東山千栄子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひがしやま ちえこ
東山 千栄子
東山 千栄子
『東京物語』(1953年)の予告編より
本名 河野 せん(旧姓:渡辺)
生年月日 1890年9月30日
没年月日 1980年5月8日(満89歳没)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市
死没地 日本の旗 日本静岡県御殿場市
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1925年 - 1980年
配偶者 河野通久郎
著名な家族 渡辺暢(父)
中江百合(妹)
主な作品
映画
白痴
東京物語
喜劇 にっぽんのお婆あちゃん
舞台
桜の園

東山 千栄子(ひがしやま ちえこ、旧字体:千榮子1890年9月30日 - 1980年5月8日)は、日本女優日本新劇俳優協会初代会長。本名は河野 せん(旧姓は渡辺)。

築地小劇場を経て俳優座の結成に参加した新劇出身者。舞台では翻訳劇の貴婦人役を多く演じ、『桜の園』のラネーフスカヤ夫人役が当たり役となった。テレビドラマや映画では老婦人役を多く演じ、特に『東京物語』の老母役で知られる。主な栄典・称号・褒章に紫綬褒章文化功労者。著書に自伝『新劇女優』など。

妹に料理研究家中江百合、弟にベース奏者の渡辺良がいる。

来歴・人物[編集]

1890年(明治23年)9月30日千葉県千葉市に生まれる。司法官で後に貴族院議員を務めた渡辺暢の次女で、10人兄妹の3番目[1]。生家は代々佐倉藩の城代家老を務めていた[2]1899年(明治32年)、母方の伯父である法学者寺尾亨の養女となり、東京市麹町区富士見町に転居する[1][3]

富士見高等小学校高等科2年を終えて華族女学校に入学[3] し、1907年(明治40年)の卒業後は仏英和女学校(現・白百合学園高等学校)でフランス語を学ぶ。1909年(明治42年)、「外交官夫人になってほしい」と言う養父母の希望で、輸入業者のモスクワ支店長だった河野通久郎と結婚し、河野の任地のモスクワへ向かった。その間にリヨンへ語学留学したが、買い物で滞在費を浪費したため、モスクワへ連れ戻されている。また、夫に連れられて見た、モスクワ芸術座の舞台『桜の園』を見るうち、その魅力の虜となった。1917年(大正6年)、ロシア革命の影響で夫と共に日本に帰国した。夫はすぐに海外勤務に就いたが、ロシアの政情不安から一人日本に留まった。

1925年(大正14年)、築地小劇場に第2期研究生として入団[1][4]。同期には岸輝子村瀬幸子薄田研二らがいた。ユージン・オニール作『皇帝ジョーンズ』の貴婦人役で初舞台を踏んだ[1][2]。翌1925年(大正15年)、メーテルリンク作『タンタジールの死』が初主演作となり[1]1927年(昭和2年)に『マクベス』のマクベス夫人を演じて注目を浴びた。同年、チェーホフ作『桜の園』でラネーフスカヤ夫人を演じ、以降東山の当たり役として1963年(昭和33年)の俳優座公演までに約310回も演じた。

1928年(昭和3年)、築地小劇場創立者の小山内薫が死去し、その影響で劇団が分裂。多くの劇団員が脱退していった中、東山は青山杉作北村喜八らと同劇場に残留し、北村らと劇団築地小劇場を名乗って活動した。しかし、1930年(昭和5年)には青山らと劇団新東京(後に劇団東京、劇団自由舞台と改称)を結成した。解散後は新築地劇団文学座などの劇団に客演し、映画やラジオにも出演した。

1944年(昭和19年)、千田是也東野英治郎小沢栄太郎らと俳優座を結成する。終戦まで移動演劇隊・芙蓉隊を組織して地方を巡演した。戦後も東山は劇団の中核として数多くの舞台に出演し、『フィガロの結婚』の伯爵夫人役、『女の平和』のリューシストラテー役、森本薫脚色の『陳夫人』などが代表作[1]1952年(昭和22年)には『桜の園』の演技で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。

戦中から映画にも意欲的に出演している。溝口健二監督『女優須磨子の恋』、吉村公三郎監督『源氏物語』、今井正監督『喜劇 にっぽんのお婆あちゃん』等に出演したが、特に小津安二郎監督の『東京物語』では、笠智衆と共に老夫婦を演じて映画出演の代表作とした。また東山は木下惠介監督作品の常連出演者であり、木下監督のデビュー作『花咲く港』から『歌え若人達』まで計13本に出演している。

1956年(昭和31年)、女優として初の紫綬褒章を受章する。1958年(昭和33年)、日本新劇俳優協会の初代会長に就任し、亡くなるまで務めた。1966年(昭和41年)には文化功労者に選出された。

1969年(昭和44年)、体力的な衰えから舞台活動を引退し、その後はテレビなどに活動の場を移し、晩年まで仕事を続けた。

1980年(昭和55年)5月8日静岡県御殿場市の自宅で老衰のため89歳で没した。葬儀は劇団俳優座・日本新劇俳優協会合同葬という形で行われた。

受賞・受章歴[編集]

出演作品[編集]

映画[編集]

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

  • 大阪夏の陣(1937年、松竹) - 淀君
  • 誓ひの港(1941年、松竹) - つる
  • 母の地図(1942年、東宝) - 一成の妻
  • 花咲く港(1943年、松竹) - おかの
  • 若き姿(1943年、朝鮮映画) - 北村の妻
  • 雷撃隊出動(1944年、東宝) - 島の老女
  • わが恋せし乙女(1946年、松竹) - 母・きん
  • 結婚(1947年、松竹) - 母・ふき子
  • 地下街ニ十四時間(1947年、東宝) - バーのマダム
  • 女優須磨子の恋(1947年、松竹) - いち子の母・せき
  • 肖像(1948年、松竹) - 野村妻君
  • 破戒(1948年、松竹) - 蓮華寺の奥さん
  • お嬢さん乾杯!(1949年、松竹) - 恭子の母
  • 人間模様(1949年、新東宝) - 大輪藤代
  • 白鳥は悲しからずや(1949年、えくらん社) - 学園長
  • 山を飛ぶ花笠(1949年、大映) - 菱江
  • 深夜の告白(1949年、新東宝) - 波多野の妻
  • 人間模様(1949年、新東宝) - 大輪藤代
  • 破れ太鼓(1949年、松竹) - 伸子
  • 女の四季(1950年、東宝) - 明一の母
  • われ幻の魚を見たり(1950年、大映) - 母エツ
  • レ・ミゼラブル ああ無情(1950年、東横映画) - お咲
  • 怒りの街(1950年、東宝) - 祖母
  • 戦火の果て(1950年、大映)
  • 白痴(1951年、松竹) - 里子
  • 麦秋(1951年、松竹) - 志げ
  • 源氏物語(1951年、大映) - 弘徴殿女御
  • 海の花火(1951年、松竹) - 母みつ
  • あゝ青春(1951年、松竹) - 峯子の母
  • 長崎の歌は忘れじ(1952年、大映) - 奥村のぶ
  • 西陣の姉妹(1952年、大映) - お豊
  • 慟哭(1952年、東京プロ)
  • カルメン純情す(1952年、松竹) - 女中・きく
  • やっさもっさ(1953年、松竹) - 福田嘉代
  • 愛欲の裁き(1953年、松竹) - 奥山刀自
  • 東京物語(1953年、松竹) - とみ
  • 夏子の冒険(1953年、松竹) - 祖母かよ
  • 思春の泉(1953年、俳優座) - 隠居
  • 獅子の座(1953年、大映) - きの
  • 青春三羽烏(1953年、松竹) - 覚の母シゲ
  • 番長皿屋敷 お菊と播磨(1954年、大映) - 真弓
  • 勲章(1954年、俳優座) - 辰子
  • 女の園(1954年、松竹) - 校長
  • 若き日は悲し(1954年、松竹) - お祖母ちゃん
  • 千姫(1954年、大映) - 淀君
  • 女人の館(1954年、日活) - 丹野夫人
  • 制服の乙女たち(1955年、東宝) - 峯村白鳥
  • 春の夜の出来事(1955年、日活) - 女中頭まつ
  • 女中ッ子(1955年、日活) - 初の母
  • 愛すればこそ(1955年、独立映画) - 母の声
  • 森繁のやりくり社員(1955年、東宝) - 水田やす子
  • 市川馬五郎顛末記 浮草日記(1955年、俳優座) - 楽屋番の女
  • 沙羅の花の峠(1955年、日活) - おろく婆
  • 七人の兄いもうと(1955年、大映) - 煙草屋の未亡人
  • 嫁ぐ日(1956年、近代映画協会) - みどり
  • 父子鷹(1956年、東映) - 勝の祖母
  • ここは静かなり(1956年、松竹) - 神崎の母
  • 新・平家物語 静と義経(1956年、大映) - 磯の禅尼
  • 家庭教師と女生徒(1957年、松竹) - 祖母しの
  • 真昼の対決(1957年、大映) - 玉子刀自
  • 忠臣蔵(1958年、大映) - 大石の母・おたか
  • 美しい庵主さん(1958年、日活) - 昌光尼
  • 風流温泉日記(1958年、宝塚映画) - 千代子夫人
  • 花の遊侠伝(1958年、大映) - おもん
  • 日蓮と蒙古大襲来(1958年、大映) - 梅菊
  • 風花(1959年、松竹) - 名倉トミ
  • 若い素顔(1959年、松竹) - おばあさん
  • 天と地を駈ける男(1959年、日活) - 稲葉花子
  • 「通夜の客」より わが愛(1960年、松竹) - 親戚の老夫人
  • 春の夢(1960年、松竹) - 奥平祖母
  • 流転の王妃(1960年、大映) - 菅原直
  • 喜劇 にっぽんのお婆あちゃん(1962年、松竹) - あそばせばあさん末野
  • 今年の恋(1962年、松竹) - 婆やもと子
  • 瘋癲老人日記(1962年、大映) - はま
  • 女の一生(1962年、大映) - 堤しず
  • 歌え若人達(1963年、松竹) - 岡田の祖母
  • 宮本武蔵 一乗寺の決斗(1964年、東映) - 妙秀
  • 大根と人参(1965年、松竹)
  • 紀ノ川(1966年、松竹) - 豊乃
  • 続大奥(秘)物語(1967年、東映) - 英法尼
  • やさしいにっぽん人(1971年、東プロ) - お婆さん
  • 幻の殺意(1971年、コマ・プロ) - 静子
  • 愛と死(1971年、松竹) - 祖母
  • 甘い秘密(1971年、松竹) - 山路の母

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 桜の園(1927年 - 1963年) - ラネーフスカヤ夫人
  • 検察官(1946年)
  • 中橋公館(1947年)
  • あゝ荒野(1949年) - エシー
  • 現代の英雄(1952年)
  • 女の平和(1954年)
  • 幽霊(1955年)
  • タルチュフ(1957年)
  • ウィンザーの陽気な女房たち(1957年)
  • ミッシュル・オークレール(1958年)
  • 間漢卿(1959年) - 母親
  • 有福詩人(1964年)
  • ハムレット(1963年) - ガートルード
  • 落ち葉日記(1966年)
  • 御意のままに(1969年)

ラジオドラマ[編集]

著書[編集]

  • 『新劇女優』(1958年、学風書院)
  • 『私の歩んだ人生』(1977年、産業能率短期大学出版部)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 新撰 芸能人物事典 明治~平成「東山千栄子」の項
  2. ^ a b 東山の自伝『新劇女優』
  3. ^ a b 『櫻散りぬ ある小学唱歌教師一族の近代史』p.267
  4. ^ 大笹吉雄著『新日本現代演劇史 第2巻』p.329
  5. ^ 放送ライブラリー 番組ID:R00225

外部リンク[編集]