クライ・マッチョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クライ・マッチョ
Cry Macho
Cry Macho logo - Clint Eastwood film.png
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ニック・シェンク
N・リチャード・ナッシュ英語版
原作 N・リチャード・ナッシュ
クライ・マッチョ英語版
製作 アルバート・S・ラディ
ティム・ムーア
ジェシカ・マイヤー
クリント・イーストウッド
出演者 クリント・イーストウッド
エドゥアルド・ミネット
ナタリア・トラヴェン
ドワイト・ヨアカム
音楽 マーク・マンシーナ
撮影 ベン・デイヴィス
編集 ジョエル・コックス
デイヴィッド・コックス
製作会社 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
マルパソ・プロダクション英語版
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2021年9月17日
日本の旗 2022年1月14日[1]
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $33,000,000[2]
興行収入 $14,305,872[3]
テンプレートを表示

クライ・マッチョ』 (Cry Macho) は、2021年アメリカ合衆国ネオウェスタンドラマ映画。監督・製作・主演をクリント・イーストウッドが務めた。1971年にN・リチャード・ナッシュ英語版が執筆した同名タイトルの小説英語版を原作とし、彼とニック・シェンクが脚本家としてクレジットされている。

映画は元ロデオスターの老人を主人公に、メキシコに住む少年を父親に引き合わせるためにアメリカに向かう物語となっている。企画の初期段階では複数の俳優の主演起用が検討され、アーノルド・シュワルツェネッガーが最終的に主演俳優に選ばれたものの、2011年に発覚した彼のスキャンダルが原因で製作が中止された。2020年にイーストウッドが主演を務めることが発表され、COVID-19パンデミック下のニューメキシコ州で2か月間にわたり撮影が行われた。

2021年9月17日にワーナー・ブラザース・ピクチャーズ配給で劇場公開され、同時にHBO Maxでも31日間配信された。批評家からは舞台背景や映画音楽については高い評価を得たものの、脚本については酷評された。また、イーストウッドの演技については両極端の評価がされている。

ストーリー[編集]

1978年。マイク・ミロはかつてはロデオで名を馳せたが現在は落ちぶれ馬の調教師で生計を立てている。彼はある日とある仕事を受ける。それは、メキシコでアルコール依存症の母親と暮らす少年をテキサスに住む少年の父親の元に送り届けたら5万ドル支払うという内容だった。マイクは少年と共にテキサスへと向かう道中、少年との交流を深めていく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[4][5]

製作[編集]

企画の始動と中止[編集]

アーノルド・シュワルツェネッガー

N・リチャード・ナッシュ英語版が執筆した脚本『Macho』は、1970年代に20世紀フォックスから2度にわたり企画を却下されていた[6]。彼は没になった脚本を小説として書き直し、1975年6月11日に『クライ・マッチョ英語版』のタイトルで出版された[7]。小説が好意的な評価を得た後、ナッシュは「一字一句文章を変えずに」再び脚本の映画化を目指し、2000年に死去するまでに20世紀フォックスなど複数の映画スタジオに脚本を売り込んだ[8]

プロデューサーのアルバート・S・ラディは『クライ・マッチョ』映画化のために長年取り組み[9]、1988年にクリント・イーストウッドに出演を持ちかけた[10]。イーストウッドは「主人公を演じるには、私は若過ぎる」として出演を辞退したものの、代わりに監督を引き受け、主演にはロバート・ミッチャムを推した[11]。1991年にロイ・シャイダーを主演に起用してメキシコで撮影が始まったが、完成せずに終わった[12][13]。その後、バート・ランカスターピアース・ブロスナンを主演に起用するという企画が不調に終わり[14][15]、2003年にアーノルド・シュワルツェネッガーに「『ウエストワールド』のリメイク版か『クライ・マッチョ』のどちらかの主演に起用する」という話が持ちかけられた[16]。シュワルツェネッガーは『クライ・マッチョ』を選んだものの、直後に彼はカリフォルニア州知事に当選したため、ラディは企画を保留するようにシュワルツェネッガーに提案した[17][18]。2011年に州知事を退任した後、シュワルツェネッガーは『クライ・マッチョ』への出演を発表し、ブラッド・ファーマンが監督を務め、ニューメキシコ州で撮影が行われることが明かされていた[19][20]。しかし、マリア・シュライヴァー英語版との離婚後、シュワルツェネッガーがメイドとの間に隠し子をもうけていたことが報じられスキャンダルに発展したため、製作は中止となった[21][22]

企画の再始動[編集]

クリント・イーストウッド

2020年10月、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズからイーストウッドが『クライ・マッチョ』の監督・プロデューサー・主演を務めることが発表され、同時に脚本はナッシュが執筆したものを採用し、『グラン・トリノ』『運び屋』の脚本を手がけたニック・シェンクも参加することが明かされた[23][24]。11月14日からニューメキシコ州アルバカーキ[25]ベン・デイヴィス主導の下で主要撮影が始まった[26]。同月16日からはソコロ郡で撮影が行われ、同月30日に同地での撮影が終了した[27]。12月からはベレン英語版で撮影が行われ、同地のファミリーレストランでカフェのシーンが撮影された[28]COVID-19パンデミックの影響を受け、撮影チームは全員マスクを着用してソーシャルディスタンスを心がけ、撮影前にはウィルス検査を受けるなどの対策を採りながら撮影を行っていた[28]

『クライ・マッチョ』には3300万ドルの製作費が投じられ[2]、撮影は予定よりも1日早く、2020年12月15日に終了した[28][25]。同月にはエドゥアルド・ミネットがイーストウッドの相手役を演じ、ドワイト・ヨアカム、ナタリア・トラヴェン、フェルナンダ・ウレホラ英語版、オラシオ・ガルシア・ロハスが出演することが公表された[29][30]。ニューメキシコ州フィルムオフィスの発表によるとベルナリオサンドヴァル郡シエラ郡ヴァレンシア郡でも撮影が行われた[31]。また、同州から撮影スタッフ250人、助演キャスト10人、エキストラ600人以上が動員され、アナ・レイとポール・リンカーン・アラヨも出演することが明かされた[31][32]ポストプロダクションではジョエル・コックスとデイヴィッド・コックスが編集作業を担当し、マーク・マンシーナが映画音楽を作曲した[33]。2021年9月10日にウォータータワー・ミュージック英語版からサウンドトラックが発売され、マンシーナ作曲、ウィル・バニスター演奏のオリジナル楽曲「Find a New Home」が収録されている[34]

イーストウッドはロサンゼルス・タイムズからの取材の中で、マルタの孫娘役の少女がCOVID-19の陽性反応が出て出演を取り消されたものの、偽陽性だったことが判明して予定通り出演することになったこと、「マッチョ」という名前の雄鶏が登場するシーンを撮影するために11羽の雄鶏が用意されたことなどを語っている。また、映画にはイーストウッドが乗馬するシーンがあるが、彼が乗馬するのは1992年に出演した『許されざる者』以来だったため、ラングラー(乗用馬の世話係)に心配されたという。さらに、1988年時には出演を断り、90歳を迎えてから出演を決意した心境について、「いつでも戻って見てみようと思っていました。それは、私が成長しなければいけないものだと感じていました。ある日、不意にもう一度見てみようと思ったのです。年代が同じなら、年上であることを意識せずに楽しめますから」と語っている[11]

マーケティング[編集]

2021年8月5日に2種類のファーストルック画像、劇場用ポスター、予告編が公開された。発表に際し、イーストウッドは『クライ・マッチョ』について、「人生をやり直す男の物語」とコメントしている[35][36][37]。予告編については好意的な評価を得ており、エンパイア誌のジェームズ・ホワイトとバラエティ誌のイーサン・シャンフィールドは「マチズモの意味を考察させる作品」[38][39]The A.V. Clubのウィリアム・ヒューズは「イーストウッドと彼が誘拐した子供との関係に焦点を当てながら、忠告、男らしさの定義、闘鶏などの心温まる要素が表現されている」とそれぞれ評価している[40]

8月下旬、ワーナー・ブラザースはシネマコン英語版で今後の映画作品の発表方法について「上手くいく方法を見付けた」と声明を発表し、『クライ・マッチョ』の予告編やイーストウッドのトリビュート映像を含む今後の公開作品の特集映像を公開した[41]。9月にはイーストウッドの特集映像が公開され、『クライ・マッチョ』の映像やイーストウッドの歴代出演作の映像の他にアルバート・S・ラディ、ティム・ムーア、モーガン・フリーマンメル・ギブソンジーン・ハックマンジョン・リー・ハンコックジョージ・ルーカスマーティン・スコセッシスティーヴン・スピルバーグメリル・ストリープヒラリー・スワンクの音声メッセージが含まれていた[42][43][44]/Filmのエリック・ヴェスパは特集映像について「プロモーションしている映画については楽しみで仕方がないのですが、映画ファンとしてはクリント・イーストウッドが生きている間に、彼に相応しい愛と感謝を示すことができることは、とてもありがたいことです。イーストウッドがカウボーイハットを被り馬に跨る姿は、とてもしっくりきますよね?彼の新作映画の巧妙なマーケティングで、この一面に多くの時間を割いているのも頷けます」[45]Yahoo!ニュースは「イーストウッドのファンは、彼が再び鞍に跨る姿を見て様々な感情を抱くだろう」とコメントしている[46]。一方、映画公開後にフォーブスは「最後にもう一度クリント・イーストウッドをスクリーンで見るというマーケティングの誘惑が薄れ出した」ため、『クライ・マッチョ』の興行成績は失敗に終わりそうだと指摘している[47]

公開[編集]

2021年9月17日にワーナー・ブラザース・ピクチャーズ配給で劇場公開されると同時に、HBO Maxでも31日間配信された。当初は10月22日に『ラストナイト・イン・ソーホー』『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』と同時公開予定だったが[48]、『DUNE/デューン 砂の惑星』『ソプラノズ ニューアークに舞い降りたマフィアたち英語版』との調整の結果、公開日が前倒しされた[49]。10月30日には東京国際映画祭で上映されている[50][51]。11月5日からはデジタル配信が始まり、12月7日にワーナー・アーカイヴ・コレクション英語版からUltra HD Blu-rayBlu-ray DiscDVDが発売された[52]

評価[編集]

興行収入[編集]

2021年9月17日に『炎のデス・ポリス』と同時にワイド・リリース英語版された。バラエティ誌とTheWrapはオープニング週末の興行収入を500万ドルから1000万ドルと予測し[2][53]Boxoffice Proカナダを合わせた北米市場の初日興行収入を100万ドルから500万ドル、オープニング週末の興行収入を200万ドルから1500万ドルと予測している[54]。アナリストたちは「高齢男性層はHBO Maxのストリーミング配信で視聴し、口コミで好評になった時のみ劇場で鑑賞する可能性が高い」と分析しており、コムスコアのポール・デルガラベディアンは「これも独自の工夫を凝らしたハイブリッドモデルのテストです。一般的にブロックバスター映画は劇場公開モデルが適しているが、『クライ・マッチョ』は劇場観賞に消極的な客層がターゲットの作品のため、HBO Maxからの大きな後押しを得られるだろう」と指摘している[53][54]

『クライ・マッチョ』は公開初日に160万ドル、2日目に170万ドル、3日目に130万ドルの興行収入を記録し、オープニング週末の興行収入は440万ドル、1劇場当たりの平均興行収入は1115ドルとなった[55][56]。オープニング週末の興行成績は『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(公開3週目)、『フリー・ガイ』(公開6週目)に次ぐ第3位にランクインしており、観客の年齢層は35歳以上が79%、性別は女性が51%、人種は白人66%、ラテン系14%、黒人8%、アジア系・その他12%となっている。EntTelligenceの分析によると、高齢観客層は午後の早い時間帯に観賞する割合が高く、全体の88%が午後8時より前に映画館で鑑賞している。また、早期上映のチケット平均価格は10.77ドルで、限定公開英語版された『ブルー・バイユー』『タミー・フェイの瞳』の平均価格13ドルを下回った[55][57]。バラエティ誌は興行不振について、COVID-19パンデミック期に劇場公開されたワーナー・ブラザース作品の『レミニセンス』『マリグナント 狂暴な悪夢』と同レベルと報じている[58]Samba TVは300万世帯を対象に視聴調査を行い、『クライ・マッチョ』をHBO Maxで5分以上視聴した世帯数は配信3日間で69万3000世帯を記録し、『イン・ザ・ハイツ』の記録に並んだと発表した。視聴年齢層は65歳以上が多く、人種はヒスパニック系が35%だった[59]。公開第2週末の興行収入は前週比53.8%減の205万ドル(4022館)を記録し、週末興行成績は第5位にランクダウンした[60][61]

海外市場では585劇場で公開され、オープニング週末の興行収入は35万ドル、公開第2週末の興行収入は18市場で41万4000ドルを記録した[62][63][64]。2021年11月12日からはイギリスアイルランドで公開され[65]、同じ週の興行収入は12市場で93万2000ドルを記録している[66]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは167件の批評が寄せられ支持率57%、平均評価5.6/10となっており、批評家の一致した見解は「『クライ・マッチョ』は、クリント・イーストウッドが経済的利益を生む映画製作者であり、カリスマ的なスクリーン・プレゼン能力を持つことを証明しているが、彼はこの特殊なプロジェクトには不向きな人物だった」となっている[67]Metacriticでは44件の批評に基づき58/100のスコア[68]CinemaScoreではB評価を与えており、ポストトラック英語版では好意的な評価が73%となっている[55]

『クライ・マッチョ』は物語のトーン、テーマ、演出などの面で賛否両論となった。バラエティ誌のオーウェン・グレイバーマンは、イーストウッドの演出が「不快にならない優しい方法によって」ストーリーをシンプルなものに保っていると批評している[69]グレン・ケニー英語版RogerEbert.comに寄稿して3.5/5の星を与え、「小さなイベントが美しい映像と、ゆったりとしたシーンの中で発生する。人生において価値あるものとは何かというシンプルで真摯な姿勢が、この映画の存在理由である。それ以上でも、それ以下でもない」と批評している[70]ニューヨーク・タイムズA・O・スコットは映画を「証明することは何もなく、ただ語るだけで十分な溜まり場映画」と表現して映画音楽と舞台を高く評価し、イーストウッドについては「老人が運転するなら、私はただ乗って楽しみなさいとアドバイスします」と批評している[71]

ニック・シェンクの脚本には否定的な評価が多く寄せられ、CNNのブライアン・ロウリーやサンフランシスコ・クロニクルのG・アレン・ジョンソンからは「弱い脚本」と批評された[72][73]ハリウッド・リポーターのデイヴィッド・ルーニーは、「徐々に相互理解が進むのを観客に見守らせるのではなく、イーストウッド演じるマイク・ミロにそれを語らせる映画である」と批判している[74]。ロサンゼルス・タイムズのジャスティン・チャン英語版は、マチズモをテーマにした作品は主演俳優の演技に支えられているが、ストーリーはワンパターンで、『グラン・トリノ』『運び屋』に酷似していると指摘している[75]ガーディアン紙のベンジャミン・リーは2/5の星を与え、「何もないシーンが次々と続き、面白い台詞も感動的な瞬間も未解決の葛藤もない、ひたすら何もない」と酷評し[76]ザ・ニューヨーカーリチャード・ブロディ英語版はこれに加えて「この心躍る冒険は、極々狭い範囲での奇跡に近い脱出を暗示しており、回顧的な物語の雰囲気を醸し出している」と指摘している[77]

イーストウッドの役柄については評価が分かれた。Vultureビルゲ・エビリ英語版は、映画ファンなら過去のフィルモグラフィーからイーストウッドの存在を楽しむことができると指摘したうえで、「映画は常に上手くいくとは限らないが、必要がある時には上手くいく。同じことが、このスターにも言える。マイクを見ると、何故か91歳の俳優イーストウッドではなく、象徴としてのクリントに見えてくる。それは老いを感じさせないというよりも、風化した栄光の中で保存された、映画の永遠の呪われたカウボーイだ」と批評している[78]アトランティック誌のデイヴィッド・シムズは、イーストウッドの魅力と、彼が映画の中で自分自身のキャリアを表現した点を評価し、彼が「不愛想になる傾向があり、自分のキャリアに冷徹な目を向ける一方、まだ学ぶべきことがある男の物語を伝えている」と批評している[79]ニューヨーク・オブザーバーのオリヴァー・ジョーンズは、『クライ・マッチョ』は映画ファンを失望させ、「かつて存在したものへの切ない思い出」を残すだろうと批評している[80]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ クリント・イーストウッドの最新作公開、元ロデオスターと不良少年による交流描く”. 映画ナタリー (2021年9月20日). 2021年9月20日閲覧。
  2. ^ a b c Rubin, Rebecca (2021年9月15日). “'Shang-Chi' Aims to Retain Box Office Crown Over Clint Eastwood's 'Cry Macho'”. Variety. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  3. ^ Cry Macho”. Box Office Mojo. 2022年1月4日閲覧。
  4. ^ “『クライ・マッチョ』3月30日先行ダウンロード販売 / 4月27日デジタルレンタル開始 / 5月11日ブルーレイ&DVD発売・レンタル開始”. ワーナー公式. (2022年3月4日). https://warnerbros.co.jp/c/news/2022/03/3119.html 2022年3月6日閲覧。 
  5. ^ クライ・マッチョ -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年5月26日). 2022年5月27日閲覧。
  6. ^ Kelly, Kevin (1978年12月17日). “Unlike the movie, 'Sarava' on stage a subtle, romantic fable”. The Boston Globe (Boston, Massachusetts): p. 137. オリジナルの2021年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210601130431/https://www.newspapers.com/clip/70147237/unlike-the-movie-sarava-on-stage-a/ 2021年2月12日閲覧. "Nash also explained the divergence in his career from playwright to novelist. It happened when he wrote a screenplay which was twice rejected by 20th Century Fox. He gave the material a new format, hurriedly rewriting it as a novel. When it was published, under the title 'Cry Macho,' Fox immediately optioned it and signed Nash to do the screenplay." 
  7. ^ Gupte, Pranay (1975年7月13日). “New & Novel”. p. 209. オリジナルの2020年10月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201015180740/https://www.nytimes.com/1975/07/13/archives/new-novel-the-world-from-rough-stones.html 2021年2月9日閲覧。 
  8. ^ Wigler, Stephen (1985年10月3日). “Return Of A Playwright Richard Nash Goes Back To The Stage -- But Not Broadway”. Orlando Sentinel. 2020年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月10日閲覧。
  9. ^ Cieply, Michael (2021年9月1日). “The Truly Amazing Al Ruddy Delivers 'Cry Macho' After All These Years”. Deadline Hollywood. 2021年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  10. ^ Saperstein, Pat (2021年3月22日). “Clint Eastwood's 'Cry Macho' Sets October Release”. Variety. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  11. ^ a b Turan, Kenneth (2021年9月12日). “At 91, Clint Eastwood throws a punch and rides a horse in his new movie. And he's not ready to quit”. Los Angeles Times. 2021年9月12日閲覧。
  12. ^ Goldfarb, Myra Yellin (1991年4月20日). “Royalties Still Pouring In For 'Rainmaker' Author”. The Morning Call. 2020年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月14日閲覧。
  13. ^ Dick, Jeremy (2020年10月3日). “Clint Eastwood Will Next Star in and Direct Cry Macho for Warner Bros.”. MovieWeb. 2021年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月24日閲覧。
  14. ^ Heritage, Stuart (2020年10月5日). “Will Cry Macho be the ultimate Clint Eastwood film?”. The Guardian. 2020年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月30日閲覧。
  15. ^ Toro, Gabe (2011年5月5日). “Arnold Schwarzenegger Will 'Cry Macho' This Fall”. IndieWire. 2020年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月30日閲覧。
  16. ^ Eller, Claudia; Cieply, Michael (2003年7月31日). “Politics May Take Back Seat to Actor's Troubled Day Job”. Los Angeles Times (Los Angeles, California): p. 31. オリジナルの2021年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210601130437/https://www.newspapers.com/clip/70144769/politics-may-take-back-seat-to-actors/ 2021年2月12日閲覧。 
  17. ^ Schwarzenegger, Arnold (October 2012). “Chapter 29: The Secret”. Total Recall. Simon & Schuster. ISBN 978-1-8498-3974-7. オリジナルのNovember 14, 2020時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201114165522/https://www.google.com/books/edition/Total_Recall/u9PMRsSaqQQC 2020年11月14日閲覧。 
  18. ^ “Arnold won't be back after all”. National Post (Ontario, Canada): p. 50. (2011年5月20日). オリジナルの2021年6月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210601130501/https://www.newspapers.com/clip/69916798/arnold-wont-be-back-after-all/ 2021年2月11日閲覧。 
  19. ^ Arnold Schwarzenegger talks 'Cry Macho'”. Entertainment Weekly (2011年4月29日). 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧。
  20. ^ Kilday, Gregg (2011年5月4日). “Arnold Schwarzenegger Picks Drama 'Cry Macho' for Big-Screen Return (Cannes)”. The Hollywood Reporter. 2020年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月30日閲覧。
  21. ^ Cieply, Michael (2011年5月18日). “Schwarzenegger's Next Film May Have a Familiar Plot”. The New York Times. 2021年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月10日閲覧。
  22. ^ Stern, Marlow (2011年5月25日). “Arnold Schwarzenegger's Canceled Film: How 'Cry Macho' Parallels His Own Scandal”. オリジナルの2020年10月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201003231305/https://www.thedailybeast.com/arnold-schwarzeneggers-canceled-film-how-cry-macho-parallels-his-own-scandal 2020年10月3日閲覧。 
  23. ^ Kroll, Justin (2020年10月2日). “Clint Eastwood Finds His Next Film, Coming On To Star And Direct 'Cry Macho' For Warner Bros”. Deadline Hollywood. 2020年10月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月3日閲覧。
  24. ^ Kroll, Justin (2021年2月26日). “'Cry Macho' Screenwriter Nick Schenk Signs With Management 360”. Deadline Hollywood. 2021年2月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月27日閲覧。
  25. ^ a b Gomez, Adrian (2020年10月27日). “Clint Eastwood to bring 'Cry Macho' to NM”. Albuquerque Journal (Albuquerque, New Mexico): p. A6. オリジナルの2021年4月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210421013547/https://www.newspapers.com/clip/69917283/clint-eastwood-to-bring-cry-macho-to/ 2020年10月27日閲覧。 
  26. ^ Mathai, Jeremy (2021年8月6日). “Cry Macho: Release Date, Cast and More”. /Film. 2021年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月7日閲覧。
  27. ^ Larson, John (2020年11月5日). “Movie to be filmed in Socorro County; extras needed”. El Defensor Chieftain. 2020年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月5日閲覧。
  28. ^ a b c Pardo, Annalisa (2020年12月3日). “Clint Eastwood shooting movie in Belen”. KRQE. 2020年12月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月3日閲覧。
  29. ^ Kit, Borys (2020年12月17日). “'Narcos: Mexico' Star Fernanda Urrejola Joins Clint Eastwood's 'Cry Macho' (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2020年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月17日閲覧。
  30. ^ Kroll, Justin (2020年12月17日). “Eduardo Minett, Dwight Yoakam, Others Join Clint Eastwood's 'Cry Macho' At Warner Bros.”. Deadline Hollywood. 2020年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年12月17日閲覧。
  31. ^ a b The New Mexico Film Office Announces Cry Macho a Clint Eastwood Film Wraps Production in New Mexico”. New Mexico State Film Office (2021年3月2日). 2021年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月4日閲覧。
  32. ^ Slenk, Austin (2021年3月23日). “Clint Eastwood's 'Cry Macho' Gets Combined Theatrical, HBO Max Release Date”. Collider. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  33. ^ Zigler, Brianna (2021年8月6日). “Clint Eastwood is Old and Washed Up in First Trailer for Cry Macho”. Paste. 2021年8月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月7日閲覧。
  34. ^ 'Cry Macho' Soundtrack Album Details”. Film Music Reporter (2021年9月9日). 2021年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月18日閲覧。
  35. ^ Bucksbaum, Sydney (2021年8月5日). “Clint Eastwood is back in the saddle with a pet rooster in Cry Macho first look”. Entertainment Weekly. 2021年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧。
  36. ^ Fernández, Alexia (2021年8月5日). “See Clint Eastwood Return to His Cowboy Ways in First Look at His New Film Cry Macho”. People. 2021年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月18日閲覧。
  37. ^ Haring, Bruce (2021年8月5日). “'Cry Macho' Trailer: Clint Eastwood Rides Again In Director-Star's Latest Western Drama”. Deadline Hollywood. 2021年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月5日閲覧。
  38. ^ White, James (2021年8月6日). “Clint Eastwood Sees The Downside Of Being Tough In The Cry Macho Trailer”. Empire. 2021年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月7日閲覧。
  39. ^ Shanfeld, Ethan (2021年8月5日). “Clint Eastwood Redefines Machismo in 'Cry Macho' Trailer”. Variety. 2021年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月6日閲覧。
  40. ^ Hughes, William (2021年8月5日). “Clint Eastwood dispenses crotchety wisdom, dick jokes in Cry Macho trailer”. The A.V. Club. 2021年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月6日閲覧。
  41. ^ Warner Bros Distribution Brass Assures Exhibition 'Going To The Theater Is Simply In Our DNA' In Studio CinemaCon Reel”. Deadline Hollywood (2021年8月24日). 2021年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月25日閲覧。
  42. ^ Marich, Robert (2021年8月24日). “Warner Bros. Reveals New Footage of 'The Matrix 4' and 'The Batman' at CinemaCon”. Variety. 2021年9月6日閲覧。
  43. ^ Overhultz, Lauryn (2021年9月9日). “Clint Eastwood receives star-studded tribute ahead of latest film 'Cry Macho': A 'national icon'”. Fox News. 2021年9月9日閲覧。
  44. ^ Cry Macho – A Director's Vision. Warner Bros. Pictures. 14 September 2021. YouTubeより2021年9月14日閲覧
  45. ^ Vespe, Eric (2021年9月10日). “This Cry Macho Featurette Is All About Some Guy Named Clint Eastwood, Ever Hear Of Him?”. /Film. 2021年9月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月12日閲覧。
  46. ^ See Clint Eastwood return to his cowboy roots in an exclusive 'Cry Macho' sneak peek”. Yahoo! News (2021年9月10日). 2021年9月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月10日閲覧。
  47. ^ Mendelson, Scott (2021年9月18日). “Clint Eastwood Easily Tops 'Tammy Faye' And 'Cop Shop' At Friday Box Office”. Forbes. 2021年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  48. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年3月22日). “Clint Eastwood's 'Cry Macho' Sets Fall Release”. Deadline Hollywood. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  49. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年6月25日). “Warner Bros Shuffles Fall Release Deck With 'Dune', 'Cry Macho' & 'The Many Saints Of Newark'”. Deadline Hollywood. 2021年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月25日閲覧。
  50. ^ Szalai, Georg (2021年9月21日). “Tokyo Film Fest to Open With Clint Eastwood's 'Cry Macho,' Close With 'Dear Evan Hansen'”. The Hollywood Reporter. 2021年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月22日閲覧。
  51. ^ Tokyo Film Festival Kicks Off with Isabelle Huppert and Post-COVID Optimism”. The Hollywood Reporter (2021年10月30日). 2021年11月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月1日閲覧。
  52. ^ Latchem, John (2021年10月18日). “Eastwood's 'Cry Macho' Available for Digital Purchase Nov. 5, on Disc Dec. 7”. Media Play News. 2021年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月5日閲覧。
  53. ^ a b Fuster, Jeremy (2021年9月15日). “'Cry Macho': Will Clint Eastwood's Loyal Fans Choose Theaters or HBO Max?”. TheWrap. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  54. ^ a b Robbins, Shawn (2021年9月16日). “Weekend Box Office Forecast: Shang-Chi Targets Third #1 Weekend as Copshop and Cry Macho Eye Soft Starts”. Boxoffice Pro. 2021年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月17日閲覧。
  55. ^ a b c D'Alessandro, Anthony (2021年9月19日). “'Shang-Chi' Ruling Box Office In Third Weekend With $21M+ – Sunday Update”. Deadline Hollywood. 2021年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  56. ^ Domestic 2021 Weekend 38”. Box Office Mojo. 2021年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  57. ^ Goldsmith, Jill (2021年9月19日). “'Eyes Of Tammy Faye', 'Blue Bayou' Show Arthouse Resurgence Remains Elusive – Specialty Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  58. ^ Rubin, Rebecca (2021年9月19日). “Box Office: 'Shang-Chi' Retains No. 1 Spot as Clint Eastwood's 'Cry Macho' and Gerard Butler's 'Copshop' Crater”. Variety. 2021年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  59. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年9月20日). “'Cry Macho' Ties 'In The Heights' In Weekend HBO Max Households; But Is -51% Behind 'The Little Things' Per Samba TV”. Deadline Hollywood. 2021年9月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月20日閲覧。
  60. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年9月26日). “'Shang-Chi' Is The Highest-Grossing Pic At Pandemic Domestic B.O.; 'Dear Evan Hansen' Still Weeping With $7.5M – Sunday Update”. Deadline Hollywood. 2021年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月26日閲覧。
  61. ^ Domestic 2021 Weekend 39”. Box Office Mojo. 2021年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年12月19日閲覧。
  62. ^ Tartaglione, Nancy (2021年9月19日). “'Dune' Reaps A Heap With $37M From Early Offshore Debut; 'Shang-Chi' Tops $320M WW – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月19日閲覧。
  63. ^ Rubin, Rebecca (2021年9月19日). “Box Office: 'Dune' Debuts Internationally With $36 Million”. Variety. 2021年9月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月21日閲覧。
  64. ^ Tartaglione, Nancy (2021年9月26日). “'Dune' Mines $77M Cume Through Second Early Offshore Frame – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月27日閲覧。
  65. ^ Tabbara, Mona (2021年11月12日). “UK-Ireland box office preview: 'Cry Macho', 'Mothering Sunday' take on strong holdovers”. Screen Daily. 2021年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月14日閲覧。
  66. ^ Tartaglione, Nancy (2021年11月14日). “'No Time To Die' Crosses $700M Global, Becomes Biggest Hollywood Pic Of Pandemic Overseas; 'Eternals' Assembles $281M WW Through Second Session – International Box Office”. Deadline Hollywood. 2021年11月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月14日閲覧。
  67. ^ Cry Macho”. Rotten Tomatoes. 2022年1月4日閲覧。
  68. ^ Cry Macho”. Metacritic. 2022年1月4日閲覧。
  69. ^ Gleiberman, Owen (2021年9月15日). “'Cry Macho' Review: Clint Eastwood's Mexico-Set Ancient-Cowboy-Meets-Troubled-Teen Afterschool Special”. Variety. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  70. ^ Kenny, Glenn (2021年9月15日). “Cry Macho”. RogerEbert.com. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  71. ^ Scott, A. O. (2021年9月16日). “'Cry Macho' Review: The Good, the Bad and the Poultry”. The New York Times. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  72. ^ Johnson, G. Allen (2021年9月15日). “Review: Clint Eastwood's 'Cry Macho' wheezes into the sunset”. San Francisco Chronicle. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  73. ^ Lowry, Brian (2021年9月16日). “'Cry Macho' is a weak addition to Clint Eastwood's 50-year filmography”. CNN. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  74. ^ Rooney, David (2021年9月15日). “Clint Eastwood's 'Cry Macho': Film Review”. The Hollywood Reporter. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  75. ^ Chang, Justin (2021年9月15日). “Review: Clint Eastwood confronts his own legacy — again — in the creaky, meandering 'Cry Macho'”. Los Angeles Times. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  76. ^ Lee, Benjamin (2021年9月15日). “Cry Macho review – Clint Eastwood's dull 70s drama evokes no tears”. The Guardian. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  77. ^ Brody, Richard (September 16, 2021). “'Cry Macho,' Reviewed: Clint Eastwood's Rueful Tale of a Boy and a Bird”. The New Yorker. オリジナルのSeptember 16, 2021時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210916225732/https://www.newyorker.com/culture/the-front-row/cry-macho-reviewed-clint-eastwoods-rueful-tale-of-a-boy-and-a-bird 2021年9月16日閲覧。. 
  78. ^ Ebiri, Bilge (2021年9月15日). “Clint Eastwood's Lovely, Awkward Cry Macho Is As Fragile As Its Star”. Vulture. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  79. ^ Sims, David (2021年9月15日). “Another Unpretentious, Melancholy Farewell From Clint Eastwood”. The Atlantic. 2021年9月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。
  80. ^ Jones, Oliver (2021年9月15日). “The Uninspired 'Cry Macho' Will Leave You Wistful for Clint Eastwood's Past Work”. The New York Observer. 2021年9月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月16日閲覧。

外部リンク[編集]