ウォーターボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウォーターボーイズ』(WATER BOYS)は、 2001年に公開された日本映画、および2003年から2005年フジテレビ系で放送されたテレビドラマである。もしくは、「シンクロナイズドスイミングに挑む男子生徒達」を指すこともある。映画版は矢口史靖監督。語自体は、映画プロデューサーが作った造語である。

本記事では、シリーズの概要と映画版『ウォーターボーイズ』について解説する。

概要[編集]

男子高校生たちが、シンクロに挑む青春活劇。モデルは男子校埼玉県立川越高校の水泳部が実際に1988年から文化祭の演目として行っているシンクロ公演。

1999年、プロデューサーが『ニュースステーション』(テレビ朝日)で放送された川越高校水泳部のドキュメンタリーを見て映画化を決意。後に矢口史靖監督が加わり2001年に映画化された。公開から徐々に口コミと地方キャンペーンで話題となり、結果的に大ヒット映画となった。

当初は少数の映画館のみの上映だったが、全国各地での地道なキャンペーンと独特の宣伝展開で劇場数が増え、最終的には上映劇場100館、上映期間は6ヶ月を越える。この現象は映画業界で話題になり、それ以降同じような映画が乱立した。シネマコンプレックスの普及と時期と重なり、2000年以降の邦画復活のきっかけを作った。

本作のヒットを受け、2003年フジテレビがテレビドラマ化。映画スタッフがドラマ製作に参加することにより、映画の世界観を壊さずドラマ化に成功し、高視聴率を記録。この「映画から連続ドラマ」という連動は、その後他局にまで影響を与えることになる。この後フジテレビは、パート2(2004年)、スペシャル版(2005年)と制作し、完結した。

映画・ドラマのヒットにより全国で「シンクロブーム」が起こり、高校を中心に男子シンクロ部が設立されるなど大きな影響を与えた。映画のモデルになった川越高校水泳部のドキュメンタリーが『にんげんドキュメント』(NHK総合)や『スーパーテレビ情報最前線』(日本テレビ)で放送され、同校の文化祭は約3万人(2002年)もの入場者数を記録するまでになった。

なお、同じスタッフで映画『スウィングガールズ』(2004年)が製作され、映画『ウォーターボーイズ』の倍以上の興行成績を記録した。

歴史[編集]

  • 2001年9月15日 - 映画『ウォーターボーイズ』公開。
  • 2003年7月1日~9月9日 - テレビドラマ『WATER BOYS』放送。
    • フジテレビのイベント「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー」開催。
  • 2004年7月6日~9月21日 - テレビドラマ『WATER BOYS2』放送。
    • 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 2」開催。
    • 2004年9月21日「第1回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は鈴鹿工業高等専門学校)。
    • 2004年10月4日「あの感動がよみがえる!ウォーターボーイズ 2 完全密着130日!涙と友情の最終回スペシャル!!」放送。
  • 2005年8月1920日 - テレビドラマ『WATER BOYS 2005夏』放送。
    • 「お台場冒険王」にて「ウォーターボーイズショー 05」開催。
    • 2005年9月27日「第2回全国高校ウォーターボーイズ選手権」放送(優勝校は鈴鹿工業高等専門学校)。

映画版[編集]

ウォーターボーイズ
監督 矢口史靖
脚本 矢口史靖
製作 宮内正喜
平沼久典
塩原徹
製作総指揮 桝井省志
出演者 妻夫木聡
玉木宏
三浦哲郁
近藤公園
金子貴俊
音楽 松田岳二
冷水ひとみ
田尻光隆
撮影 長田勇市
編集 宮島竜治
配給 東宝
公開 日本の旗 2001年9月15日
上映時間 91分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

静岡県相良町(現在の牧之原市)が舞台。部員は鈴木智(妻夫木聡)ただ一人という廃部寸前の唯野(ただの)高校水泳部に、美人教師・佐久間恵(眞鍋かをり)が顧問に着任した途端、部員が30人に激増。

ところが、佐久間が本当に教えたかったのは、なんとシンクロナイズドスイミングだった。恐れをなした多くの部員たちは逃亡。しかし取り残された部長の鈴木、何事も中途半端な元バスケ部員の佐藤(玉木宏)、筋肉を付けたいガリガリのダンス少年・太田(三浦哲郁)、カナヅチ克服を目指すガリ勉・金沢(近藤公園)、ちょっと女の子っぽい早乙女(金子貴俊)の5人は泣く泣く学園祭に向けてシンクロをやる羽目に。

しかし佐久間は突如、妊娠によるつわりを引き起こして休職してしまう。さらに学校のプールは、男子がシンクロを行なう事をバカにしたバスケ部により、釣りぼりとして使われる事になり、周囲からバカにされまいと5人は急にやる気を見せだした。既にプールに放たれていた魚を捕まえ、オカマバーのママ(柄本明)など地元の商店街から協力を得ながらも、予行演習で全くシンクロらしい演技もできず、水泳部の責任者・杉田(杉本哲太)を怒らせてプールの使用を禁止されてしまう。

学園祭の発表は絶望的になる中、鈴木は予備校で桜木女子高の空手少女・木内静子(平山綾)と出会い、一目惚れ。勿論、学園祭でシンクロをやる事は言えるはずもなかった。ある日、木内と訪れた水族館で、見事に泳ぎ回るイルカのショーに触発された鈴木は怪しげなイルカの調教師・磯村(竹中直人)に頼み込み、離れかけていた佐藤たちと共に水族館や海でシンクロの練習(実はいい様にこき使われているだけ)に鍛えられて、見事に上達していく。

ある日、海で練習していた所に水難救助隊が駆けつけてきた。練習を海で溺れていると勘違いした人による通報だったが、これが話題を呼んでテレビ報道されるまでに至り、多くの住民をはじめ唯野高全体も惹きつけて、シンクロは正式に実施されることが決まり、大勢の生徒によって演じられることとなって勢いを増した。

それでも、水族館練習中に発覚した早乙女が前々から佐藤に恋をしていたという真実、自分が学園祭にシンクロをやるのだと木内に明かせない鈴木と、部員二人の心は迷っていた。

だが学園祭前日、学内でボヤ騒ぎが発生してしまい、消火のために消防隊はプールの水を用い殆ど使い切ってしまった…。

受賞[編集]

作品賞

個人賞

キャスト[編集]

  • 鈴木智:妻夫木聡
  • 佐藤勝正:玉木宏
    • 当初はアフロヘアーだったが、予行演習中に髪の毛が焼けてしまい、以降丸刈りになる。後に2003年のドラマ版「WATER BOYS」に登場している。
  • 早乙女聖:金子貴俊
    • 後に、2004年のドラマ版「WATER BOYS2」に教師として登場している。
  • 太田祐一:三浦哲郁(現:三浦アキフミ
  • 金沢孝志:近藤公園
  • 木内静子:平山綾(現:平山あや)
  • 伊丹弥生:秋定里穂
    • 女子高の文化祭実行委員。プールの水がなくなるというハプニングが発生したとき、女子高のプールの使用を申し出、危機を救った。
  • 佐久間恵:眞鍋かをり
  • 杉田:杉本哲太
    • 当初は部員のシンクロに難色を示していたが、最終的には揃いのパンツを用意するなど好意的になった。
  • 尾崎校長:谷啓
  • 磯村:竹中直人
    • やや怪しげな水族館のイルカ飼育員。練習のため水族館を訪れたメンバーをナメていたが、次第に認めるようになった。
喫茶バー(オカマバー)「ともしび」
その他のウォーターボーイズ(シンクロ参加者)


バスケ部
その他

スタッフ[編集]

主なロケ地[編集]

サウンドトラック[編集]

シンクロで使用された曲[編集]

出版[編集]

  • MAKING OF WATER BOYS(2003年・ワニブックス
  • MAKING OF WATER BOYS 2(2004年・ワニブックス)
  • ウォーターボーイズ・オフィシャルブック(2004年・扶桑社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]