ザ・ウォーターボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Waterboys
The Waterboys in Antwerp 2003 5.jpg
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリス
活動期間 1983–1993
2000–現在
Mike Scott
Steve Wickham

ザ・ウォーターボーイズThe Waterboys)は、英国エジンバラ出身のマイク・スコットを中心としたバンドである。

プロフィール[編集]

1983年にマイク・スコットによって結成される。バンド名はルー・リードの曲の歌詞から名付けられた。歌詞の評価が高く、現代のボブ・ディランスコットランドの吟遊詩人などと評されることも多い。

初期はNYパンクの影響を受けたニューウェーブバンドとしてスタートし、U2フォロワー的な扱われ方もされていた。

しかし3rdアルバムのThis Is the Seaで客演したアイルランド人フィドラー、スティーブ・ウィッカム(U2の代表曲:SundayBloodySundayにてヴァイオリンを弾いていることで知られている)に影響を受け、アイルランドに移住してアイリッシュトラッドミュージックに傾倒する。4thアルバム、Fisherman's Bluesではそのアイルランド伝統音楽を取り入れ、大きく作風が変化したため賛否両論を呼んだが、セールス的には一番の成功を収めた。

しかし、同傾向のアルバムを1枚出した後、マイク・スコットはニューヨークに移住し、ロックに回帰した作品を発表する(スティーブ・ウィッカムは脱退)。その後は一旦WATERBOYSでの活動は休止し、ソロ名義で二枚のアルバムを発表する(ソロ名義での初来日も果たす)。しかしセールスが振るわなかったこともあり、00年にまたWATERBOYSでの活動を再開し、アルバムを一枚発表する。

そして03年、スティーブ・ウィッカムが復帰し、アイルランド伝統音楽を取り入れた路線に再び回帰した。2011年にはアイルランドの詩人ウィリアム・バトラー・イェイツの詩に曲を付けたコンセプトアルバムを発表し、高い評価を受けた。

Mumford & Sonsに代表されるフォークロア要素を取り入れたロックの流行の影響や、また代表作Fisherman's Bluesの6枚組ボックスセットが発売されるなど、近年は再評価の機運が高まっている。2013年にはキャリア最長の全米ツアーが行われ、Fisherman's Blues再現ライブも好評を博した。

2014年、フジロックフェスティバルにてバンドとして初来日。2015年、日本単独公演。

2016年4月19日、日本の漫画家であるろくでなし子がマイク・スコットとの婚約を発表した。

2016年10月21日、マイク・スコットがツイッターにて結婚を発表した。

2016年10月22日、東京西麻布のイタリアンレストランにて結婚式が行われた。ウォーターボーイズメンバーのスティーブ・ウィッカムや、ろくでなし子弁護団、ホラー作家の岩井志麻子らが結婚式に出席した。また、マイクは式場にて新曲「Payo Payo Chin」(ぱよぱよち~ん)を披露した。[1]

メンバー[編集]

アルバム[編集]

1983 The Waterboys
1984 A Pagan Place
1985 This Is the Sea 最も成功を収めたシングル曲  The Whole Of The Moon収録 初期の代表作
1988 Fisherman's Blues 代表作 表題曲はハリウッド映画「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」のサウンドトラックに収録された
1990 Room to Roam
2000 A Rock in the Weary Land
2003 Universal Hall フィドルのスティーブウィッカムが復帰 再びアイリッシュトラッド路線に
2007 Book of Lightning
2011 An Appointment with Mr Yeats アイルランドの詩人 ウィリアム・バトラー・イェイツの詩に曲を付けたコンセプトアルバム 
2015 Modern Blues 国内盤にはボーナストラック2曲が収録されている。また、同年4月に日本で単独ライブを開催した。
2017 OUT OF ALL THIS BLUE ※9月に発売予定
収録曲は23曲。ソウル、ヒップホップ、R&B、ファンク、ロックなどの多彩な楽曲が収録されているとマイクスコットがTwitterにて発表した。
楽曲のタイトルについては明らかにされていないが、"YAMABEN"や"Payo Payo Chin"は各メディアにて公表されている。

シングル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部入力[編集]