荒野のストレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
荒野のストレンジャー
High Plains Drifter
監督 クリント・イーストウッド
脚本 アーネスト・タイディマン
ディーン・レイスナー
(クレジットなし)
製作総指揮 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
ヴェルナ・ブルーム
マリアンナ・ヒル
ビリー・カーティス
音楽 ディー・バートン
撮影 ブルース・サーティース
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1973年4月19日
日本の旗 1973年6月2日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 8,000,000ドル[1]
テンプレートを表示

荒野のストレンジャー』(High Plains Drifter)は、1973年に公開されたアメリカの西部劇である。監督・主演はクリント・イーストウッド、イーストウッドは町の護衛を依頼される西部のガンマンを演じた。また、イーストウッドの師でもあるセルジオ・レオーネドン・シーゲルからの影響を受けている作品でもある[2]

この映画の撮影はカリフォルニア州モノ・レイクの岸辺で行われた。脚本はアーネスト・タイディマンディーン・レイスナー[3]。タイディマンは小説版も執筆した。音楽はディー・バートンが作曲した。また、本作は超自然の要素を含んでいる。

概要[編集]

ラーゴ(モノ・レイク

この映画はマルパソとユニバーサルの共同製作である。脚本は『フレンチ・コネクション』でアカデミー脚色賞を受賞したアーネスト・タイディマン[4]。作品の中に見られるブラックユーモアはセルジオ・レオーネの影響である[4]

イーストウッドは撮影場所を探すため、オレゴン州、ネヴァダ州、カリフォルニア州を回り[5]、最終的にモノ・レイクでの撮影が決まった。舞台となる町のオープンセットは、40人以上の技術者と10人以上の建設関係者によって18日かけて建設された。また、ネヴァダ州、リノのウィネマツカ・レイクとカリフォルニア州、イニョー・ナショナル・フォレストで追加撮影も行われた[6]。最終的にイーストウッドは、本作をわずか6週間で撮り終えた。

ストーリー[編集]

鉱山によって成り立っている小さな町(ラーゴ)に、ある日正体不明の流れ者(ストレンジャー)がふらりと立ち寄る。彼は、からんできた3人のならず者をまたたく間に撃ち殺してしまうが、臆病な町の住人たちは、流れ者を咎めもせず、ただただ困惑してしまう。実は殺された3人は、1年前に町で捕まえて刑務所に送っていた3人の無法者の復讐に備えて、住人たちが雇っていたのだった。

時間も当てもない町にとって残された手段は、この流れ者を雇って3人の無法者に備えることしかない。彼は当初は渋っていたが、「何でも言う事をきく」との申し出に、この何やらいわくありげな町の護衛を引き受けることにする。

一安心した住人たちだったが、彼の出し始めた命令は、住人たちの当惑するとんでもないものばかりであった…。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ NET
流れ者 クリント・イーストウッド 山田康雄
キャリー マリアンナ・ヒル 弥永和子 平井道子
サラ ヴェルナ・ブルーム 宗形智子
デイブ ミッチ・ライアン 富田耕生
モーガン ジャック・ギング 小林勝彦
町長 ステファン・ジェラスク 阪脩
ベルディング テッド・ハートレイ 仁内建之
モルデカイ ビリー・カーティス 加藤治
ブリッジス ジェフリー・ルイス 飯塚昭三
カーリン(兄) ダン・ヴァディス 郷里大輔
カーリン(弟) アンソニー・ジェームズ 幹本雄之
牧師 ロバート・ドナー 清川元夢
その他 ウィリアム・オコンネル
ウォルター・バーンズ
ポール・ブリネガー
リチャード・ブル
スコット・ウォーカー
ジョン・ヒラーマン
ジョン・クエイド
バディ・ヴァン・ホーン
伊井篤史
広瀬正志
仲木隆司
島香裕

評価[編集]

アメリカでは1973年8月に公開され、当時800万ドルの興行収入を得た。これは1970年代に制作された西部劇で11番目に多くの興行収入を得た作品である[1]。当初、出演のオファーを受け、脚本も受け取っていたジョン・ウェインは映画公開後、イーストウッドに本作を評価した手紙を送っている。ただし、その内容は「映画の町民たちは、実際のアメリカ先駆者達の精神を持っていない。アメリカの偉大なる精神をだ」というもので、本作に難色を示している[7]。評論家からは賛否両論の評価を受け、『サタデイ・レヴュー』のアーサー・ナイトはイーストウッドについて「シーゲルとレオーネの作り方を吸収し、レオーネと彼の独特の社会観が融合している」と述べた。現在、Rotten Tomatoesでは96%の高評価を受けている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Hughes, pp. 30–31
  2. ^ Kaminsky, Stuart. Clint Eastwood, Signet Books, 1975. ISBN 978-0-451-06159-1
  3. ^ クレジットなし
  4. ^ a b McGilligan (1999), p. 221
  5. ^ Gentry, p. 63
  6. ^ Hughes, p. 28
  7. ^ Schickel, p. 291

外部リンク[編集]