喜劇 にっぽんのお婆あちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
喜劇 にっぽんのお婆あちゃん
監督 今井正
脚本 水木洋子
原作 水木洋子
製作 市川喜一
出演者 北林谷栄
ミヤコ蝶々
飯田蝶子
浦辺粂子
原泉
村瀬幸子
東山千栄子
岸輝子
左卜全
伴淳三郎
音楽 渡辺宙明
撮影 中尾駿一郎
編集 河野秋和
製作会社 M.I.I.プロダクション
配給 松竹
公開 日本の旗 1962年1月3日
上映時間 95分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

喜劇 にっぽんのお婆あちゃん』(きげき にっぽんのおばあちゃん)は、1962年(昭和37年)1月3日公開の日本映画である。M.I.I.プロダクション製作、松竹配給。監督は今井正モノクロシネマスコープ、95分。

当時はあまり自覚されなかった「高齢化問題」を取り上げた社会派喜劇。

主演の北林谷栄ミヤコ蝶々を始め、当時の老女・老人役で知られた名優たちが総出演している。

製作のM.I.I.プロダクションは本作のために設立され、名前は設立者の今井、市川喜一、水木洋子の3人の頭文字から取っている[1]

宣伝用資料・ポスター等でのタイトルは『喜劇・にっぽんのお婆あちゃん』で、主演はミヤコ蝶々・北林谷栄の順となっているが、本編のタイトルクレジットには『喜劇』は付かず『にっぽんのお婆あちゃん』となっており、主演も北林谷栄・ミヤコ蝶々と、宣伝資料とは逆になっている。第36回キネマ旬報ベスト・テン第9位。

あらすじ[編集]

浅草仲見世のレコード屋の店先で橋幸夫のレコードに耳を傾けるふたりの老婆、くみとサト。互いに孝行息子を持つ楽隠居を装ってはいるが、くみは老人ホームを抜け出してきたところだし、サトは同居する息子夫婦との折り合いが悪く家出してきた身である。意気投合したふたりは化粧品セールスマンの田口や親切な鶏めし屋の女店員昭子らとの交流を持ちつつ、行く当てもないまま浅草の街を彷徨する。一方その頃、くみが抜け出してきた老人ホームの福寿園では、くみの失踪の原因をめぐって入居老人たちや職員たちの間で一悶着おきていた。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※クレジット順

脚注[編集]

外部リンク[編集]