ハドソン川の奇跡 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハドソン川の奇跡
Sully
Sully Japan Premiere Red Carpet- Tom Hanks & Aaron Eckhart (29830287495).jpg
日本プレミアに登壇したアーロン・エッカートトム・ハンクス
監督 クリント・イーストウッド
脚本 トッド・コマーニキ
原作 チェスリー・サレンバーガー
ジェフリー・ザスロー英語版
製作 クリント・イーストウッド
フランク・マーシャル
ティム・ムーア
アリン・スチュワート
製作総指揮 キップ・ネルソン
ブルース・バーマン
出演者 トム・ハンクス
アーロン・エッカート
ローラ・リニー
音楽 クリスチャン・ジェイコブ英語版
ザ・ティアニー・サットン・バンド
撮影 トム・スターン
編集 ブル・マーリー
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
ラットパック=デューン・エンターテインメント
BBCフィルムズ
フィルムネイション・エンターテインメント英語版
マルパソ・プロダクションズ英語版
ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
フラッシュライト・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年9月2日
テルライド映画祭
アメリカ合衆国の旗 2016年9月9日[1][2]
日本の旗 2016年9月24日[3]
ブラジルの旗 2016年12月1日→延期[4]
上映時間 96分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000,000[5]
興行収入 世界の旗 $238,470,033[5]
アメリカ合衆国の旗 $125,070,033[5]
日本の旗 13.5億円[6]
テンプレートを表示

ハドソン川の奇跡』(ハドソンがわのきせき、原題: Sully)は、2016年製作のアメリカ合衆国の映画

2009年に起こり、奇跡的な生還劇として知られるUSエアウェイズ1549便不時着水事故、通称“ハドソン川の奇跡”と、その後の知られざる真実を映画化。クリント・イーストウッド監督・製作。トム・ハンクス主演[7]。原題の“Sully”(サリー)とは、USエアウェイズ1549便の機長チェスリー・サレンバーガーのニックネーム。

あらすじ[編集]

2009年1月15日、USエアウェイズ1549便がニューヨークマンハッタンの上空850メートルを飛行中、バードストライクによって全エンジンが停止、コントロールを失う。機長のチェスリー・サレンバーガーは必死のコントロールと苦渋の決断の末、ハドソン川に機体を不時着させる。その結果、1人の犠牲者も出さず、この奇跡的な生還劇は「ハドソン川の奇跡」として全世界に報道された。

事故から数日後、サレンバーガーと副操縦士のジェフリー・スカイルズを筆頭とした乗務員たちは世間から国民的英雄として賞賛される一方、国家運輸安全委員会 (NTSB) によって事故原因の調査が行なわれていた。その過程でサレンバーガーの判断が適切であったかどうか、また、左エンジンは本当は動いていたのではないかという疑いを持たれ、彼は空港への着陸が可能だったとするNTSBから厳しい追及を受ける。

やがて、サレンバーガーは自身の判断が正しかったのかという不安に苛まれ、今までの人生や不時着の日を回想する日々を送るようになるが、次第に悪夢に悩まされるようになる。だが、公聴会前日の夜になり、サレンバーガーは、ある事をシミュレーションが見落としていることに気付いた。

翌日、検証の最終段階でもある公聴会の日が訪れた。エアバス社からの中継で、コンピュータ上のシミュレーション、パイロットによるフライトシミュレーションの双方で、ラガーディア空港テターボロ空港双方への着陸が可能だったことが示された。しかし、サレンバーガーとスカイルズは、「シミュレーターのパイロットたちは、事前に複数回の練習を行っていた上、バードストライク直後に空港へ向かうよう指示されていたのだから、1549便での状況を再現出来ているとは言い難い」と抗議した。

そこでサレンバーガーはここで人的要因の考慮を要請し、空港への方向転換を、方策を考える35秒分遅らせるよう申し入れる。すると、ラガーディア、あるいはテターボロに着陸できたはずのフライトシミュレーションは2例とも失敗、それも、市街地に墜落する大惨事となり得たことが示された。

その後、実際の音声記録が再生されると、全てのパズルが埋まり始める。

録音は1549便が出発する直前から始まっており、パイロットたちの何気ない世間話から、出発ゲートを離れてプッシュバックし、離陸する滑走路へタキシング、その後スカイルズの操縦で問題なくスムーズに離陸する様子までもが細かく記録されていた。しかし、サレンバーガーが離陸後チェックリストを完了して間も無く高度3000フィートを超えた辺りでバードストライクに遭遇し、1549便の両エンジンが停止する。サレンバーガーは即座にAPUを起動してからスカイルズと操縦を交代、管制官に対してエンジン故障を報告。管制官の指示でラガーディア空港へ進路を向けようとする。一方、スカイルズはQRH(クイック・リファレンス・ハンドブック)に従ってエンジンの再起動を試みたものの、機体は最適な対気速度から100ノット近くも速度が下回っている状態に陥り、エンジンはまるで動かなかった。この時点で事態発生から1分以上が経過しており、サレンバーガーはラガーディア空港に引き返せないことを悟っていた。サレンバーガーはテターボロ空港へ向かうことも考えたが、それを管制官に伝えた時点で機体は1400フィート以下にまで落ちており、テターボロ空港へも辿り着けそうになかった。そこで、サレンバーガーは目の前のハドソン川に降りることを決断した。管制官にそれを伝えると、サレンバーガーは乗客に対して「衝撃に備えてください」とだけアナウンスし、そして、1549便を船着場近くの水面へと滑るように着水させた。パイロットたちがその後、機体の電源を落とすまでレコーダーの記録は続いていた。

この証拠を前にして、NTSBはサレンバーガーの判断が正しかったことを認めた。

クレジットシーンでは、実際のサレンバーガー夫妻・スカイルズらと当時の乗客が一堂に会した場面が映される。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[8]

製作[編集]

イーストウッドは本作の撮影のため、本物のエアバスを購入、さらに救助ボートも実際の救助に使用されたものを使い、オペレーターも同じスタッフを動員[9]、救助隊やボランティア、警察官、ニュースキャスターやパイロットなど、救出に携わった当時の関係者を本人役で多数出演させ[10]、事故を徹底的にリアルに再現した。イーストウッド作品では初のIMAXカメラを使用して撮影されていて、ほぼ全編がARRI ALEXA 65で撮影された。

評価[編集]

受賞[編集]

映画賞 対象 結果 出典
2016 第22回放送映画批評家協会賞 作品賞 ハドソン川の奇跡 ノミネート [11][12]
主演男優賞 トム・ハンクス ノミネート
2017 第90回キネマ旬報ベスト・テン 外国映画ベスト・テン ハドソン川の奇跡 1位 [13]
外国映画監督賞・読者選出外国映画監督賞 クリント・イーストウッド 受賞
第71回毎日映画コンクール 外国映画ベストワン賞 受賞 [14]
第15回視覚効果協会 長編実写映画・補助視覚効果賞 未決定 [15]
第40回日本アカデミー賞 最優秀外国作品賞 受賞 [16]

公開延期[編集]

ブラジルではラミア航空2933便墜落事故の発生を受けて、2016年12月1日の公開予定が延期された[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sully in IMAX
  2. ^ Stone, Natalie (2015年12月18日). “Clint Eastwood's 'Sully' Gets Early Fall Release Date”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/clint-eastwoods-sully-gets-early-850327 2015年12月25日閲覧。 
  3. ^ 日本版オフィシャルサイト
  4. ^ a b Warner Bros. Delays Release of “Sully” In Brazil”. 2016年12月3日閲覧。
  5. ^ a b c Sully” (英語). Box Office Mojo. 2017年1月25日閲覧。
  6. ^ 2016年(平成28年) 興行収入10億円以上番組 (PDF)”. 日本映画製作者連盟. 2017年2月3日閲覧。
  7. ^ “C・イーストウッド「ハドソン川の奇跡」9月公開、乗客を救った機長役はT・ハンクス”. 映画ナタリー. (2016年3月17日). http://natalie.mu/eiga/news/180121 2016年3月18日閲覧。 
  8. ^ ハドソン川の奇跡”. 2016年10月26日閲覧。
  9. ^ “旅客機を一機お買い上げ!クリント・イーストウッド監督ケタハズレのリアル演出”. シネマトゥデイ. (2016年9月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0085805 2016年9月6日閲覧。 
  10. ^ “事件関係者が本人役で総出演!「ハドソン川の奇跡」イーストウッド監督の飽くなきこだわり”. 映画.com. (2016年9月4日). http://eiga.com/news/20160904/8/ 2016年9月6日閲覧。 
  11. ^ “『ラ・ラ・ランド』最多!放送映画批評家協会賞ノミネーション発表”. シネマトゥデイ. (2016年12月5日). http://www.cinematoday.jp/page/N0088025 2016年12月5日閲覧。 
  12. ^ “「セッション」監督の新作「ラ・ラ・ランド」放送映画批評家協会賞で8冠”. 映画ナタリー. (2016年12月12日). http://natalie.mu/eiga/news/212916 2016年12月13日閲覧。 
  13. ^ “キネマ旬報ベスト・テン決定、「この世界の片隅に」「ハドソン川の奇跡」が1位に”. 映画ナタリー. (2017年1月10日). http://natalie.mu/eiga/news/216247 2017年1月10日閲覧。 
  14. ^ “毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠”. 映画ナタリー. (2017年1月19日). http://natalie.mu/eiga/news/217340 2017年1月19日閲覧。 
  15. ^ “「ローグ・ワン」視覚効果協会賞で7部門ノミネート!”. 映画.com. (2017年1月12日). http://eiga.com/news/20170112/8/ 2017年1月12日閲覧。 
  16. ^ “第40回 日本アカデミー賞 最優秀賞 受賞作品・受賞者 決定”. 日本アカデミー賞公式サイト. (2017年3月3日). http://www.japan-academy-prize.jp/news/index_news2017.php 2017年3月6日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]