ムーンライト (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムーンライト
Moonlight
監督 バリー・ジェンキンス
原案 タレル・アルヴィン・マクレイニー英語版
原作 タレル・アルヴィン・マクレイニー
"In Moonlight Black Boys Look Blue"[1]
製作
製作総指揮 ブラッド・ピット[2]
出演者
音楽 ニコラス・ブリテル英語版
撮影 ジェームズ・ラクストン英語版
編集
製作会社
配給 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国:A24
日本の旗 日本ファントム・フィルム
公開
上映時間 111分[4]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 150万ドル[5][6]
興行収入 2,510万ドル[7]
テンプレートを表示
画像外部リンク
en:Moonlight (2016 film).png
? 劇場公開時のポスター

ムーンライト』(: Moonlight)は、2016年に公開されたアメリカ合衆国のドラマ映画。タレル・アルヴィン・マクレイニー英語版による "In Moonlight Black Boys Look Blue" を原案としており、監督はバリー・ジェンキンスが務め、脚本はマクレイニーとジェンキンスの共作で執筆された。出演者は、トレヴァンテ・ローズ英語版アンドレ・ホランド英語版ジャネール・モネイアシュトン・サンダース英語版ナオミ・ハリスマハーシャラ・アリほか。

作品は2015年からフロリダ州マイアミで撮影され、2016年9月2日テルライド映画祭でワールド・プレミアを迎えた。A24英語版配給の元、同年10月21日にアメリカ合衆国で公開され、世界で2,300万ドルの興行収入を得ている。日本公開は2017年3月31日(配給はファントム・フィルム)。

第74回英語版ゴールデン・グローブ賞では映画部門 作品賞 (ドラマ部門)を獲得したほか、5部門にノミネートされた。同年の第89回アカデミー賞では8部門でノミネートを受け、作品賞助演男優賞(マハーシャラ・アリ)、脚色賞を受賞している。

あらすじ[編集]

1.リトル[編集]

シャロン(演:アレックス・ヒバート)は、「リトル」という渾名を付けられた、恥ずかしがり屋で引っ込み思案の男の子である。彼はいじめっ子たちから隠れているところを、キューバ人クラック・コカイン売人であるフアン(演:マハーシャラ・アリ)に見つけられ、フアンはシャロンを、自分とガールフレンドのテレサ(演:ジャネール・モネイ)が暮らす家へ連れて行く。夕食と一夜の宿を許された後、シャロンは心を開くようになる。翌朝フアンは、感情的で虐待する母ポーラ(演:ナオミ・ハリス)の元へシャロンを送り返す。

シャロンには、クラスメートのケヴィン(演:ジェイデン・パイナー)しか友人がいない。シャロンとフアンは多くの時間を共に過ごすようになるが、ある日フアンは、シャロンに泳ぎを教えつつ、自分の人生は自分で切り開かなくてはならないのだと諭す。ある夜フアンは、自分の顧客のひとりが、ポーラと車中でクラック・コカインを吸っていることに気付く。翌朝シャロンは、テレサとフアンに、母に対する憎悪があることを認める。母に薬物を売っていたフアンと揉めたシャロンはその場を立ち去り、フアンは恥ずかしさからうなだれる。

2. シャロン[編集]

ティーンエイジャーとなったシャロン(演:アシュトン・サンダース英語版)は、ケヴィン(演:ジャレル・ジェローム)と仲良くしているものの、テレル(演:パトリック・デシル)のグループにいじめられる毎日を送っている。母ポーラはその後薬物依存に陥り、ヤク代に困って売春婦として働いている。フアンは亡くなったものの、テレサはシャロンに食事の世話などの交流を続けている。ポーラはテレサがシャロンへ渡した金すら自分に寄越すよう迫る始末だった。

ある夜シャロンは、ケヴィンが裏庭で女性と性行為をしている夢を見る。別の夜、ケヴィンはシャロンを訪ねて、彼の家近くにあるビーチを訪れる。ブラント (enマリファナを吸いつつ、ふたりは人生の野望を語り合い、ケヴィンはシャロンへ「ブラック」という渾名を付けていた。「なぜ、男の友達に愛称をつけるのか?」と聞く。麻薬で酔った後、ケヴィンがシャロンに触れた。ふたりはキスを交わし、ケヴィンはシャロンに手淫を行う。

翌朝、テレルはケヴィンにいじめの儀式に参加してシャロンを殴るよう命令し、ケヴィンはいやいやこれに従う。シャロンはくずおれるのを拒み、ケヴィンは彼を何回も殴りつけることになる。シャロンが立ち上がれなくなったところで、テレルや取り巻きが彼を囲み踏みつけ、蹴り始めるが、警備員が現れて彼らは逃げ出す。ソーシャル・ワーカーと面談したシャロンは、暴行された相手の素性を話すよう求められるが、シャロンは名前を告げても何の解決にもならないと考える。翌日登校したシャロンは、教室で無防備なテレルの背中を椅子で殴りつける。シャロンは逮捕されるが、パトカーに乗せられる時、彼はそばに立っているケヴィンを睨み付ける。

3. ブラック[編集]

大人になったシャロン(演:トレヴァンテ・ローズ英語版)は、アトランタで薬物の売人として暮らしており、「ブラック」との通り名で知られている。少年院を出て薬物の売人を始めてから引っ越したシャロンは、かつてフアンと同様の人生を送っている。シャロンの元には、ポーラから頻繁に家に帰るよう求める電話がかかってくる。ある夜、彼はケヴィン(演:アンドレ・ホランド英語版)から電話を受け、自分が食堂で働いているマイアミを訪ねてほしいこと、そしてティーンエイジャーの時の行動を謝罪したいことを伝えられる。翌朝目覚めたシャロンは、自分が夢精していたことに気付く。その後、彼は薬物治療施設に住む母ポーラの元を訪ねる。母は売人を辞めるようシャロンを諭すも、シャロンは母に対し今まで溜まっていた思いを吐露し、母もまた今までの行いを後悔する。

シャロンはケヴィンに会うためマイアミ赴き、再会してもケヴィンと飲み交わしながら話す気にはなれない。一方のケヴィンも、シャロンの現在の風貌や、彼に会いたいという動機に驚かされる。レストランのジュークボックス"Hello Stranger" (enの再会を喜ぶ曲を聴いたふたりはケヴィンの家へ向かう。ケヴィンは、自分の思うような道でなくても、自分の人生は幸せなものだと打ち明ける。そんなケヴィンに、男性はおろか、親密な関係になった人物はケヴィン以来、だれもいなかったことをシャロンは明かす。直後ふたりは和解し、ケヴィンはシャロンを優しく抱きしめる。フラッシュバックで、若いシャロンは、月明かりの海辺で遊んでいる。

キャスト[編集]

シャロン (Chiron) - 映画の主人公
大人のシャロン / 「ブラック」 - トレヴァンテ・ローズ英語版
ティーンエイジャーのシャロン - アシュトン・サンダース英語版
子どものシャロン / 「リトル」 - アレックス・ヒバート[注釈 1]
ケヴィン (Kevin) - シャロンの1番の親友
大人のケヴィン - アンドレ・ホランド英語版
ティーンエイジャーのケヴィン - ジャレル・ジェローム[注釈 2]
子どものケヴィン - ジェイデン・パイナー[注釈 3]
その他の人々

製作[編集]

発展[編集]

2003年タレル・アルヴィン・マクレイニー英語版は、自身の母がAIDSで亡くなった経験から、半自伝的な戯曲 "In Moonlight Black Boys Look Blue" を執筆した[8]。舞台化も考えられたが実現せず、本作の脚本として使われるまで、作品は10年近く放って置かれた[8]

2008年にデビュー作 "Medicine for Melancholy" (enを発表して以来、バリー・ジェンキンスは様々な映画用シナリオを執筆していたが、どれも製作には至らなかった。2013年1月、プロデューサーのアデル・ロマンスキーがジェンキンスへ2作目の製作を求め[9]、ふたりは1か月ビデオ通話を通して話し合った結果、低予算の「映画的で個人的な」(: "cinematic and personal")作品を作ることに決めた[10]。ジェンキンスはマイアミThe Borscht arts collective (enから、マクレイニーの戯曲 "In Moonlight Black Boys Look Blue" を紹介された[10][11]。マクレイニーと相談した後[11]、ジェンキンスはブリュッセルに1ヶ月逗留して映画脚本の初稿を書き上げ[10][12]、元の作品から3章を抜き出しつつ、マクレイニーに敬意を表してホモセクシュアルな側面を残す脚本にした[11]

脚本は、ジェンキンスとマクレイニーが受けた同じようなしつけを反映するものになった。ホアンの造形はマクレイニーの弟の父を基にしており、ホアンがシャロンに対してそうであるように、モデルとなった人物は子どものマクレイニーにとって「擁護者」(英: a childhood "defender")でもあった[13]。同様に、シャロンの母ポーラの描写は、薬物依存に苦しんだジェンキンス・マクレイニー双方の母を基にしている。ジェンキンスとマクレイニーは、どちらも映画の主撮影地であるマイアミリバティ・スクエア英語版出身である[9]

映画の製作費用を求めていたジェンキンスは、2013年テルライド映画祭で出会ったプランBエンターテインメント幹部に脚本を渡し、資金を獲得した。その後プランBエンターテインメントのデデ・ガードナージェレミー・クライナーがプロデューサーに就任し[10]A24英語版が、会社の初製作映画として資金面の管理と世界配給を担当することになった[14]

キャスティング[編集]

映画は3章仕立てで、シャロンとケヴィンは章ごと異なる俳優が演じる。ティーンエイジャーのシャロンは、アシュトン・サンダース英語版が演じている[15]。子どものシャロンとケヴィンは、マイアミで広く募集された後、アレックス・ヒバートとジェイデン・パイナーが選ばれた[16][17]トレヴァンテ・ローズ英語版オーディションでケヴィン役に決定していたが、結局大人のシャロンを演じることになった[18]

アンドレ・ホランド英語版はマクレイニーの戯曲を演じた経験があり、映画製作の10年前に、既に原作戯曲を読んだ経験があった[19]。ホランドは映画の脚本を読んだ後大人のケヴィン役に惚れ込み、「[脚本は]今まで読んだ中で最も素晴らしい」(英: "[The script] was the best thing I've ever read.")と述べている[20]

ナオミ・ハリスは、当初ポーラ役を演じることに気乗りしておらず、ステレオタイプな黒人女性の描写を演じたくはなかったと述べている[21]。ハリスがこの悩みを打ち明けたところ、ジェンキンスは自身・マクレイニー双方の母親を象徴的に描いたものとして、キャラクターが必要だと力説した[19]。ハリスは後に、薬物依存者役は受けないと決めていたが、映画の脚本と監督の寛容さが彼女に訴えかけたと語っている[9]。役準備のため、ハリスはクラック・コカイン中毒者のインタビューを試聴し、実際に薬物依存の女性とも面会した。また、自分がいじめにあった経験を、トラウマから抜け出そうとする中毒者と結びつけたという[21][22]

アデル・ロマンスキーはホアン役に、以前プロデュースした映画 "Kick" (enに出演していたマハーシャラ・アリを推薦した。ジェンキンスは『ハウス・オブ・カード 野望の階段』でアリが演じていたレミー・デントン役のイメージから起用に躊躇していたが、アリの演技の幅やキャラクター理解の様子を見て起用に納得した[23]。アリはこの役をアフリカ系アメリカ人男性の助言者を演じる重要な機会と考えており[24]、自身の経験を「ホアンと共に成長した」(英: “[growing] up with a Juan”)と語っている[23]ジャネール・モネイは脚本を送られてすぐに自分の役がテレサだと直感したといい、彼女にもドラッグや性的アイデンティティに苦しむ家族がいたことを明かしている[10]

撮影とポスト・プロダクション[編集]

作品の一部はマイアミ・リバティ・スクエアで撮影された

撮影は2015年10月14日に、フロリダ州マイアミで開始された[16][25]。ロマンスキーと共にマイアミでロケ地を探した後[12]、ジェンキンスは以前住んでいた場所で撮影を行うことに決めた。主撮影地には、ジェンキンスやマクレイニーが育った住宅地であるリバティ・スクエア英語版が選ばれた[26][27]。撮影中キャスト・クルーには警察による警備が付けられたが[22]、ジェンキンスの親戚が地区に住んでいたため、撮影が邪魔されることはなかった[12]。ナオミ・ハリスは後にこう振り返っている。

「誰かが彼らのコミュニティにやってきて、それをスクリーン用に撮影しようなんてことは初めてだったけれど、バリー・ジェンキンスがあの地域で育っていたので、誇りのような感覚と彼を支援したいという願望があった。世界中の他のロケ地では感じられなかったような愛をこのコミュニティから感じたし、みんなが正反対の場所だと考えているところでこんなことが起きるのは奇妙なことだった」[注釈 5] — ナオミ・ハリス、[22]

撮影中俳優たちが互いの真似を行わないように、ジェンキンスはシャロン役の3人を撮影終了まで会わせないようにしていた[28]。このため、ローズ・サンダース・ヒバートの3人は、2週間ごと分けられた別々のスケジュールで撮影に臨んだ[27]。マハーシャラ・アリは、別作品の撮影と掛け持ちだったため、週末毎にマイアミにやってきて撮影を行った[29][30][31]。ナオミ・ハリスは全シーンをリハーサル無しに3日間で撮影し[21][22][31]、アンドレ・ホランドも5日間で全シーンを撮了した[31]。全編は25日間で撮影された[8]

ジェンキンスは、前作 "Medicine for Melancholy" でもタッグを組んだ、長年の友人で撮影技師のジェイムズ・ラクストンと映画を撮影した[32]。ふたりはドキュメンタリー風の映像を避けるため、アリ・アレクサ英語版のデジタルカメラの上にワイドスクリーンのシネマスコープ英語版を取り付け、肌の色をより表現できるようにした[29][32]。カラリストのアレックス・ビッケル[注釈 6]も加わり、コントラスト彩度を増やしたカラー・グレードを作ることで、細部や色彩を保ったままで肌の色をより表現できるようになった。これにより、3章はそれぞれ異なるフィルム・ストック (Film stockを模してデザインされることになった。第1章は、俳優の肌色を強めるため、富士フイルムのフィルム・ストックを模して作られた。第2章は画像にシアンの色合いを足したアグフア風のもの、第3章はコダック風のものが使われている[33]

作品は、以前ジェンキンスの同級生だったナット・サンダース英語版ジョイ・マクミロン英語版によって、ロサンゼルスで編集された[29][32]。サンダースは第1章・第2章の編集を担当し、マクミロンは第3章の責任者を務めた[34]

音楽[編集]

映画音楽はニコラス・ブリテル英語版が担当した。彼はヒップ・ホップからリミックスするチョップド・アンド・スクリュード英語版の技法をオーケストラ音楽に当てはめ、「流動的で、重い低音のスコア」(英: a "fluid, bass-heavy score")を完成させた[26]。サウンドトラックは2016年10月21日に発売され、ブリテルが作ったオリジナル18曲と、グディー・モブ英語版ボリス・ガーディナー英語版バーバラ・ルイスの曲が収録された[35]。チョップスターズ (The ChopstarsのOG Ron C (en・DJ Candlestick (DJ Candlestick「チョップド・アンド・スクリュード」版も発売されている[36][37]

封切り[編集]

映画は、2016年9月2日テルライド映画祭でワールド・プレミアを迎えた[40]。作品は8日後の9月10日トロント国際映画祭で上映されたほか[41][42]10月2日にはニューヨーク映画祭[43][44]10月6日にはロンドン映画祭で上映された[45]

2016年10月21日には、ニューヨークロサンゼルスの映画館で限定公開され[46]、同年11月4日に全国公開された[47][48]。全英公開は2017年2月17日[49]。日本ではファントム・フィルムが配給を担当し、公開日は2017年4月28日と予定されていたが、賞レースの結果を受けて約1か月早い3月31日へ前倒しされた(映倫指定はR15+)[3][50][51][52]

批評家の反応[編集]

『ムーンライト』は、マハーシャラ・アリの名演と合わせ、満場一致に近いほどの高評価を得ている。Rotten Tomatoesでは2017年2月27日現在、269件のレビューに基づき、98%支持の「新鮮な」映画に分類され、平均評価も10点満点中9点と高い評価を得ている[53]Metacriticでは、51件のレビューに基づき100点満点中99点が付けられ、「世界的な大絶賛」(: "universal acclaim")と紹介されているほか[54]、2016年の映画中最高得点を獲得した[55]

ハリウッド・レポーター』のデイヴィッド・ルーニーは、テルライド映画祭のプレミア後、映画を好評価する記事を出した。彼は俳優の演技やジェームズ・ラクストン英語版の映像を、「流動的でうっとりさせ、驚くほど円熟しており、憐れみを心に焼き付けるようなショット」(英: "fluid and seductive, deceptively mellow, and shot with searing compassion.")と絶賛した。ルーニーは、「[『ムーンライト』は]アイデンティティを模索したり、孤独な世界で繋がりを求めたことのある全員に対して、重苦しく響くような和音を打ち鳴らすだろう」と記事を締めくくっている[56]。『タイム・アウト・ニューヨーク英語版』では全体的に好評価が並び、ジョシュア・ロスコフは5つ星満点を付けた上で、バリー・ジェンキンスの監督を讃え、「疑いも無い事実として映画を観に行く理由がある—できれば他人とだが、理解し、寄り添い、心を痛めるためだ」として作品を絶賛した[57]

Collider.com (enのブライアン・フォーモは A-の評価を付け、演技と監督を賞賛したが、「見事だというより、むしろ個人的な作品」だと述べた[58]。同様に、『スラント・マガジン英語版』のジェイク・コールも、演技は賞賛したものの、脚本に関しては批判を加え、「映画の大半は使い古された[題材]だ」と述べた[59]。ターシャ・ロビンソンは『ヴァージ英語版』に掲載した映画評で、脚本の筋から一部が抽出され、映画用に3章仕立てになってしまったことは嘆きつつも、作品はいつまでも記憶に残るものだったと語っている[60]

トロント国際映画祭での上映後、『ロサンゼルス・タイムズ』のジャスティン・チャンは、「非常にロマンチックで、珍しくも聡明」(英: "achingly romantic and uncommonly wise")と作品を評し、オスカーの有力候補ではないかと述べた。チャンはさらに、「[バリー・ジェンキンスは]観る者に、過去のシャロンの外見とうわべのアイデンティティを表すものを見るよう迫り、それらを静かにはがして中に進むように、よくあるステレオタイプの中へと入っていく。[中略] 多くは語らない。全てを語る」と述べた . Chang further wrote: "[Barry Jenkins] made a film that urges the viewer to look past Chiron’s outward appearance and his superficial signifiers of identity, climbing inside familiar stereotypes in order to quietly dismantle them from within... [Moonlight] doesn't say much. It says everything."[61]

作品が絶賛されている一方で、『スペクテーター英語版』のメラニー・マクドナフは、「退屈」で「全く要領を得ない」と酷評したほか[62]、俳優のサミュエル・L・ジャクソンは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』や『素晴らしきかな、人生』と共に、「オスカーの釣り餌のような作品」(英: "'Oscar bait' movie")として退けている[63][64]

受賞とノミネート[編集]

第74回英語版ゴールデン・グローブ賞で、『ムーンライト』は6部門のノミネートを受け、『ラ・ラ・ランド』(7部門)に次いで2番目となった[65]。作品は映画部門 作品賞 (ドラマ部門)を獲得したほか、監督賞(ジェンキンス)、映画部門 助演男優賞(アリ)、映画部門 助演女優賞(ハリス)、脚本賞(ジェンキンス)、作曲賞(ブリテル)の5部門にノミネートされた[66][67]

第70回英語版英国アカデミー賞では、作品賞助演男優賞(アリ)・助演女優賞(ハリス)・オリジナル脚本賞の4部門にノミネートされた[68][69]

第89回アカデミー賞では、作品賞監督賞(ジェンキンス)、助演男優賞(アリ)、助演女優賞(ハリス)、脚色賞など8部門でノミネートを受けた[70]。また、ナット・サンダース英語版ジョイ・マクミロン英語版編集賞にノミネートされ、マクミロンはこの部門で初めてノミネートされた黒人女性となった[71]。最終的に作品賞・助演男優賞・脚色賞の3部門を獲得したが、作品賞の発表時に誤って『ラ・ラ・ランド』受賞がコールされるというハプニングがあった[72][73][74]。作品に出演したジャネール・モネイは、キャスト全員が黒人の映画として初の作品賞、ムスリムとして初の助演男優賞(アリ)、LGBTを扱った映画として初の作品賞[75]であることに対し、喜びのメッセージを発表している[76][注釈 7]

映画の脚本は、戯曲として書かれたものの未上演・未発表であったことから、賞によってオリジナル・翻案など異なる部門へノミネートを受けた[78]全米脚本家組合賞や英国アカデミー賞ではオリジナル脚本賞に分類されたものの、アカデミー賞では翻案と見なされて脚色賞へのノミネート・受賞となった[78]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 英: Alex Hibbert
  2. ^ : Jharrel Jerome
  3. ^ 英: Jaden Piner
  4. ^ 英: Patrick Decile
  5. ^ 原文:"It was the first time someone had come to their community and wanted to represent it onscreen, and since Barry Jenkins had grown up in that area, there was this sense of pride and this desire to support him. You felt this love from the community that I've never felt in any other location, anywhere in the world, and it was so strange that it happened in a place where people were expecting the complete opposite."
  6. ^ 英: Alex Bickel
  7. ^ 黒人主演映画の作品賞としては『それでも夜は明ける』(2014年、キウェテル・イジョフォー主演)以来3年ぶりの結果である[77]。モネイはジェンキンスが「作品賞を獲得した初のアフリカ系アメリカ人」であるとも語っているが[76]、『それでも夜は明ける』を監督したスティーヴ・マックイーンはイギリス出身のグレナダ系黒人である。

出典[編集]

  1. ^ Tinubu, Aramide A. (2016年10月21日). “Moonlight Interview Barry Jenkins”. Shadow and Act. 2017年2月27日閲覧。
  2. ^ 映画.com - 2017年2月27日閲覧。
  3. ^ a b 約1カ月繰り上げ!オスカー受賞作「ムーンライト」3月31日に公開&上映館拡大決定”. 映画.com (2017年3月3日). 2017年3月30日閲覧。
  4. ^ Moonlight”. British Board of Film Classification. 2017年1月20日閲覧。
  5. ^ O'Falt, Chris (2017年2月9日). “The Craft of ‘Moonlight’: How a $1.5 Million Indie Landed Eight Oscar Nominations”. IndieWire英語版. http://www.indiewire.com/2017/02/moonlight-oscar-nominations-indie-film-best-picture-1201779770/ 2017年2月26日閲覧。 
  6. ^ “‘La La Land,’ ‘Moonlight’ Honored at Variety Artisans Awards in Santa Barbara”. Variety. (2017年2月7日). http://variety.com/2017/film/news/la-la-land-moonlight-variety-artisans-awards-santa-barbara-1201977032/ 2017年2月26日閲覧。 
  7. ^ Moonlight (2016)”. The Numbers. 2017年2月25日閲覧。
  8. ^ a b c Rodriguez, Rene. “Miami plays a starring role in the glorious ‘Moonlight’” (英語). マイアミ・ヘラルド英語版. 2017年1月29日閲覧。
  9. ^ a b c To give birth to 'Moonlight,' writer-director Barry Jenkins dug deep into his past”. Los Angeles Times. 2016年10月30日閲覧。
  10. ^ a b c d e Barry Jenkins’ Moonlight Interview: Journey To Making a Classic”. IndieWire英語版. 2016年10月30日閲覧。
  11. ^ a b c 'Moonlight': How an Indie Filmmaker Made the Best Movie of 2016”. Rolling Stone. 2016年10月30日閲覧。
  12. ^ a b c Stephenson, Will. “Barry Jenkins Slow-Cooks His Masterpiece”. The Fader. 2016年10月22日閲覧。
  13. ^ Hannah-Jones, Nikole (2017年1月4日). “From Bittersweet Childhoods to ‘Moonlight’”. The New York Times. 2017年1月29日閲覧。
  14. ^ Jaafar, Ali (2015年8月24日). “A24 Teams With Plan B & Adele Romanski To Produce And Finance Barry Jenkins’ ‘Moonlight’”. deadline.com. http://deadline.com/2015/08/barry-jenkins-moonlight-a24-plan-b-ex-machina-brad-pitt-amy-winehouse-cary-fukunaga-1201504815/ 2015年10月22日閲覧。 
  15. ^ Coyle, Jake. “The 3 stars of 'Moonlight' share a role and a breakthrough”. http://bigstory.ap.org/article/852126f36456436a9b4e092ac573401f/3-stars-moonlight-share-role-and-breakthrough 2016年11月12日閲覧。 
  16. ^ a b McNary, Dave (2015年10月21日). “Naomie Harris, Andre Holland, Mahershala Ali to Star in ‘Moonlight’”. variety.com. http://variety.com/2015/film/news/naomie-harris-andre-holland-mahershala-ali-moonlight-1201623354/ 2015年10月22日閲覧。 
  17. ^ Barry Jenkins’ ‘Moonlight’ Draws Naomie Harris, Andre Holland, Mahershala Ali, Janelle Monae + Others”. IndieWire英語版. 2016年11月12日閲覧。
  18. ^ Trevante Rhodes Shines in 'Moonlight,' This Fall's Essential Queer Black Film”. Out英語版 (2016年10月24日). 2016年11月12日閲覧。
  19. ^ a b 'Moonlight': Mahershala Ali, Naomie Harris and Andre Holland on Masculinity, Addiction”. Collider (2016年10月21日). 2016年11月12日閲覧。
  20. ^ Why André Holland Knew He Couldn't Turn Down a Movie Like 'Moonlight'”. Esquire (2016年10月24日). 2016年11月12日閲覧。
  21. ^ a b c Tapley, Kristopher (2016年10月3日). “Naomie Harris Had to Overcome Her Own Judgment to Play ‘Moonlight’ Role”. Variety. 2016年10月19日閲覧。
  22. ^ a b c d Buchanan, Kyle (2016年10月18日). “How Naomie Harris Filmed Her Stunning Moonlight Role in Just 3 Days”. Vulture.com. 2016年10月19日閲覧。
  23. ^ a b With ‘Moonlight’ and more, Mahershala Ali hits stratosphere”. San Francisco Chronicle. 2016年11月12日閲覧。
  24. ^ Hill, Logan (2016年10月20日). “Mahershala Ali? You’ve Surely Seen His Face”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2016/10/23/arts/television/mahershala-ali-youve-surely-seen-his-face.html 2016年11月12日閲覧。 
  25. ^ Lesnick, Silas (2015年10月21日). “Moonlight Cast Announced as Production Begins”. comingsoon.net. http://www.comingsoon.net/movies/news/624697-moonlight-cast-announced-as-production-begins 2015年10月22日閲覧。 
  26. ^ a b Telluride Film Festival audiences take a shine to Barry Jenkins' 'Moonlight'”. 2016年10月24日閲覧。
  27. ^ a b Meet Ashton Sanders, the Breakout Star of "Moonlight"”. W Magazine英語版. 2016年12月10日閲覧。
  28. ^ Janelle Monáe Brings The Good Fight To Hollywood In Two Standout Roles”. The Huffington Post (2016年10月19日). 2016年12月10日閲覧。
  29. ^ a b c How 'Moonlight' Became a "Personal Memoir" for Director Barry Jenkins: "I Knew the Story Like the Back of My Hand"”. The Hollywood Reporter. 2016年12月10日閲覧。
  30. ^ Shepherd, Jack (2016年9月30日). “Mahershala Ali interview: 'I grew up not seeing myself on screen... It feels like you don’t exist'”. The Independent. http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/tv/features/mahershala-ali-interview-luke-cage-cottonmouth-moonlight-diversity-house-of-cards-netflix-marvel-a7339196.html 2016年12月10日閲覧。 
  31. ^ a b c The cast of 'Moonlight' found reassurance and freedom under shooting pressures”. Los Angeles Times. 2017年1月7日閲覧。
  32. ^ a b c Aguirre, Abby. Moonlight’s Cinematographer on Filming the Most Exquisite Movie of the Year” (en-US). Vogue. http://www.vogue.com/projects/13514953/moonlight-cinematographer-james-laxton/ 2017年1月7日閲覧。 
  33. ^ O'Falt, Chris. “Moonlight Cinematography: Bold Color, Rich Skin Tone, High Contrast”. IndieWire英語版. 2016年10月29日閲覧。
  34. ^ Florida State Classmates Helped Make Barry Jenkins’ ‘Moonlight’ Shine”. Variety (2017年1月26日). 2017年2月1日閲覧。
  35. ^ Hear The Moonlight Original Soundtrack, Composed By Nicholas Britell”. The Fader. 2016年12月9日閲覧。
  36. ^ Listen To A Chopped and Screwed mix of the Moonlight Soundtrack”. The Fader. 2017年2月25日閲覧。
  37. ^ bandrybarryのツイート (835284028882198530) - 2017年2月27日閲覧。
  38. ^ ‘Moonlight’ Soundtrack Announced” (2016年10月19日). 2017年2月25日閲覧。
  39. ^ Moonlight (Original Motion Picture Soundtrack) by Nicholas Britell” (en). 2017年2月25日閲覧。
  40. ^ Hammond, Pete (2016年9月1日). “Telluride Film Festival Lineup: ‘Sully’, ‘La La Land’, ‘Arrival’, ‘Bleed For This’ & More”. Deadline.com. 2016年9月1日閲覧。
  41. ^ Vlessing, Etan (2016年8月11日). “Toronto: Natalie Portman's 'Jackie' Biopic, 'Moonlight' From Brad Pitt's Plan B Join Lineup”. The Hollywood Reporter. 2016年8月11日閲覧。
  42. ^ Moonlight”. Toronto International Film Festival. 2016年8月29日閲覧。
  43. ^ Cox, Gordon (2016年8月9日). “New York Film Festival Loads 2016 Main Slate With Festival-Circuit Favorites”. [バラエティ (アメリカ合衆国の雑誌). 2016年8月11日閲覧。
  44. ^ Moonlight”. New York Film Festival. 2016年8月19日閲覧。
  45. ^ Moonlight”. BFI London Film Festival. 2016年9月1日閲覧。
  46. ^ D'Alessandro, Anthony (2016年6月28日). “A24 Sets Dates For ‘Moonlight’ & Cannes Jury Prize Winner ‘American Honey’”. Deadline.com. 2016年8月11日閲覧。
  47. ^ Hime, Nelly (2016年10月24日). “‘Moonlight’ & ‘Michael Moore In TrumpLand’ Top 2016 Theater Averages – Specialty B.O.”. Deadline.com. 2016年10月24日閲覧。
  48. ^ Hime, Nelly (2016年10月24日). “Moonlight 2016 Dominates Speciality Box Office, Gets Wide Release Date”. NagameDigital. 2016年10月24日閲覧。
  49. ^ Moonlight review: a graceful, compassionate coming-of-age heartbreaker”. The Telegraph. 2017年1月11日閲覧。
  50. ^ moonlight_movのツイート (836083652383498240) - 2017年2月27日閲覧。
  51. ^ 映画『ムーンライト』にアカデミー賞を──ある映画人のオープンレター”. Wired.jp (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  52. ^ Allcinema - 2017年2月27日閲覧。
  53. ^ Moonlight (2016)”. Rotten Tomatoes. 2017年2月27日閲覧。
  54. ^ Moonlight”. 2016年9月21日閲覧。
  55. ^ The Best Movies of 2016”. Metacritic. 2017年2月26日閲覧。
  56. ^ Rooney, David (2016年9月2日). “'Moonlight': Telluride Review”. The Hollywood Reporter. 2016年9月12日閲覧。 “Instead, this is a film that will strike plangent chords for anyone who has ever struggled with identity, or to find connections in a lonely world.”
  57. ^ Rothkopf, Joshua (2016年9月11日). “Moonlight (2016), directed by Barry Jenkins”. Time Out New York英語版. 2016年9月12日閲覧。 “This film is, without a doubt, the reason we go to the movies: to understand, to come closer, to ache—hopefully with another.”
  58. ^ Formo, Brian (2016年9月5日). “‘Moonlight’ Review: Gay Triptych Features Great Performances”. Collider.com. 2017年2月27日閲覧。 “But Moonlight is more personal etched than it is masterful.”
  59. ^ Cole, Jake (2016年9月15日). “Toronto Film Review: Barry Jenkins' Moonlight”. Slant Magazine英語版. 2016年9月19日閲覧。 “But in the actual details of its story, that of its broadly sketched poverty and its chaste sexuality, so much of the film feels old-hat.”
  60. ^ Robinson, Tasha (2016年9月15日). “Moonlight is a beautifully nuanced gay coming-of-age tale”. The Verge英語版. 2016年9月15日閲覧。 “But what does make it to the screen is unforgettable.”
  61. ^ Chang, Justin (2016年9月11日). “Toronto 2016: Barry Jenkins' 'Moonlight' makes the case for quiet eloquence”. Los Angeles Times. 2016年9月12日閲覧。 “He’s made a film that urges the viewer to look past Chiron’s outward appearance and his superficial signifiers of identity, climbing inside familiar stereotypes in order to quietly dismantle them from within. [中略] “Moonlight” is thoughtful and harrowing, sensual and earthy, achingly romantic and uncommonly wise. It doesn’t say much; it says everything.”
  62. ^ Melanie McDonagh (2017年2月18日). “The critics are wrong: Moonlight is boring and pointless”. The Spectator英語版. 2017年2月26日閲覧。
  63. ^ Michael Nordine (2016年12月11日). “Samuel L. Jackson on 2016’s ‘Oscar Bait’ Movies: ‘Manchester By the Sea’ Is ‘Not an Inclusive Film’”. IndieWire英語版. 2017年2月26日閲覧。
  64. ^ John Podhoretz (2016年12月12日). “Samuel L. Jackson is right about boring ‘Oscar bait’ movies”. New York Post. 2017年2月26日閲覧。
  65. ^ Golden Globes 2017: The Complete List of Nominations”. The Hollywood Reporter (2016年12月12日). 2016年12月12日閲覧。
  66. ^ Lee, Ashley (2017年1月8日). “Golden Globes: 'La La Land' Breaks Record for Most Wins by a Film”. The Hollywood Reporter. 2017年1月12日閲覧。
  67. ^ Moonlight”. Golden Globes. 2017年2月27日閲覧。
  68. ^ Ritman, Alex (2017年1月9日). “BAFTA Awards: 'La La Land' Leads Nominations”. The Hollywood Reporter. 2017年1月10日閲覧。
  69. ^ Saunders, Tristram Fane (2017年2月13日). “Bafta winners 2017, full list: victory for La La Land and I, Daniel Blake”. The Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/films/2017/02/12/bafta-winners-2017-full-list-film-award-winners/ 2017年2月27日閲覧。 
  70. ^ Kimberly Nordyke and Hilary Lewis (2017年1月24日). “Oscars Nominations 2017: The Complete List of Nominees”. The Hollywood Reporter. 2017年1月24日閲覧。
  71. ^ Giardina, Carolyn (2017年1月24日). “Oscars: 'Moonlight' Editing Nomination Marks a First”. The Hollywood Reporter. 2017年1月24日閲覧。
  72. ^ 【第89回アカデミー賞総括】前代未聞の結末「ムーンライト」が大逆転で作品賞!”. 映画.com (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  73. ^ Donnelly, Jim (2017年2月27日). “Moonlight Wins Best Picture After 2017 Oscars Envelope Mishap”. The Oscars. 2017年2月27日閲覧。
  74. ^ 【第89回アカデミー賞】大逆転!ハプニングありで「作品賞」は『ムーンライト』に”. cinemacafe.net (2017年2月27日). 2017年2月27日閲覧。
  75. ^ 作品賞「ムーンライト」奇跡の配役!主人公に“同じ目”を持つ3人を発掘”. スポニチ アネックス. スポーツニッポン (2017年3月11日). 2017年3月11日閲覧。
  76. ^ a b アカデミー賞で作品賞を受賞、『ムーンライト』の日本公開は4月28日に [update]”. bmr (2017年2月28日). 2017年3月11日閲覧。
  77. ^ 『ゼロ・グラビティ』が最多7部門受賞!作品賞の『それでも夜は明ける』は3部門−アカデミー賞全結果【第86回アカデミー賞】(1/2)”. シネマトゥデイ (2014年3月3日). 2017年3月11日閲覧。
  78. ^ a b Nolfi, Joey (2016年12月15日). “Oscars: Moonlight ineligible for Best Original Screenplay”. Entertainment Weekly. 2017年2月27日閲覧。

外部リンク[編集]