内田春菊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
内田 春菊
生誕 1959年8月7日(56歳)
長崎県長崎市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家エッセイスト
活動期間 1984年 -
代表作 南くんの恋人
でんこちゃん
ファザーファッカー
『私たちは繁殖している』
テンプレートを表示

内田 春菊(うちだ しゅんぎく、1959年8月7日 - )は、日本漫画家小説家エッセイスト女優。本名は内田 滋子ノックアウト所属。落語立川流の門下でもあり、高座名「立川於春の方」を持つ。

経歴[編集]

長崎県長崎市出身。小学生の時に漫画家を志すが、実母と養父から漫画を描く事を禁じられ、隠れて豆本漫画を描いていた。中学時代に同級生の子を身籠ったことをきっかけに、養父から性的虐待を日常的に受けたことから家出。長崎県立長崎南高等学校1年途中で学校側から強制退学させられる。慶應義塾大学文学部哲学科通信教育課程に入学するも、「スクーリングのカリキュラムが不親切」と通うこともなく中退する。

その後、印刷会社の写植バーホステス、喫茶店のウェイトレスなどを経て、ペンネームの名付け親でもある編集者・プロデューサーの秋山道男に出会い見出される。その後、彼女の個性を認めたいしかわじゅんの紹介もあって、1984年双葉社発行の『小説推理』に掲載された『シーラカンスぶれいん』で漫画家としてデビュー。

性的な事柄をストレートに描き、岡崎京子桜沢エリカらと「女の子エッチ漫画家」として人気を呼ぶ。また、エッセイ、漫画エッセイ等も執筆し、その社会一般の価値観への異議申し立てで人気を博す。

青林堂発行の『月刊漫画ガロ』には、1985年9月号『おそろしいかえる酒』で初登場。 以後も『ガロ』に芸術性の高い作品を発表する。1986年から1987年にかけて『ガロ』誌上に連載した『南くんの恋人』は、これまでに4回テレビドラマ化されている。

1993年に発表した初めての小説『ファザーファッカー』はベストセラーとなり、第110回直木賞の候補作となった(1995年に映画化)。翌1994年には『私たちは繁殖している』・『ファザーファッカー』両作合わせて第4回Bunkamuraドゥマゴ文学賞を受賞。また『キオミ』で第112回芥川賞候補。

クラブ歌手だった経歴を生かし、1983年にラテンバンド「アベックス」を結成して歌手活動も行なっていた。また、女優として映画、ビデオ、舞台等にも出演している。

春菊(しゅんぎく)という筆名は本名である滋子(しげこ)が聞きようによっては「しゅんぎく」と聞こえることから名づけられたとする説がある[要出典]。また、漫画『私たちは繁殖している』では自らを「ジジ」と名乗っている。

3度の結婚歴があり、3人目の夫である俳優の貴山侑哉とは2005年に戸籍上は離婚したが、事実婚の形で同居していた。しかし2012年2月11日放送の『ゴロウ・デラックス』にて、貴山侑哉との同居を解消したと番組内で話している。

子供は4人(未婚中に長男、2人目の夫と結婚中に別の人との間に長女、貴山との間に次女と次男)。次女は女優の紅甘[1][2]

作品リスト[編集]

連載中[編集]

漫画[編集]

web漫画[編集]

小説・戯曲[編集]

  • ファザーファッカー』文藝春秋、1993年 のち文庫
  • 『キオミ』福武書店、1995年 のち角川文庫
  • 『あたしが海に還るまで』文藝春秋、1996年 のち文庫 
  • 『あたしのこと憶えてる?』新潮社 1997 のち文庫、中公文庫
  • 『彼が泣いた夜』角川書店 1998
  • 『やっぱりあなたが一番いいわ』マガジンハウス 1999 戯曲
  • 『息子の唇』集英社 2000  のち角川文庫 
  • 『犬のほうが嫉妬深い』角川書店、2001 のち文庫 
  • 『いつの日か旅に出よう』中央公論新社、2003 のち文庫 
  • 『準備だけはあるのに、旅の』中央公論新社、2004 のち文庫 
  • 『ぬけぬけと男でいよう』角川書店 2004
  • 『気がつけば彼を見ている』中央公論新社 2006 のち文庫 
  • 『私の中に答えはあるか』角川書店 2006
  • 『その水の動く先』角川学芸出版 2007
  • 『手を取って君とダイブ』光文社 2007
  • 『ドパミナジック』角川学芸出版 2010

コミックス[編集]

  • 『春菊』青林堂 1985 のち文春文庫 
  • 『シーラカンス・ロマンス』青林堂 1985 のち文春文庫 
  • 『ヘンなくだもの』実業之日本社 1986 のち角川文庫 
  • 『闇のまにまに』青林堂 1986
  • 『四つのおねがい』河出書房新社、1986年
  • 『うーんとセラピー 知恵熱エッセイ集』CBS・ソニー出版 1987 のち河出文庫
  • 南くんの恋人』青林堂、1987年、文春文庫青林工藝舎、2004年「改訂版」
  • 『めんず』実業之日本社 1987
  • 『ユー・ガッタ春菊』双葉社 1987
  • 『水物語』全4巻 光文社 1988-89年 のち知恵の森文庫 
  • 『しあわせのゆくえ』青林堂 1988
  • 『見守ってやって下さい』河出文庫 1988
  • 『一身上の都合』集英社、1988
  • 『物陰に足拍子』全4巻 実業之日本社 1988-91 のち角川文庫 
  • 『今月の困ったちゃん』マガジンハウス 1989 のち新潮文庫
  • 『シーラカンスOL』読売新聞社 1989
  • 『波のまにまに 古典的女中哀歌』朝日ソノラマ 1989 のち文春文庫 
  • 『幻想(まぼろし)の普通少女』双葉社 1989 のちMF文庫、双葉文庫  
  • 『凛が鳴る』青林堂、1990 のち文春文庫   
  • 『僕は月のように』光文社 1991 のち知恵の森文庫
  • クマグス山村基毅原作 潮出版社 1991 『クマグスのミナカテラ』新潮文庫
  • 『カモンレツゴー』白夜書房 1992 のち角川文庫 
  • 『けだるい夜に』集英社、1992年
  • 『ファンダメンタル』リイド社、1992-93 のち新潮文庫
  • 『愛のせいかしら』青林堂 1993 のち文春文庫 
  • 『吸血少女対少女フランケン』朝日ソノラマ 1993
  • 『仔猫のスープ』集英社 1993 のち文庫 
  • 『ストレッサーズ』全2巻 竹書房 1993-94 のちMF文庫 
  • 『24000回の肘鉄』マガジンハウス 1993 のち角川文庫 
  • 『呪いのワンピース』朝日ソノラマ 1993
  • 『私の部屋に水がある理由』文芸春秋 1993 のち文庫
  • 『ナカユビ』ぶんか社 1994
  • 目を閉じて抱いて』全5巻 祥伝社 1994-2000 のち角川文庫 
  • 『私たちは繁殖している』1-15 ぶんか社 1994-2016 のち角川文庫 
  • 『内田春菊の悪女な奥さん』メディアファクトリー 1995
  • 『天使の思う壺』全3巻 光文社 1995年 のち知恵の森文庫
  • 『こんな女じゃ勃たねえよ』全4巻 実業之日本社 1995-2004 のち文春文庫 
  • 『あなたの世間体』集英社 1996
  • 『おさかな話』ぶんか社 1996
  • 『彼のバターナイフ』ぶんか社 1996 のち角川文庫 
  • 『水族館行こミーンズI love you』扶桑社 1996 のち角川文庫 
  • 『アドレッセンス青年期』集英社 1997
  • 『HOME』ぶんか社、1997年 のち角川文庫 
  • 『ノートブック』朝日ソノラマ 1997 のち角川文庫 
  • 『鬱でも愛して』実業之日本社 1998  
  • 『彼が泣いた夜』角川書店 1998 のち文庫 
  • 『やっぱりあなたが一番いいわ』マガジンハウス 1999
  • 出逢いが足りない私たち』祥伝社、2001
  • 『解決はしません』全3巻 集英社 2002-2005年
  • 『最近、蝶々は…』全5巻 祥伝社、2002-04 のち新潮文庫 
  • 『ベッドの中で死にたいの』飛鳥新社 2002 のち文春文庫 
  • 『隣人 内田春菊ホラー傑作選』角川ホラー文庫 2002
  • 『もっと悪女な奥さん special edition』メディアファクトリー 2003
  • 『ほんとに建つのかな』祥伝社、2004年 のち講談社文庫 
  • 『ワイドショー 内田春菊ホラー傑作選』角川ホラー文庫 2004
  • 『怒りと共にイキまくれ』祥伝社、2005
  • 『ワイルドハンズ』祥伝社、2006 
  • 『30代はまだキレイ』ジャイブ 2007
  • 『AC刑事 日笠媛乃』斎藤学監修 祥伝社、2007
  • 『S4G sex for girls 女の子のための性のお話』飛鳥新社 2007
  • 『ガールズビーヴァガボンド』メディアファクトリー、2008年
  • 若奥様玉地獄』祥伝社文庫、2008
  • 『あなたも奔放な女と呼ばれよう』祥伝社、2009年 のち講談社文庫 
  • 『ワイルドメディカル・ティーチャーズ』ぶんか社 2009
  • お一人様二つまで!』竹書房、2010年4月、ISBN 9784812472538
  • 『お前の母ちゃんbitch!』1-2 ぶんか社 2010-
  • 『連結部分は電車が揺れる』祥伝社 2010
  • 『恋の相手は選べない』祥伝社 2011
  • 『安藤呂衣は恋に賭ける』ぶんか社 2012
  • 『マンガ日本性教育トーク』角川文庫 2012
  • 『おずおずと魔法使い』朝日新聞出版 2013
  • 『南くんは恋人』集英社 2013
  • 『おやこレシピ』新潮社 2015

漫画原作[編集]

エッセイなど[編集]

  • 『もんもん都市(シティー)』双葉社 1987 『もんもんシティー』文春文庫 
  • 『口だって穴のうち ホントとホンネ内田春菊対談集』洋泉社 1996 のち角川文庫
  • 『あなたも妊婦写真を撮ろう 「私たちは繁殖している」うらばなし』PARCO出版 1998 のち文春文庫
  • 『やられ女の言い分』文藝春秋 1998 のち文庫
  • 『愛だからいいのよ』講談社 2002 のち文庫
  • 『基礎体温日記』実業之日本社 2002
  • 『ワイルドハンズ・ティーチャーズ』主婦と生活社 2006
  • 『教育してます?』角川学芸出版 2007 のち文庫
  • 『作家は編集者と寝るべきか』草思社 2007
  • 夕刊フジ(火曜日発行・水曜付け)「内田春菊の怒ってもムダなの…」

共著[編集]

イラスト[編集]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]