ハドソン川の奇跡 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハドソン川の奇跡
Sully
Sully Japan Premiere Red Carpet- Tom Hanks & Aaron Eckhart (29830287495).jpg
日本プレミアに登壇したアーロン・エッカートトム・ハンクス
監督 クリント・イーストウッド
脚本 トッド・コマーニキ
原作 チェスリー・サレンバーガー
ジェフリー・ザスロー英語版
製作 クリント・イーストウッド
フランク・マーシャル
ティム・ムーア
アリン・スチュワート
製作総指揮 キップ・ネルソン
ブルース・バーマン
出演者 トム・ハンクス
アーロン・エッカート
ローラ・リニー
音楽 クリスチャン・ジェイコブ英語版
ザ・ティアニー・サットン・バンド
撮影 トム・スターン
編集 ブル・マーリー
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ラットパック=デューン・エンターテインメント
BBCフィルムズ
フィルムネイション・エンターテインメント英語版
マルパソ・プロダクションズ英語版
ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
フラッシュライト・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年9月2日
テルライド映画祭
アメリカ合衆国の旗 2016年9月9日[1][2]
日本の旗 2016年9月24日[3]
上映時間 96分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[4]
興行収入 世界の旗 $240,797,623[4]
アメリカ合衆国の旗 $125,070,033[4]
日本の旗 13.5億円[5]
テンプレートを表示

ハドソン川の奇跡』(ハドソンがわのきせき、原題: Sully)は、2016年製作のアメリカ合衆国の映画

2009年に起こり、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”と、その後の知られざる真実を映画化。クリント・イーストウッド監督・製作。トム・ハンクス主演[6]。原題の“Sully”(サリー)とは、USエアウェイズ1549便の機長チェスリー・サレンバーガーのニックネーム。

あらすじ[編集]

2009年1月15日ラガーディア空港シャーロット空港行きのUSエアウェイズ1549便(エアバスA320、コールサイン:カクタス1549)は離陸直後、巡航高度に向かう途中に鳥の群れに接触し、鳥がエンジンに吸い込まれ、両エンジンが機能停止してしまう。1549便の機長チェスリー・サレンバーガー(愛称サリー)と副操縦士のジェフ・スカイルズは、推力を失った機体を出発地ラガーディア空港に引き返えそうと試みるが、高度が低すぎたため絶望的であり他の空港にも着陸は不可能と考えたサリーは、やむを得ず眼下に流れるハドソン川に機体を着水させることを決断。サリーの巧みな操縦により着水の衝撃で機体が分解することもなく、またクルーの迅速な避難誘導や救助が早かったことなどもあり、大型旅客機の不時着水という大事故ながら、1人の死者も出さなかった。

このニュースは全米はおろか世界中で「ハドソン川の奇跡」と銘打たれ、サリーは一躍ヒーローとなる。しかし後日、NTSBの事故調査委員会の調査によりシミュレートを行った結果、1549便はラガーディアにも他の空港にも着陸が可能だったという報告を突き付けられた。サリーとスカイルズは「あり得ない」と否定するが一転、二人は疑惑の人物となってしまう。議論の場は公聴会で行われることとなり、サリーはある要求を同僚に頼む。

果たしてサリーの行動は正しかったのか、それとも乗客の命を危険に晒す行為だったのかが明かされていく。

登場人物・キャスト[編集]

チェスリー・“サリー”・サレンバーガー
演 - トム・ハンクス、ブレイク・ジョーンズ(16歳の頃)
USエアウェイズ1549便機長。若き日からパイロットを志し、アメリカ空軍のF-4パイロットを経てUSエアウェイズに入社した。飛行経験豊富な大ベテランであり、また個人で事業も展開している。
ジェフ・スカイルズ英語版
演 - アーロン・エッカート
USエアウェイズ1549便副操縦士。バードストライク発生時にはマニュアルを開きエンジン再始動のための最善の処置を行った。
ローリー・サレンバーガー
演 - ローラ・リニー
サリーの妻。
チャールズ・ポーター
演 - マイク・オマリー英語版
国家運輸安全委員会の調査員。
ベン・エドワーズ
演 - ジェイミー・シェリダン
国家運輸安全委員会の調査員。
エリザベス・デイヴィス
演 - アンナ・ガン
国家運輸安全委員会の調査員。ポーターとエドワーズと共に事故時のサリーの判断は誤ったものだと追及する。
マイク・クリアリー
演 - ホルト・マッキャラニー
サリーの同僚。
ケイティ・クーリック
演 - 本人
サリーにインタビューするニュースキャスター。
クック大尉
演 - ジェフ・コーバー
16歳の頃のサリーの教官。
アリソン
演 - モリー・バーナード
ケイティ・クーリックの番組のメイクアップアーティスト。
ラリー・ルーニー
演 - クリス・バウアー
サリーの同僚。
シーラ・デイル
演 - ジェーン・ガバート
事故機の客室乗務員。
ドナ・デント
演 - アン・キューザック
事故機の客室乗務員。
ドリーン・ウェルシュ
演 - モリー・ヘイガン英語版
事故機の客室乗務員。バードストライク発生時の際、シーラとドナと共にサリーの「衝撃に備えて」の放送で緊急事態であることを即座に悟り乗客に安全姿勢を取るよう促し、また着水後は迅速な避難誘導を行ったため乗客に死傷者が出ることはなかった。
ダイアン・ヒギンズ
演 - ヴァレリー・マハフェイ
事故機の乗客、ルシールの娘。
ルシール・パルマー
演 - デルフィ・ハリントン
事故機の乗客、ダイアンの母。
ジミー・ステファニク
演 - マックス・アドラー
事故機の乗客、ロブの甥。
ジェフ・コロジェイ
演 - サム・ハンティントン
事故機の乗客、ロブの息子。
ロブ・コロジェイ
演 - クリストファー・カリー英語版
事故機の乗客、ジェフの父。
ジム・ウィテカー
演 - クーパー・ソーントン
事故機の乗客。
赤子を連れた乗客
演 - オータム・リーザー
事故機の乗客。
バリー・レオナルド
演 - ジェフリー・ノードリング
事故機の乗客。
パトリック・ハーテン
演 - パッチ・ダラー
航空管制官。
ピート
演 - マイケル・ラパポート
バーテンダー。
ヴィンセント・ロンバーティ
演 - 本人
通勤フェリーの船長。

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 ザ・シネマ[7]
チェスリー・“サリー”・サレンバーガー トム・ハンクス 立川三貴[8] 江原正士
ジェフ・スカイルズ アーロン・エッカート ふくまつ進紗[8] 木下浩之
ローリー・サレンバーガー ローラ・リニー 高島雅羅[8] 清水はる香
チャールズ・ポーター マイク・オマリー英語版 高階俊嗣 丸山壮史
ベン・エドワーズ ジェイミー・シェリダン 星野充昭 佐々木薫
エリザベス・デイヴィス アンナ・ガン 岡田恵 近内仁子
マイク・クリアリー ホルト・マッキャラニー 長谷川敦央
ケイティ・クーリック 森なな子 山中まどか
クック大尉 ジェフ・コーバー 橘潤二 佐々木睦
16歳のサリー ブレイク・ジョーンズ 虎島貴明
アリソン モリー・バーナード 篠田有香
ラリー・ルーニー クリス・バウアー 駒谷昌男
シーラ・デイル ジェーン・ガバート ちふゆ 谷口惠美
ドナ・デント アン・キューザック 泉裕子
ドリーン・ウェルシュ モリー・ヘイガン英語版 若宮春奈
ダイアン・ヒギンズ ヴァレリー・マハフェイ 田村千恵
ルシール・パルマー デルフィ・ハリントン 伊沢磨紀
ジミー・ステファニク マックス・アドラー 藤原大智
ジェフ・コロジェイ サム・ハンティントン 羽鳥佑
ロブ・コロジェイ クリストファー・カリー英語版
パトリック・ハーテン パッチ・ダラー 今村一誌洋 松川裕輝
ヴィンセント・ロンバーティ 瀬尾昌史
その他 品田美穂
浦山迅
影平隆一
種市桃子
もりなつこ
木内太郎
江越彬紀
佐々木義人
井木順二
山橋正臣
角田雄二郎
藤高智大
渡辺琴音
演出 久保宗一郎 伊達康将
翻訳 川嶋加奈子 李静華
録音・調整 スタジオユニ
プロデューサー 飯森盛良
制作担当 邑中藍子
制作 東北新社
初回放送 2020年12月27日予定
21:00-23:00
ノーカット放送[9]

実話との相違点[編集]

  • 劇中でサリー達は事故調査委員会から厳しい取り調べを受け、容疑者のように扱われているが、実際の取り調べは型通りのものでしかなく、その判断が疑われることはなかった[10]。事件は瞬く間にアメリカ全土に広がり、英雄視されている。ジョージ・W・ブッシュ前大統領から直接連絡があったり、バラク・オバマ大統領から晩餐会に招待され、地元でも歓迎式典が行われた。

製作[編集]

イーストウッドは本作の撮影のため、本物のエアバスを購入、さらに救助ボートも実際の救助に使用されたものを使い、オペレーターも同じスタッフを動員[11]、救助隊やボランティア、警察官、ニュースキャスターやパイロットなど、救出に携わった当時の関係者を本人役で多数出演させ[12]、事故を徹底的にリアルに再現した。イーストウッド作品では初のIMAXカメラを使用して撮影されていて、ほぼ全編がARRI ALEXA 65で撮影された。

評価[編集]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果 出典
2016 第22回放送映画批評家協会賞 作品賞 ハドソン川の奇跡 ノミネート [13][14]
主演男優賞 トム・ハンクス ノミネート
2017 第90回キネマ旬報ベスト・テン 外国映画ベスト・テン ハドソン川の奇跡 1位 [15]
外国映画監督賞・読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド 受賞
第71回毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞 受賞 [16]
第15回視覚効果協会 長編実写映画・補助視覚効果賞 ノミネート [17]
第40回日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞 受賞 [18]

公開延期[編集]

ブラジルではラミア航空2933便墜落事故の発生を受けて、2016年12月1日の公開予定が延期された[19]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sully in IMAX
  2. ^ Stone, Natalie (2015年12月18日). “Clint Eastwood's 'Sully' Gets Early Fall Release Date”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/clint-eastwoods-sully-gets-early-850327 2015年12月25日閲覧。 
  3. ^ 日本版オフィシャルサイト
  4. ^ a b c Sully” (英語). Box Office Mojo. 2017年1月25日閲覧。
  5. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年2月3日閲覧。
  6. ^ “C・イーストウッド「ハドソン川の奇跡」9月公開、乗客を救った機長役はT・ハンクス”. 映画ナタリー. (2016年3月17日). http://natalie.mu/eiga/news/180121 2016年3月18日閲覧。 
  7. ^ “ザ・シネマ新録吹き替え!ハドソン川の奇跡”. ザ・シネマ. (2020年11月1日). https://www.thecinema.jp/special/hudson-kiseki/ 2020年11月1日閲覧。 
  8. ^ a b c ハドソン川の奇跡”. 2016年10月26日閲覧。
  9. ^ (吹替版)ハドソン川の奇跡”. ザ・シネマ (2020年11月1日). 2020年11月1日閲覧。
  10. ^ 「機長、究極の決断」 静山社文庫
  11. ^ “旅客機を一機お買い上げ!クリント・イーストウッド監督ケタハズレのリアル演出”. シネマトゥデイ. (2016年9月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085805 2016年9月6日閲覧。 
  12. ^ “事件関係者が本人役で総出演!「ハドソン川の奇跡」イーストウッド監督の飽くなきこだわり”. 映画.com. (2016年9月4日). http://eiga.com/news/20160904/8/ 2016年9月6日閲覧。 
  13. ^ “『ラ・ラ・ランド』最多!放送映画批評家協会賞ノミネーション発表”. シネマトゥデイ. (2016年12月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088025 2016年12月5日閲覧。 
  14. ^ “「セッション」監督の新作「ラ・ラ・ランド」放送映画批評家協会賞で8冠”. 映画ナタリー. (2016年12月12日). http://natalie.mu/eiga/news/212916 2016年12月13日閲覧。 
  15. ^ “キネマ旬報ベスト・テン決定、「この世界の片隅に」「ハドソン川の奇跡」が1位に”. 映画ナタリー. (2017年1月10日). http://natalie.mu/eiga/news/216247 2017年1月10日閲覧。 
  16. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 
  17. ^ “「ローグ・ワン」視覚効果協会賞で7部門ノミネート!”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/8/ 2017年1月12日閲覧。 
  18. ^ “第40回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定”. 日本アカデミー賞公式サイト. (2017年3月3日). http://www.japan-academy-prize.jp/news/index_news2017.php 2017年3月6日閲覧。 
  19. ^ Warner Bros. Delays Release of “Sully” In Brazil”. 2016年12月3日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]