山田洋次監督が選んだ日本の名作100本

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

山田洋次監督が選んだ日本の名作100本』(やまだようじかんとくがえらんだ にほんのめいさくひゃっぽん)は、NHK BSプレミアム2011年4月から2013年3月まで放送されたテレビ番組。放送日は毎週日曜が基本だが、まれにそれ以外の曜日に放送する場合もある。

概要[編集]

映画監督・山田洋次が、日本映画の名作100本を選び、放送していく番組である。2011年度は「家族」を描いた名作50本を放送し、2012年度は「喜劇」を描いた作品50本を放送する。100本の放送終了後は、アンコールと称した再放送のみ行われている。

映画の放送前と後には、山本晋也小野文惠による作品のミニ解説が放送される。

放送作品[編集]

家族編[編集]

放送日 作品名 監督 主演 制作年
2011年4月4日 東京物語[1] 小津安二郎 笠智衆 1953年
2011年4月5日 二十四の瞳[1] 木下惠介 高峰秀子 1954年
2011年4月6日 トウキョウソナタ 黒沢清 香川照之 2008年
2011年4月10日 鉄道員 降旗康男 高倉健 1999年
2011年4月17日 めし 成瀬巳喜男 上原謙 1951年
2011年4月24日 若者たち 森川時久 田中邦衛 1967年
2011年5月1日 ウホッホ探検隊 根岸吉太郎 十朱幸代 1986年
2011年5月8日 名もなく貧しく美しく 松山善三 高峰秀子 1961年
2011年5月15日 無法松の一生 稲垣浩 三船敏郎 1958年
2011年5月22日 煙突の見える場所 五所平之助 田中絹代 1953年
2011年5月29日 恍惚の人 豊田四郎 森繁久彌 1973年
2011年6月5日 裸の島 新藤兼人 乙羽信子 1960年
2011年6月12日 キューポラのある街 浦山桐郎 吉永小百合 1962年
2011年6月19日 おとうと[2] 市川崑 岸惠子 1960年
2011年6月26日 にごりえ 今井正 丹阿弥谷津子
久我美子
淡島千景
1953年
2011年7月3日 風の中の子供 清水宏 河村黎吉 1937年
2011年7月10日 乳母車 田坂具隆 芦川いづみ 1956年
2011年7月17日 雨月物語 溝口健二 京マチ子 1953年
2011年7月24日 異人たちとの夏 大林宣彦 風間杜夫 1988年
2011年7月31日 誰も知らない 是枝裕和 柳楽優弥 2004年
2011年8月7日 父と暮せば 黒木和雄 宮沢りえ 2004年
2011年8月15日 人間の條件 第一部 純愛篇 小林正樹 仲代達矢 1959年
2011年8月16日 人間の條件 第二部 激怒篇
2011年8月17日 人間の條件 第三部 望郷篇
2011年8月18日 人間の條件 第四部 戦雲篇
2011年8月19日 人間の條件 第五部 死の脱出 1961年
2011年8月20日 人間の條件 第六部 曠野の彷徨
2011年8月21日 狂った果実 中平康 石原裕次郎 1956年
2011年8月28日 毎日が夏休み 金子修介 佐野史郎 1994年
2011年9月11日 利休 勅使河原宏 三國連太郎 1989年
2011年9月18日 泥の河 小栗康平 田村高廣 1981年
2011年10月2日 私は二歳 市川崑 山本富士子 1962年
2011年10月9日 お引越し 相米慎二 中井貴一 1993年
2011年10月16日 おかあさん 成瀬巳喜男 田中絹代 1952年
2011年10月23日 秋刀魚の味 小津安二郎 岩下志麻 1962年
2011年10月30日 クイール 崔洋一 小林薫 2004年
2011年11月6日 にあんちゃん 今村昌平 長門裕之 1959年
2011年11月13日 人情紙風船 山中貞雄 河原崎長十郎 1937年
2011年11月20日 Shall we ダンス? 周防正行 役所広司 1996年
2011年11月27日 楢山節考 木下惠介 田中絹代 1958年
2011年12月4日 お葬式 伊丹十三 山崎努 1984年
2011年12月11日 安城家の舞踏会 吉村公三郎 原節子 1947年
2011年12月18日 君の名は 第一部 大庭秀雄 岸惠子 1953年
2012年1月9日 生きる 黒澤明 志村喬 1952年
2012年1月10日 紀ノ川 中村登 司葉子 1966年
2012年1月11日 暖流 増村保造 根上淳 1957年
2012年1月16日 祇園の姉妹 溝口健二 山田五十鈴 1936年
2012年1月17日 兄とその妹 島津保次郎 佐分利信 1939年
2012年1月18日 姉妹 家城巳代治 野添ひとみ 1955年
2012年1月29日 真実一路 川島雄三 山村聰 1954年
2012年2月5日 愛染かつら[3] 野村浩将 田中絹代 1938年
2012年2月12日 本日休診 渋谷実 柳永二郎 1952年
2012年2月26日 家族ゲーム 森田芳光 松田優作 1983年
2012年3月13日 王将 伊藤大輔 阪東妻三郎 1948年
2012年3月20日 家族 山田洋次 井川比佐志 1970年

喜劇編[編集]

放送日 作品名 監督 主演 制作年
2012年4月3日 幕末太陽傳[4] 川島雄三 フランキー堺 1957年
2012年4月10日 シコふんじゃった。 周防正行 本木雅弘 1992年
2012年4月17日 下妻物語 中島哲也 深田恭子 2004年
2012年4月24日 蒲田行進曲 深作欣二 風間杜夫 1982年
2012年5月1日 お早よう 小津安二郎 笠智衆 1959年
2012年5月8日 ニッポン無責任時代 古澤憲吾 植木等 1962年
2012年5月15日 馬鹿まるだし 山田洋次 ハナ肇 1964年
2012年5月19日 ALWAYS 三丁目の夕日 山崎貴 吉岡秀隆 2005年
2012年5月26日 時代屋の女房 森崎東 渡瀬恒彦 1983年
2012年6月11日 ウォーターボーイズ 矢口史靖 妻夫木聡 2001年
2012年6月12日 釣りバカ日誌3 栗山富夫 西田敏行 1990年
2012年6月19日 ラヂオの時間 三谷幸喜 唐沢寿明 1997年
2012年6月26日 転校生 大林宣彦 尾美としのり
小林聡美
1982年
2012年7月3日 独立愚連隊 岡本喜八 佐藤允 1959年
2012年7月10日 好人好日 渋谷実 笠智衆 1961年
2012年7月24日 台風騒動記 山本薩夫 佐田啓二 1956年
2012年7月30日 東京五人男 斎藤寅次郎 古川緑波 1945年
2012年7月31日 二等兵物語 女と兵隊・蚤と兵隊 福田晴一 伴淳三郎 1955年
2012年8月1日 エノケンのちゃっきり金太 山本嘉次郎 榎本健一 1937年
2012年8月3日 夫婦善哉 豊田四郎 森繁久彌 1955年
2012年8月21日 タンポポ 伊丹十三 山崎努
宮本信子
1985年
2012年8月28日 ひばりの森の石松 沢島忠 美空ひばり 1960年
2012年9月4日 拝啓天皇陛下様 野村芳太郎 渥美清 1963年
2012年9月11日 お嬢さん乾杯! 木下惠介 佐野周二 1949年
2012年9月18日 豚と軍艦 今村昌平 長門裕之 1961年
2012年9月25日 東京キッド 斎藤寅次郎 美空ひばり 1950年
2012年10月2日 雲の上団五郎一座 青柳信雄 フランキー堺 1962年
2012年10月9日 プーサン 市川崑 伊藤雄之助 1953年
2012年10月30日 次郎長三国志 第三部 次郎長と石松 マキノ雅弘 小堀明男 1953年
2012年11月27日 警察日記 久松静児 森繁久彌 1955年
2012年12月4日 三等重役 春原政久 小川虎之助 1952年
2012年12月11日 社長三代記 松林宗恵 森繁久彌 1958年
2012年12月12日 丹下左膳余話 百萬両の壺 山中貞雄 大河内傳次郎 1935年
2012年12月17日 カルメン故郷に帰る[1] 木下惠介 高峰秀子 1951年
2012年12月18日 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん 今井正 ミヤコ蝶々
北林谷栄
1962年
2012年12月21日 有りがたうさん 清水宏 上原謙 1936年
2012年12月26日 12人の優しい日本人 中原俊 1991年
2012年12月28日 狐の呉れた赤ん坊 丸根賛太郎 阪東妻三郎 1945年
2013年1月6日 ディア・ドクター 西川美和 笑福亭鶴瓶 2009年
2013年1月7日 源氏九郎颯爽記 白狐二刀流 加藤泰 中村錦之助 1958年
2013年1月8日 抱かれた花嫁 番匠義彰 望月優子 1957年
2013年1月15日 とんかつ大将 川島雄三 佐野周二 1952年
2013年1月22日 トイレット 荻上直子 アレックス・ハウス 2010年
2013年1月29日 神様のくれた赤ん坊 前田陽一 桃井かおり 1979年
2013年2月5日 喜劇 女は度胸 森崎東 花澤徳衛 1969年
2013年2月11日 マダムと女房 五所平之助 渡辺篤 1931年
2013年2月12日 大人の見る繪本 生れてはみたけれど 小津安二郎 斎藤達雄 1932年
2013年2月19日 夕陽に赤い俺の顔 篠田正浩 川津祐介 1961年
2013年2月26日 お日柄もよくご愁傷さま 和泉聖治 橋爪功 1996年
2013年3月5日 男はつらいよ 山田洋次 渥美清 1969年

脚注[編集]

  1. ^ a b c デジタルリマスター版。
  2. ^ ニュープリント銀残し版。
  3. ^ 前編・後編ともフィルムが完全な形で現存していないため、前編・後編をまとめた総集編として放送。
  4. ^ デジタル修復版

外部リンク[編集]