が行われ[9]、ヒットマンが銀熊賞を受賞した[10]。3月13日、本作はアメリカで劇場公開された。しかし、同月中旬、新型コロナウイルスの感染が拡大したため、国内の映画館のほとんどが休業に追い込まれた。それを受けて、配給元のフォーカス・フィーチャーズは4月3日に本作の配信を開始した[11]

マーケティング・興行収入[編集]

2019年12月19日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[12]。2020年3月13日、本作は全米4館で限定公開され、公開初週末に1万6285ドル(1館当たり4071ドル)を稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場42位となっている[13]

評価[編集]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには172件のレビューがあり、批評家支持率は99%、平均点は10点満点で8.59点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「演技・演出は実に見事なものである。『17歳の瞳に映る世界』を鑑賞すれば、エリザ・ヒットマン監督が極めて豊かな感受性とずば抜けた洗練度合いを兼ね備えていることを再確認できる。」となっている[14]。また、Metacriticには31件のレビューがあり、加重平均値は91/100となっている[15]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 医療施設のような印象を持たれるが、主にキリスト教と関連を持つ非営利組織の一種で、望まぬ妊娠に対して中絶以外の選択肢を選ぶようピアカウンセリングなどを行う団体の総称。
  2. ^ 中絶反対の立場をとる危機妊娠センターは誤った情報を度々提供することがアメリカ合衆国では問題となっている。

出典[編集]

  1. ^ 17歳の瞳に映る世界”. 2021年3月14日閲覧。
  2. ^ Never Rarely Sometimes Always (2020)”. The Numbers. 2020年5月22日閲覧。
  3. ^ 'Never, Rarely, Sometimes, Always'”. Backstage.com (2019年1月15日). 2020年5月22日閲覧。
  4. ^ Julia Holter Scoring Eliza Hittman’s ‘Never Rarely Sometimes Always’”. Film Music Reporter (2019年12月18日). 2020年5月22日閲覧。
  5. ^ ‘Never Rarely Sometimes Always’ Soundtrack Details”. Film Music Reporter (2020年3月12日). 2020年5月22日閲覧。
  6. ^ Focus Features, ‘Moonlight’ Outfit Pastel & BBC Films Team For Eliza Hittman Drama ‘Never Rarely Sometimes Always’”. Deadline.com (2019年4月15日). 2020年5月22日閲覧。
  7. ^ Sundance Unveils Female-Powered Lineup Featuring Taylor Swift, Gloria Steinem, Abortion Road Trip Drama”. Hollywood Reporter (2019年12月4日). 2020年5月22日閲覧。
  8. ^ Sundance Film Festival Awards: ‘Minari’ Scores Double Top Honors – The Complete Winners List”. Deadline.com (2020年2月1日). 2020年5月22日閲覧。
  9. ^ Berlin Competition Lineup Revealed: Sally Potter, Kelly Reichardt, Eliza Hittman, Abel Ferrara”. Variety (2020年1月29日). 2020年5月22日閲覧。
  10. ^ ‘There Is No Evil,’ ‘Never Rarely Sometimes Always’ Win Big At The Berlin Film Festival”. The Playlist (2020年2月29日). 2020年5月22日閲覧。
  11. ^ Focus Features Sends ‘Never Rarely Sometimes Always’ Straight to Premium on Demand — Exclusive”. Indiewire (2020年3月27日). 2020年5月22日閲覧。
  12. ^ NEVER RARELY SOMETIMES ALWAYS - Official Trailer HD - At Home On Demand April 3”. YouTube (2019年12月19日). 2020年5月22日閲覧。
  13. ^ Domestic 2020 Weekend 11 March 13-15, 2020”. Box Office Mojo. 2020年5月22日閲覧。
  14. ^ Never Rarely Sometimes Always”. Rotten Tomatoes. 2020年5月22日閲覧。
  15. ^ Never Rarely Sometimes Always (2020)”. Metacritic. 2020年5月22日閲覧。

外部リンク[編集]