プレミアムシネマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

プレミアムシネマ』は衛星放送NHK BSプレミアム(BSプレミアム)で放送されている映画番組である。NHK衛星第2テレビジョン(NHK BS2)で放送されていた『衛星映画劇場』の後継番組で、BS2が閉局して2011年4月に新たに開局したBSプレミアムで同年4月4日に『BSシネマ』に改題後、2012年4月2日から『プレミアムシネマ』として放送されている。

概要[編集]

開局直後の放送時間は基本的に主に下の4通りであった(例外もあった)。

主に平日の13時から放送されている。
主に月曜日の21時から放送されていた。
深夜
主に金曜日土曜日の23時台以降から放送されていた。
早朝
主に土曜日、日曜日祝日の4:30頃から放送されていた。

10年の間に深夜・早朝枠が消滅し[1]、月曜夜の枠も中~長編ドラマへの置き換えとともに放送回数は減少。NHK BS4Kでの放送開始もあってか2023年4月からは海外ドラマに替えられ、定常枠は平日昼だけになる。2023年現在は金曜深夜、土曜昼、深夜、日曜昼に不定期で放送が組まれている。

年末年始には長時間にわたって連続して番組枠が組まれることがある。特に、2012年 - 2013年以降の毎年大晦日から元日にかけて、「プレミアムシネマ・年越し映画マラソン」と題して2日間で延べ30時間超、10作品以上に及ぶ映画テレソンが行われている[2]

また、関連の番組として2015年2月6日から2020年3月21日まで『プレミアムシネマへようこそ』と題した5分間の予告番組が随時放送されていた。坂本朋彦ナビゲーターを担当。

2021年からはプレミアムシネマ4KとしてBS4Kでも放送している。

2023年12月1日から予定されているBS放送波の再編に伴い、同日以降はNHK BSに移行した上で平日の13時から16時の間に放送する予定[3]。なお、大相撲開催期間中は同時間帯にて大相撲中継を放送するため、本番組を休止するとしている[4]。これにより平日昼の定常枠も放送回が縮小ということになる。

シリーズ企画[編集]

山田洋次監督が選んだ日本の名作100本」(2011年4月 - 2013年3月)
山田洋次監督が選んだ邦画を放映。スタジオ出演(ミニ解説):山本晋也小野文惠

脚注[編集]

  1. ^ ミッドナイト映画劇場は2006年3月限り
  2. ^ ■渡辺支配人のおしゃべりシネマ館■「年越し映画マラソン」渡辺俊雄<NHK衛星映画劇場支配人> 2013年12月23日 2014年12月20日閲覧)[リンク切れ]
  3. ^ 2023年度後半期 放送番組時刻表(種別入り)”. 日本放送協会. p. 5 (2023年7月26日). 2023年10月11日閲覧。
  4. ^ NHK、衛星放送再編もレギュラー番組廃止“ほぼなし” 『ザ少年倶楽部』&朝ドラ・大河ドラマ先行放送も継続”. ORICON NEWS (2023年7月26日). 2023年7月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]