マダム・フローレンス! 夢見るふたり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マダム・フローレンス! 夢見るふたり
Florence Foster Jenkins
監督 スティーヴン・フリアーズ
脚本 ニコラス・マーティン
製作 マイケル・クーン
トレイシー・シーウォード英語版
製作総指揮 キャメロン・マクラッケン
クリスティーン・ランガン
マルコム・リッチー
出演者 メリル・ストリープ
ヒュー・グラント
サイモン・ヘルバーク
音楽 アレクサンドル・デスプラ
撮影 ダニー・コーエン
編集 ヴァレリオ・ボネッリ
製作会社 パテ
BBCフィルムズ
クウェルティ・フィルムズ英語版
配給 イギリスの旗 20世紀フォックス
日本の旗 ギャガ
公開 イギリスの旗 2016年5月6日
フランスの旗 2016年7月13日
日本の旗 2016年12月1日
上映時間 111分
製作国 イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 英語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 世界の旗$44,267,641[1]
日本の旗 2億3000万円[2]
テンプレートを表示

マダム・フローレンス! 夢見るふたり』(マダム・フローレンス ゆめみるふたり、Florence Foster Jenkins)は、2016年イギリスの映画。日本での公開は2016年12月1日[3]

第29回東京国際映画祭特別招待作品(オープニング作品)[3]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

評価[編集]

BBCは、2016年の映画トップ10で本作を9位に選出している[4]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果 出典
2016 第22回放送映画批評家協会賞 コメディ映画女優賞 メリル・ストリープ 受賞 [5]
コメディ映画男優賞 ヒュー・グラント ノミネート
英国映画賞 主演男優賞 ヒュー・グラント 受賞 [6]
2017 第74回ゴールデングローブ賞 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門) ノミネート [7][8]
主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) ヒュー・グラント ノミネート
主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門) メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 サイモン・ヘルバーク ノミネート
第70回英国アカデミー賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート [9]
助演男優賞 ヒュー・グラント ノミネート
衣裳デザイン賞 コンソラータ・ボイル ノミネート
メイクアップ&ヘア賞 J・ロイ・ヘランド英語版
ダニエル・フィリップス
受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b Florence Foster Jenkins (2016)”. The Numbers. 2016年10月3日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報』2018年3月下旬 映画業界決算特別号 p.58
  3. ^ a b “メリル・ストリープとヒュー・グラント来日決定、東京国際映画祭オープニングで”. 映画ナタリー. (2016年9月8日). http://natalie.mu/eiga/news/199118 2016年10月20日閲覧。 
  4. ^ “『君の名は。』も選出!英BBCが選ぶ2016年ベスト映画トップ10”. シネマトゥデイ. (2016年12月26日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088588 2016年12月26日閲覧。 
  5. ^ “「セッション」監督の新作「ラ・ラ・ランド」放送映画批評家協会賞で8冠”. 映画ナタリー. (2016年12月12日). http://natalie.mu/eiga/news/212916 2016年12月13日閲覧。 
  6. ^ “ケン・ローチ『わたしは、ダニエル・ブレイク』作品賞!英国映画賞”. シネマトゥデイ. (2016年12月13日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088226 2016年12月13日閲覧。 
  7. ^ “ゴールデン・グローブ賞ノミネーション発表!『ラ・ラ・ランド』が最多7部門(1/3)”. シネマトゥデイ. (2016年12月12日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088254?p=1 2016年12月13日閲覧。 
  8. ^ “ゴールデン・グローブ賞発表!最多は『ラ・ラ・ランド』!ノミネートされた7部門全てで受賞(1/2)”. シネマトゥデイ. (2017年1月9日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088813?p=1 2017年1月10日閲覧。 
  9. ^ “英国アカデミー賞ノミネート発表「ラ・ラ・ランド」が最多11部門”. 映画.com. (2017年1月11日). http://eiga.com/news/20170111/11/ 2017年1月11日閲覧。 

外部リンク[編集]