好人好日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
好人好日
監督 渋谷実
脚本 松山善三
原作 中野実
製作 佐々木孟
出演者 笠智衆
淡島千景
岩下志麻
音楽 黛敏郎
撮影 長岡博之
編集 杉原よ志
配給 松竹映画
公開 1961年8月13日
上映時間 88分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

好人好日』(こうじんこうじつ)は、1961年(昭和36年)8月13日に公開された日本映画監督渋谷実、主演:笠智衆淡島千景岩下志麻配給松竹映画

概要[編集]

奈良大学数学教授[1]である初老の男、その男を陰から三十年にもわたって支え続けてきた妻、そして奈良市役所に勤務する娘と婚約者である娘の男の同僚(及び彼の姉や母)との間の家族模様を描く。父娘の情愛がテーマの物語である。

エンディングでは東大寺が登場する。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書2014年)の川本によれば、岡潔がモデルだという。
  2. ^ 戦災孤児で実娘ではない。両親は物心付く前に、亡くなっているという設定。

関連項目[編集]

  • 岡潔 - 主人公・尾関等のモデルとなった、実在の数学者

外部リンク[編集]