花咲く港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花咲く港
監督 木下惠介
脚本 津路嘉郎
原作 菊田一夫
出演者 小沢栄太郎
上原謙
水戸光子
音楽 安倍盛
撮影 楠田浩之
編集 杉原よし
製作会社 松竹
公開 日本の旗 1943年7月29日
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

花咲く港』(はなさくみなと)は、1943年に公開された木下恵介監督による日本映画。製作は松竹。木下の監督デビュー作で、天草ロケ40日、浜松ロケ40日、セット撮影20日という大撮影を義弟の楠田浩之(第1回撮影、以後41本が二人の協力作品)と敢行し、新人映画監督を対象とした山中貞雄賞を(黒澤明の『姿三四郎』と分け合う形で)受賞した。

白黒、スタンダード・サイズ


ストーリー[編集]

ペテン師2人が繰り広げる珍騒動。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

テレビドラマ[編集]

本作を原作にしたテレビドラマが、1967年11月23日から同年12月7日にかけて、フジテレビ系列の『シオノギテレビ劇場』で放送された。

キャスト[編集]

フジテレビ シオノギテレビ劇場
前番組 番組名 次番組
花咲く港
(テレビドラマ版)

参考文献[編集]