ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場
Heartbreak Ridge
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ジェームズ・カラバトソス
製作 クリント・イーストウッド
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 レニー・ニーハウス
撮影 ジャック・N・グリーン
編集 ジョエル・コックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年12月5日
日本の旗 1987年1月17日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $15,000,000[1]
興行収入 $121,700,000[2]
テンプレートを表示

ハートブレイク・リッジ 勝利の戦場』(Heartbreak Ridge)は、1986年公開のアメリカ映画クリント・イーストウッド監督・主演。グレナダ侵攻をテーマにしている。

あらすじ[編集]

朝鮮戦争を皮切りに、数々の戦場を渡り歩いたアメリカ海兵隊の一等軍曹トム・ハイウェイは、平和な現代社会では浮いた存在となりつつあった。ハイウェイは酔っ払って喧嘩した上に警察のパトカーに放尿して逮捕されていた。檻の中でも彼は数々の武勇伝に話を咲かせ、百戦練磨の腕っ節の強さを見せ付け、裁判でも朝鮮戦争の時に与えられた名誉勲章に免じて罰金100ドルで放免となる。そんなハイウェイに、彼の古巣である第二海兵師団第二偵察大隊第二偵察小隊(ノースカロライナ州キャンプ・レジューン)へ復帰するようにという辞令が下った。

ハイウェイはバスで赴任先へ向ったが、途中、「ロックンロールの帝王」と名乗る黒人青年と顔見知りとなる。しかし、ドライブインで休憩中に、その青年に食事代を持ち逃げされた挙句、バスにも置いてけぼりを食わされる。なんとかキャンプ・レジューンに到着したハイウェイを待っていたのは、士官学校卒で書類馬鹿の中隊長パワーズ少佐と出来損ないの戦闘未経験の兵士たちだった。その兵士の中には、食事代を持ち逃げした青年スティッチもいた。ハイウェイはパワーズに睨まれながらも、彼らに一人前の海兵らしく戦えるように鍛え直していくことに決める。訓練開始の前夜、ハイウェイは前妻アギーと再会し関係の修復を図るが、彼女が働く店でトラブルを起こしたスティッチを庇い店主と揉めたため、店を追い出され彼女との話も途中で終わってしまう。

翌日からハイウェイは、今までの軍曹がやらなかった実戦さながらの実弾を用いた訓練を取り入れた。それはアメリカ海兵隊にとって敵となりうる人たちが好んで使用するAK-47突撃銃を兵士たちの至近距離で撃ち、その発射音を覚えさせるというものだった。訓練中もハイウェイのやり方がパワーズとの確執を拡大させ、戦闘訓練の際にパワーズ率いる第一小隊とハイウェイ率いる第二小隊が目的地の一番乗りを巡り小競り合いとなる。最終的に指揮官同士の戦いにもつれ込み、パワーズとハイウェイの一騎討ちとなった。ハイウェイは実戦経験のないパワーズを打ち負かし、目的地一番乗りの名誉を勝ち取る。ハイウェイは再びアギーの元を訪れ彼女との関係を修復しようとするが、彼女は突然泣き出してハイウェイを追い出してしまう。ハイウェイは酔って騒ぎを起こして監獄送りとなり、長年の戦友であるチューズー曹長の助けで釈放される。チューズーはハイウェイ、アギー、スティッチを連れてかつての上官の未亡人が経営する店に行き、スティッチに戦争の現実を教える。また、ハイウェイはアギーと話し合い、戦争に向かうたびに彼女が自分の身を案じて不安な日々を過ごしていたことを知る。

ハイウェイは海兵隊将校・下士官のパーティーでアギーと楽しいひと時を過ごすが、突然海兵隊に非常呼集がかけられた。それまで何度も訓練の非常呼集があったので、海兵たちはまた訓練の一環と思ったが、海兵隊はグレナダ侵攻作戦に投入される。リング少尉率いる第二偵察小隊は医科大学に監禁されているアメリカ人を救出する任務を担当し、スティッチたちは初めての実戦を経験する。無事にアメリカ人たちを保護した第二偵察小隊に対し、パワーズは丘の上の敵陣地を偵察するように命令する。「許可するまで攻撃を禁じる」という命令にハイウェイは憤るが、命令通りに丘に向かうと、グレナダ軍の装甲車部隊と遭遇する。グレナダ軍に包囲された第二偵察小隊には死傷者が出てしまい、リングは自分のミスを責める。ハイウェイは援軍を呼び抵抗を続けるように指示し、味方のヘリコプターがグレナダ軍を撃退したのに合わせ丘を占拠する。ハイウェイは若い海兵らの成長を感慨深げに眺めるが、そこにパワーズが到着し、命令無視を叱責する。しかし、大隊長メイヤーズ大佐はリングとハイウェイの行動を認め、実情を無視した命令を出すパワーズを補給部隊に移動させる。

作戦を終えて帰国した第二偵察小隊は市民からの歓迎を受ける。ハイウェイは除隊する決意を固め、海兵隊への再入隊を決めたスティッチと別れを交わし、出迎えに来たアギーと共に空港から立ち去る。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
TBS テレビ朝日
トム(トーマス)・ハイウェイ一等軍曹 クリント・イーストウッド 山田康雄
アギー(アグネス) マーシャ・メイソン 沢田敏子 弥永和子
パワーズ少佐 エヴェレット・マッギル 池田勝 玄田哲章
ウェブスター軍曹 モーゼス・ガン 島香裕 麦人
スティッチ・ジョーンズ伍長 マリオ・ヴァン・ピーブルズ 大塚芳忠 江原正士
リトル・マリー アイリーン・ヘッカート 沼波輝枝 荘司美代子
ロイ・ジェニングス ボー・スヴェンソン 秋元羊介 幹本雄之
リング少尉 ボイド・ゲインズ 喜多川拓郎 宮本充
チューズー曹長 アーリン・ディーン・スナイダー 村松康雄 緒方賢一
フラゲッティ兵長 ヴィンセント・アイリザリー 荒川太郎 成田剣
アポンテ兵卒 レイモン・フランコ 桜井敏治 茶風林
プロファイル トム・ヴィラード 古田信幸 檀臣幸
クイノネス兵卒 マイク・ゴメス 大黒和広
コリンズ兵卒 ロドニー・ヒル 小室正幸 鳥海勝美
スイード・ヨハンソン一等兵 ピーター・コッチ 大塚明夫 水野龍司
メイヤーズ大佐 リチャード・ベンチャー 中庸助 糸博
G・F・デヴィン少佐 ピーター・ジェイソン 仲野裕
ゼーン判事 ジョン・イームズ 中庸助 伊井篤史
囚人 ニコラス・ワース 島香裕 中田和宏
バス運転手 スティーヴ・ハルジー 峰恵研
青年 ティモシー・フォール 辻つとむ
ウェイトレス エリザベス・ルシオ 紗ゆり
オペレーター アニー・オドネル 松下亜紀
プロデューサー:上田正人、演出:蕨南勝之、翻訳:平田勝茂、制作:東北新社、TBS
演出:松川陸、翻訳:平田勝茂、調整:山田太平、効果:リレーション、制作:ムービーテレビジョン

製作[編集]

第1騎兵師団に所属していた経験を持つ脚本家ジェームズ・カラバトソスは、グレナダ侵攻作戦の際に電話とクレジットカードを使用して火力支援を要請した第82空挺師団のパラシュート部隊の逸話に触発され、朝鮮戦争を経験したベテラン下士官が次世代の兵士に価値観を引き渡す脚本を執筆した。カラバトソスの脚本に関心を抱いたイーストウッドは、プロデューサーのフリッツ・マネスを通してアメリカ陸軍に撮影協力を依頼した[3]。また、イーストウッドは製作費の内600万ドルを支出している[4]。しかし、脚本を読んだ陸軍は、主人公のハイウェイが飲んだくれの離婚経験者であり、違法な教練を行う人物として描写されていることを理由に協力を拒否した。陸軍はハイウェイのような第二次世界大戦・朝鮮戦争時代のステレオタイプな軍人描写を忌避したが、イーストウッドは「当時の軍人には模範にする価値がある」と将軍を説得したが、翻意させることは出来なかった。

陸軍からの協力を拒否されたイーストウッドは、アメリカ海兵隊に脚本を持ち込み協力を快諾されたため、ハイウェイの設定が陸軍から海兵隊に変更された。撮影は1986年の夏に開始され、ビエケス島などでロケを行った[1]。劇中で描写されたブルドーザーによる突撃作戦は、元アメリカ中央軍司令官ジョン・アビゼイド英語版が実際にグレナダで行った作戦を再現したものである[5]。また、リングが電話とクレジットカードを使用して支援を要請した描写も事実である[6]が、実際に医科大学を解放したのはNavy SEALsであるなど史実と異なる描写もある。海兵隊はペンドルトン基地[1]など各基地での撮影を許可するなど、当初は撮影に協力的だった。しかし、完成した映像を見た際に、通常の軍隊では起こり得ない描写(名誉勲章を授与されているハイウェイを上官であるパワーズが罵倒する描写、違法な教練描写など)に疑問を呈した。また、アメリカ国防総省も撮影当初は好意的だったが、1986年11月の試写会後は本作に対して否定的な立場をとった[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c Hughes, pp. 200–201
  2. ^ Box Office Information for Heartbreak Ridge. The Wrap. Retrieved April 4, 2013.
  3. ^ Suid, Laurence M. (June 14, 2002). Guts and Glory: The Making of the American Military Image in Film. pp. 558–559. 978-0-8131-9018-1.
  4. ^ Munn, p. 212
  5. ^ St. Petersburg Times, September 3, 2006.
  6. ^ Dumbrell, John & Barrett, David M. (March 1991). The Making of U.S. Foreign Policy: American Democracy and Foreign Policy. p. 108. 978-0-7190-3187-8.
  7. ^ At Least Some Marines Are Gung-ho For 'Ridge' - Los Angeles Times, 3 December 1986

参考文献[編集]

外部リンク[編集]